« 天下の暴論...8 (2010年2月26日) | トップページ | アベレージゴルファーの進歩は...(2010年3月1日) »

2011年1月18日 (火)

人生は新ペリア? (2010年2月28日)

Bu100228_2


もう2月が終わろうとしている。
この間練習場には行ったけれども、ついにラウンドは出来なかった。

今また花粉症で、鼻のぐずぐずと目の周りの違和感が酷くなりつつあり、ラウンドする決心が出来るのかどうか非常に微妙な段階だ。
でも、ラウンド出来ない間に「ゴルフと人生」なんぞと言う、月並みであり当たり前の何の役にも立たない(でもいつも頭に浮かぶ)事柄をつらつら考えている。

そして、俺がオープンコンペに出る事に興味を持ち、楽しんでいるのは「新ペリア」という競技方法が人生に似ているからなのではないか、なんて考えにたどり着く。
もちろんスクラッチ競技を目指し、ある意味「頂点」に立つことを目指している競技ゴルファーも多いと思うが、スクラッチ競技イコール「受験戦争」「就職競争」「出世競争」に勝ち抜く「エリートを目指す人生ゲーム」なんだと思う。
やはり、子供時代、スタート時から他の有象無象(もちろん俺を含む)とは違うコースを走っている人達が殆どのように思える。
その世界は1ストロークは1ストローク、バーディーはバーディー、ボギーはボギーで結果は数字のままで、あくまで単純でシンプルで厳しい。

で、スクラッチゲームに出られない、あるいは目指すことの出来ない我々レベルのものは、人生を新ペリアで楽しむ(あるいは悲しむ)こととなる。
そう、たまにバーディーやまぐれのイーグルだってあるかもしれないが、ダボにトリプル、ダブルパーに2桁...そりゃあ波瀾万丈、アップダウンの激しさは明日のことさえわからない。
でも、いくら叩いても(といってもハンデのカットはあるけれど)そのホールがラッキーになるかアンラッキーになるかは終わってみるまでわからない。

振り返ってみれば、運が悪かったと思ったことが回り回って結果オーライとなったり、「やった!」と思ったことがまんま隠しホールで良くない結果を連れて来たり...
予想もしない結果が出ることが結構沢山あるからこそ、いくら途中で酷い状態になったとしても諦めないでプレーを続けることが出来る。
そうすりゃ、嵐の後でも晴れ間は出るし、寒い日の後には暖かい春が来る。
大叩きしても、不運を嘆いても、「これは俺のハンデホールだ」なんて気持ちを切り替えて新しいホールにまた立ち向かって行ける。
...だから、普通の凡ゴルファーには、「人生って新ペリアのオープンコンペ」だって思えない?

もし上位に入らなくても、飛び賞だってあるし、最低のスコアだってブービー賞やブービーメーカーの賞だってあるかもしれない...(参加賞だってもらえるし)。

18ホールが終わっても、結果はすぐにはわからないから、風呂に入って、パーティーで会話を楽しんで、さあそれから自分の人生の運が悪かったか良かったかを...ゆっくり味わうとしよう。

人生は新ペリア...当たるも人生、当たらぬも人生、とね(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「あてもん
洟たらして十円玉にぎって
どきどきしながらひもひいて
さきっちょにおおきなイチゴのアメついてた日にゃ
めっちゃしあわせでしたね
Posted by:とりあへ at 2010年02月28日(日) 18:36

新ペリア確かに良く出来たシステムです。
最後まで諦めなくても良い、最後まで希望の持てる新ペリア。生きるも新ペリアで良いと思うのですが、今のご時世全てがスクラッチ人生。。。出だしダボだと絶望も有る。。。
もう少し、ゆとりを持って、新ペリアで生きていきたい物です。
Posted by:YASO at 2010年02月28日(日) 20:25

こんにちは
まさに人生そのものですね
うまく行かなかった時に、「これは俺のハンディホール」と思う
参考にさせていただきます
Posted by:myひげおやじ at 2010年03月01日(月) 09:12

とりあへさん、こんにちは。
そういえばいたっけなあ、子供時代にそういうくじにめちゃ強かった奴。
あいつはそれからの人生も、ずっとくじ運強い人生を歩いているのかなあ...
Posted by:大叩き男 at 2010年03月01日(月) 12:38

YASOさん、こんにちは。
本当に、現実の人生ではスクラッチの勝負が多いです。
でも、後になってみないとそれが勝ちだったのか負けだったのかは微妙です。
案外、どこかの神さんは、新ペリアのハンデホールをこっそり造って楽しんでいるようにも思えます。
Posted by:大叩き男 at 2010年03月01日(月) 12:41

myひげおやじさん、こんにちは。
もちろんスクラッチ勝負でベスグロとる奴なんかは別ですが、その他の人は案外新ペリアの人生を歩いているような気もします。
ホールアウト後のパーティーで隠しホールがわかるような...
Posted by:大叩き男 at 2010年03月01日(月) 12:43

所詮プロに成る訳でも無いし、
そこそこに、人に迷惑掛けずにゴルフが出来れば
表向きそんな顔をしながら、ひょっと!
ペリアに嵌って優勝出来るかも?
あわ良くば、賞品が貰えるかも???
なんて事を密かに楽しみながら何年ゴルフをして来たんでしょうか?
まるで宝くじを買った時の様に・・・(当りもしないのに)
長~い人生にも「人生ペリア」と言うゲームが有ったんでしょうね~
人生のホールアウトの瞬間に発表が・・・
Posted by:おっちゃん at 2010年03月01日(月) 21:08

おっちゃんさん、こんばんは。
くじは当たりませんねえ..
でも小さなくじが当たらない代わりに人生の新ペリアでハマれば、なにも文句ないですよねえ(笑)。
隠しホールは何処だったんだか...
Posted by:大叩き男 at 2010年03月01日(月) 23:51 」

|

« 天下の暴論...8 (2010年2月26日) | トップページ | アベレージゴルファーの進歩は...(2010年3月1日) »

今日は今日とて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38514867

この記事へのトラックバック一覧です: 人生は新ペリア? (2010年2月28日):

« 天下の暴論...8 (2010年2月26日) | トップページ | アベレージゴルファーの進歩は...(2010年3月1日) »