« 楽しき車中泊...2 (2010年5月7日) | トップページ | 怠惰な豚からの脱却  (2020年5月9日) »

2011年1月18日 (火)

スロープレーと試合放棄  (2010年5月8日)

Bu100508


始めにニュースを聞いた時はびっくりしたが、その後色々な情報を確かめてみた。

今開催されている日本の女子のメジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」のMという女子プロの、スロープレーでの罰打に切れて試合放棄した事件。

事情はどうあれ、計測された時点で
ティーショットに28秒、エッジからの下り3.5メートルのパットに75秒、1メートルの返しのパットに75秒、残りパットに20秒!

此処で下された罰則2打罰に納得せずに、頭に来て試合放棄をしたという、女子プロ史上初の事件。

問題はこの時のMプロの言動。
自分だけが罰打をうけるのはおかしい、と言うのはガキの言い草。
もっと問題なのは「大事な試合では時間を気にするようではダメだと思った」「メジャーなのに時間が短か過ぎる」「一打一打慎重になるのだから...」等々の発言(いずれも複数の新聞記事による)。
これは自分のスロープレーを承知している...確信犯と言う奴だ。
そしてこのプロは昨年の9月の日本女子プロでもスロープレーで罰打を受けていて、スロープレーの常習者として協会にもマークされていたという。
本人に「大事な試合なら遅くなってもしょうがない」という考えがあるのだから、速くなる訳がない。
これだけの事実があるのに、ペナルティーに対して「納得出来ない」と言う事で「私的理由による」棄権とは...

なんでも、大器とか期待されているらしいが、これは本当に愚かな自分が原因の職場放棄。
おまけに、マーカーとしての責任も放棄して勝手にやめたので、アテストを受けるべき選手も巻き添えで失格の可能性があった。
その選手があわててロッカールームまで追いかけて、アテストを受けて事なきを得たと言う事だ。

この選手の行動...スロープレー、ペナルティーに対する態度、マーカーとしての責任放棄、ずっと納得しないで「なんで自分だけが」と言う抗議。

どういう裁定を女子プロ協会側が下すのか注目している。
これが甘く許されるなら、女子プロの未来はないだろう。

それにしても、最近はアマチュアでもテレビの影響で、プロの真似をしてグリーンを行ったり来たり、何度も何度もラインを確かめているスロープレーヤーが多くなった。
この事件の教訓は、プロでも「スロープレーになるくらい時間をかけても、パットは入るようにはならないよ」ってことかな。
そして、スロープレーする奴は、「カッコ悪い」し「みっともない」し「情けない」。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


本当に同感です
早くて、上手いプレーヤーに憧れます
Posted by:myひげおやじ at 2010年05月08日(土) 10:48

プロの話とは次元が違いますが、
私のプレイがもっと早くなる日が来たら、
その時には私のゴルフも良くなっている事でしょう。
(スコア以外も)
これは確信に近い物があります。
Posted by:たま at 2010年05月08日(土) 11:23

すみません、もう一つ。
頼むから海外へは行かないでくれ~。
恥ずかしい。
Posted by:たま at 2010年05月08日(土) 11:38

全面的に賛成で~す!
Posted by:ひろみろ at 2010年05月08日(土) 12:53

myひげおやじさん、こんにちは。
「スロープレーは恥ずかしい事。」
と、それが常識にならなければいけないですよね。
下手でもプレーの速いゴルファーの方が、遅くて上手い奴よりずっとカッコいいです。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月08日(土) 15:47

たまさん、こんにちは。
そういう自覚があるなら大丈夫です。
すぐに上手くなりますよ(笑)。
Mプロ(実質プロとしてのタブーを破ったんだから、もうプロではあり得ない)は、もう一度プロテストから受け直すべき。
国内も海外も、プロとしての資格はないでしょう。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月08日(土) 15:51

ひろみろさん、こんにちは。
普通のゴルファーならそう思うのが当然かと。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月08日(土) 15:52

入らないパットは1時間掛けても入ら無いでしょうがね~
しかし、
ルールもマナーも解っていないプロが居る事が信じられません
日本のゴルフ界も終わりです
Posted by:おっちゃん at 2010年05月08日(土) 18:08

自分も100たたきなので、大きなことは、言えませんが、スコアよりスピード意識でラウンドしてます。
そして、考えたショットより、感性で打ったほうが、なぜか好結果がでちゃいます。
(特に「えいやっ」って、打つパットが入ります)
Posted by:トシ at 2010年05月08日(土) 22:41

おっちゃんさん、こんばんは。
スロープレーが悪い事とは思っていないんでしょう。
それは彼女の責任より、彼女を指導して来た人間の責任かもしれません。
「スコアさえ良ければ」、のスコア至上主義の犠牲者なのかも、と。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月08日(土) 23:13

トシさん、こんばんは。
私も、早打ち100叩き男なので、大きな顔はできません(笑)。
ただ、プレーが速い事は他人には迷惑をかけていない、という自負があります。
ゴルフの自慢は、それだけ、としか言えないのが悲しい(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月08日(土) 23:16

たびたび失礼します
先日ご一緒したメンバーはスコアは関係なく、本当にさっさとしたプレーでサクサクでした
テンポがいいと本当に気持ちいいです
またプレーしたくなります
Posted by:myひげおやじ at 2010年05月09日(日) 08:50

myひげおやじさん、こんにちは。
ベテランでプレーの速い人は、格好がいいですよね。
そういう人ほど、他人のプレーの手助けもさりげなくこなして、クラブを拾ったりピンを持ったり、タオルを持ったりカートを回したり...
何度でも一緒に回りたくなります。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月09日(日) 09:31

大叩き男さん、おはようございます。
私もこの頃大スランプ(実力ともいう)で100叩きばかりです。
1打に掛ける時間は少なくても、たくさん叩くとその分時間がかかっちゃうから、走って息が切れたまま打つのではなく、早足でボールまで行って落ち着いて打った方がミスショットが少ないというのもあるかとは思いますが、Mプロの場合はそれと次元が違いますね。
トーナメントプロだとスコアが収入に直結しますが、我々アマチュアはスコアで収入が変わるわけでもないから、楽しくスムーズなゴルフをしたいものです。
Posted by:ファルコンまつばら at 2010年05月10日(月) 07:07

ファルコンさん、どうも。
この事件はプロであるなら「絶対にやっては行けない事』なので、例外中の例外です。
当然、それっをやったらプロではもうあり得ないはずですから。
一般の人々はこういうプロのテレビに映る「スロープレーの様子」を模範として真似する訳ですから、スロープレーがなくなるはずがないとさえ思ってしまいます。
Posted by:大叩き男 at 2010年05月10日(月) 11:37  」

|

« 楽しき車中泊...2 (2010年5月7日) | トップページ | 怠惰な豚からの脱却  (2020年5月9日) »

ああ,ゴルフ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38515782

この記事へのトラックバック一覧です: スロープレーと試合放棄  (2010年5月8日):

« 楽しき車中泊...2 (2010年5月7日) | トップページ | 怠惰な豚からの脱却  (2020年5月9日) »