« 遊び心  (2009年10月3日) | トップページ | 見上げれば  (2009年10月7日) »

2011年1月18日 (火)

昨日の試合 (2009年10月5日)

Bu091005_2


昨日はゴルフ日和の一日だったのに、なぜかゴルフにも練習にも行かずにまったりと過ごしてしまった。

ゴルフシーズンになると自分がプレーすることの方がずっと面白くて、メジャー以外はほとんどテレビ中継は見ない自分だけれど、昨日はほんの一部だけれど中継に見入ってしまった。

誰が勝とうと興味はないや、という感じでテレビをつけたのは、まず日本女子オープン。
最終18番ホールの中継中に、横峰が伸ばしていてソン・ボベとプレーオフだという。
で、お互いに1ピン以内につけたひとホール目の18番グリーン。

こんなケースで、横峰というのは入れたのを見たことが無いなあ、なんて思っていたらやっぱりで負け。
最初のアドレスに入った時に、虫がいたみたいでボールの上を手で払う仕草をしていたが、「ああ、この子は女の子なんだなあ」と感じた。
あくまで俺の勝手な想像なんだけど(妄想ともいう)、この子には「勝負師」としての厳しさやハングリーさは無いんだろうなあ、と思えた。
普通の感覚の女の子が環境と運動神経に恵まれて、プロゴルファーになり順調に強くなっている...でも、どこかに「いつか適当な時期に区切りを付けて、違う世界で違う生き方をしたい」なんて考えているんではないだろうか。
結婚でもしてあっさり引退、なんてのがあるんじゃないかと...そんな淡白さが人気の秘密でもあると思える。

...その後に男子ゴルフ中継。
見たのは17番から。
石川が崩れてトップを追っている。
一打差で17番、ピンにつける...バーディーでトップに並ぶ。
18番、右ラフから200ヤードを7番で1メートルに。

並んでいた池田は引っ掛けて左の林の中で、万事休す。
梶川はグリーンセンターに2オン。

テレビによると18番のバーディーはまだ3人、前を行く片山は2メートルくらいにつけるが外す。
逆転で石川の優勝となったけれど、この18番で此処につけられるというのは...やはり、普通ではない「何か」を石川が持っているんだろうとしか思えない。
スターになるべく「運」とか「星」とか「流れと勢い」とか...
これは一緒に回っていた梶川が苦労して、やっとシードや賞金を稼げるようになったという話や、対抗馬といわれている池田が肝心な時に左に引っ掛ける、という「普通の」心理が理解できるのに対して、石川には技術や心理以外の力が働いているようにすら感じられる「特別さ」があるということ。

余計なことが無ければ、間違いなく彼は世界に対抗できるゴルファーになるだろう。
余計なことというのは、例の「OB事件」みたいに周りの都合で汚点を作ってしまうこと。
あんな姑息なことで、これからの経歴に泥を塗るようなまねをしてはいけないと、周りも肝に銘じることだ。

そして、もう一つ...あの尾崎が最下位に沈み、丸山もずっと下の成績で終わったという事実。
時は静かに、しかしずっしりとした重さで、流れているのだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「残酷なまでに時は流れていますね、、、
それにしても石川選手、、、現実の出来事とは思えません
Posted by:ジルピー at 2009年10月05日(月) 10:50

ジルピーさん、こんにちは。
「こんな時に、こんなショットが打てたら..」と言う期待に応えてくれますよね、彼は。
そこが「スター」なんでしょうねえ。
Posted by:大叩き男 at 2009年10月05日(月) 12:22

石川Proへの思い..... まったく同じです。
そして、いまがピークで無い事を祈っている一人です。
Posted by:Mackdady at 2009年10月05日(月) 21:49

今回の男子の試合の感想で面白いのが、世代交代を感じた人がとても多いという事です。
かく言う私も世代交代を感じたのですが、なんかホント感じた試合でしたね。
Posted by:ロボレラ at 2009年10月05日(月) 23:13

Mackdadyさん、こんばんは。
そうですねえ。
今がピークである、とは思いたくありませんね。
「神懸かり」のキャパシティーが、我々の思うよりずっと大きいことを祈るばかりですが...
Posted by:大叩き男 at 2009年10月05日(月) 23:53

ロボレラさん、こんばんは。
世代交代、確かにそれは来てしまった...事実として認められた、と思います。
時代は完全に変わった、ということですね。
Posted by:大叩き男 at 2009年10月05日(月) 23:55

あの試合展開とショットの数々を見て、「ゴルフの女神に愛される条件」を完璧に備えているんだと感じました。
世代交代と言うより、なんか一世代抜けているような感じです。
中堅が不甲斐なくて、出るべき時代に埋もれてしまい、その次の世代が待ってられなくて追い越してしまったような気がします。
Posted by:koba at 2009年10月06日(火) 10:43

kobaさん、こんにちは。
確かに、尾崎・青木・中島の世代から、丸山を挟んで石川の世代に来てしまいましたね。
問題は今田がどの世代に属するか...
タイガーと同じ世代、というのはこのまま埋もれてしまうのか...
違う世代の逆襲はもう無いのか?
Posted by:大叩き男 at 2009年10月06日(火) 12:50

こんばんは
相変わらず厳しく辛口で情愛タップリのエールですね~
さくらチャン、プレーオフまで持ち込んだのに...残念
遼クンならセカンドショットで世界を湧かす日本人になれるかも...
まだ18歳になったばかりかぁ~
Posted by:Shu at 2009年10月06日(火) 23:10

Shuさん、こんばんは。
すっかり、トーナメントの登場人物が若くなってしまいましたねえ...
20代も後半だと年寄り扱いになるくらい、若い力が上位にくるようになりました。
若い駿馬が、普通の駄馬にあっという間に変わってしまわないように、これからは走る馬場を(よーく)考えてもらいたい、と思っています。
Posted by:大叩き男 at 2009年10月06日(火) 23:46 」

|

« 遊び心  (2009年10月3日) | トップページ | 見上げれば  (2009年10月7日) »

トーナメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38511853

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の試合 (2009年10月5日):

« 遊び心  (2009年10月3日) | トップページ | 見上げれば  (2009年10月7日) »