« 脱出 (2009年4月3日) | トップページ | 忘れられないプロゴルファー33「ロベルト・デ・ビセンゾ」(2009年4月6日) »

2011年1月17日 (月)

今週は... (2009年4月5日)

Bu090405

今週は、「花の盛り」のマスターズ。

金曜日の朝の5時になって、あのカントリー&ウェスタン調の「spring time in the valley~」の歌が聞こえ出すと、毎年「ああ、ゴルフシーズンが始まるなあ...」なんて、しみじみ感じる。
ゴルフを始めた30代の中頃には、なんとなくいつかはこの「オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ」で、自分がプレーできるような気がしていたのが不思議だ。
...今ではそんなことは夢のまた夢...どころか不可能に決まっていることなんだけど。

他の「メジャー」の大会と違って、このマスターズだけは華やかな「ゴルフの祭典」という気がする。
純粋な「技を競う競技」ではなくて、ゴルフを楽しむ全てのゴルファーの究極の「晴れ舞台」なんだと。
プロの力のある者、華のある者、アマチュアのチャンピオン達、そして招待された者達。
花咲乱れるコースに、自分のプレーする姿を重ねたことの無いゴルファーなんていないだろう。
...いくらゴルフ界を斜めに見ていても、どこか心が浮き立つような4日間の祭りが、今週開かれる。

もちろん、川の水の色は染料を流してつけている。
花は無理矢理この時期に咲くように調整し、間に合わなければ持ってくる。
フェアウェイだって色を染めている。
...等々、文句をつける人もいるだろうけれど、それも含めて「祭りの準備」なんだろう。
春の祭り、始まりの祭りなんだから、華やかで夢と希望に満ちていなくちゃつまらないもの。
自分の感覚では、本当のゴルフシーズンというのは、この華やかな春のマスターズから、7月の荒涼とした風景の中で開かれる全英オープンまで、という気がする。
マスターズの前の試合は全て、「祭りの準備」、全英オープンの後の試合には、「祭りの後」の寂しさがつきまとう。

さて、今年の夢のマスターズ。
これに憧れて憧れて、10代の頃からの夢を叶えた今田竜二と、ラッキーな石川遼。

金曜日の朝が楽しみだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


こんにちは
本当に楽しみですね~ 朝、最後まで観れないのがいつも残念なのですが、総集編も必ず観てしまいます
今年は大番狂わせがあるのか?伏兵が出てくるのか?ビッグネームが底力を見せつけるのか?ワクワクします
Posted by:Shu at 2009年04月05日(日) 16:46

全英オープンの後に開催される全米プロは、なんとなく波に乗り損ねた祭りといった感じがありますね。
私は今田に期待してます。石川は来年かな?
Posted by:ロボ蔵 at 2009年04月05日(日) 17:37


Shuさん、こんばんは。
「楽しみ」なんですよねえ...
他のどのメジャーよりも、楽しみにして観戦してます。
去年は、湯勝したイメルマンよりも、ブラント・スネデカーのプレーっぷりが気に入っちゃいましたし、今年はどんな選手がどんなことをやってくれるのか...
いよいよ、ゴルフシーズンです。
Posted by:大叩き男 at 2009年04月05日(日) 22:18

ロボ蔵さん、こんばんは。
私も、子供の頃からの夢に挑戦する、今田を応援します。
石川は本人の持っている幸運の力が、ここで通用するのか...
大人達の「欲」が、邪魔をしなければいいのですが。
Posted by:大叩き男 at 2009年04月05日(日) 22:21

G Playerが今年を最後に、、、するそうです
あのしゃきっとした姿が見られなくなるんですね、、、
Posted by:ジルピー at 2009年04月08日(水) 11:14

ジルピーさん、こんにちは。
プレーヤーも、参加をやめるんですか...
寂しいことになるなあ...
予選はもう通らないけど、先年だかは確か初日は上位に来ていたかと、覚えているんですが。
Posted by:大叩き男 at 2009年04月08日(水) 13:49 」

|

« 脱出 (2009年4月3日) | トップページ | 忘れられないプロゴルファー33「ロベルト・デ・ビセンゾ」(2009年4月6日) »

今日は今日とて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38506871

この記事へのトラックバック一覧です: 今週は... (2009年4月5日):

« 脱出 (2009年4月3日) | トップページ | 忘れられないプロゴルファー33「ロベルト・デ・ビセンゾ」(2009年4月6日) »