« 街...1 (2009年8月6日) | トップページ | 夏ゴルフ (2009年8月9日) »

2011年1月17日 (月)

世に盗人の... (2009年8月7日)

Bu090807_2


「世に盗人の種は尽きまじ」なんて言ったのは、石川五右衛門だったっけ...

性善説を基本に、「自分が審判」であり、ルールよりマナー...紳士たることを基本にしたはずのゴルフとういゲームにも、いるんだよね「悪党」の「盗人」が。
特にそれが競技ゴルフ...それもジュニアや上級者の試合で目立つ、というんだから情けない。

長くゴルフに関わる仕事をしてきた関係で、そういう「インチキ」や「不正」「ズル」、あるいは悪質なテクニックなどを知る機会は沢山あった。
まじめに真剣にゴルフをやっている人たちが、そんな人間に遭遇したときに驚かないですむように、見聞したそんな人間達のテクニックのいくつかを紹介しよう。

一番多いのが、「卵を産む奴」...「産卵男」だ。
ボールが林やラフやトラブルになりそうなところに飛んでいっても、大抵ボールは打てるところにあったりして、ロストやアンプレヤブルになることはまず無い。
テクニックは、まず簡単な所のは蹴ったりクラブでちょんと動かして打つ。
ひどいところにあった場合は、先にボールのところに行って拾って良い場所にさりげなくドロップする。
ボールがなくなった場合は勿論卵を産む訳だ。
以前、あるプロが林の中に入ったボールを「あった!」と行ってナイスショットした後、そのプロの使っていたのと同じボールがもっと奥で見つかって、問題になったことがあった。

それから、聞くのが「ティーアップ男」。
これは以前所属していたコースでのクラチャンの試合でのこと。
ある選手が深いラフに入ったボールをこっそり「長い緑色のティー」でティーアップして打ったのを、違うホールのグリーンにいた選手が見かけて、問題になったことがあった。
ハンデは5下、名の知れた男だった。
この選手は失格の上、コースを除名になった。

そして良く聞いたのが「コイン投げ」。
つまり一番先にグリーンに上がって自分のボールを拾い上げたら、さっとコインをホールの近くに投げるんだそうだ。
まあ、これは打ち上げの砲台グリーンでなくては無理なんだけど。
自然に見つからないように投げるのには「ちょっとコツがある」と聞いて、笑ったものだった。
同じような手口で「おはじき」とか言うのもあった。
これはボールをマークしてから、コインをおはじきのように指でホールに近づくように弾くんだそうだ。
こうなると、ちょっとした芸だよなあ...

そして最近多いのが「消しゴム野郎」。
ジュニアの試合から問題になっている、よくあるテクニックらしい。
手口は簡単で、マーカーにサインをもらった後に「消しゴムで消してスコアを書き直す」というもの。
大人の試合でも結構ばれて問題になることがあるという。
(プロの試合でも見つかってプロ資格停止なんてのがニュースになったっけ.)
普通、マーカーも自分がサインした相手のスコアなんかを、成績発表後に気にしてチェックしたりしないものなあ。

まだまだ、テクニックは沢山ある、というのを聞いた相手がプロやトップアマだったから、ひょっとすると問題の底は深いのかもしれない...
こういうことをする人達の「ゴルフ」というものに関する考え方は、「スコア至上主義」「唯スコア主義」で、他には何も無いんだろう。
我々には縁がないし、関わり合いたくもない世界だけど、やっている人間がいるのは事実。
知識としては知っておいた方が良いだろう。

でも、こういう人達、ゴルフが楽しいんだろうかね?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「こんにちは。
幸いにも、このような不届き者に遭遇した経験がありません。
まぁ、シビアな競技に出てないので当然ですが。。。
6インチOKで1mも動かしちゃうヤツはいたりしますけど、勝手にドウゾと思うようにしてます(笑)
それより嫌なのは、マイペースのスロープレーヤーです。
同伴者の「時間」を盗んで奪っているって意識が無いのでしょうね。
Posted by:koba at 2009年08月07日(金) 16:51

kobaさん、こんばんは。
そうですね、「時間盗人」もいましたね(笑)。
しかし,この盗人は数が多過ぎて...
こんなひどいインチキする奴は勿論「二度と一緒にプレーしたくないゴルファー」なんですが、自分勝手に周りに迷惑考えずにタイガーばりのアクションする奴もやっぱり「二度とプレーしたくないゴルファー」ですね...私は。
...と、その前に自分がそう言われないように注意しよ。
Posted by:大叩き男 at 2009年08月07日(金) 22:02

おはようございます。

同感ですね。
こういう人たちって
ゴルフという名の違うスポーツを
しているのでしょう。。。
私はどこかの虎ではなく、
ワトソンのようにプレー
していきたいですね。
Posted by:よっちゃん at 2009年08月08日(土) 07:49

よっちゃんさん、こんにちは。
同伴競技者の目を盗んでこんなことをやっている人達、そういうことをする事自体が病み付きになっているのかも。
こういう人達とはずっと縁がないまま,ゴルフをやっていきたいものです。
Posted by:大叩き男 at 2009年08月08日(土) 11:16

こんばんは。

ちょっと思い出したことがあったので一言。

プライベートラウンドで、同伴者がバンカーで

クラブをソールしたから1打増やすよう
申告してきたことがありました。
誰も見ていないから、プライベートだから
と言うこともなく普通に申告していました。
これがゴルファーと思いました。
えらそうなことはいえませんが、
良い先輩がいてよかったと思った出来事でした。
Posted by:よっちゃん at 2009年08月08日(土) 20:01

前にも描きましたが,誰も見ていないところでボールが動いたことを申告したゴルファーを誉めたら,「あなたは私が泥棒をしなかったからと言って、私を誉めるのか?」と応えたという逸話があります。
それをするのが「ゴルフ」では当たり前のことで,しないのは「泥棒」をするのと同じことだ、というわけです。
自分も普通に「ゴルファー」でありたい,と思いますね。
Posted by:大叩き男 at 2009年08月08日(土) 22:21 」

|

« 街...1 (2009年8月6日) | トップページ | 夏ゴルフ (2009年8月9日) »

ああ,ゴルフ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38509189

この記事へのトラックバック一覧です: 世に盗人の... (2009年8月7日):

« 街...1 (2009年8月6日) | トップページ | 夏ゴルフ (2009年8月9日) »