« 楽しき車中泊  (2010年4月20日) | トップページ | オチョアの引退  (2010年4月23日) »

2011年1月18日 (火)

天下の暴論...14(2010年4月22日)

Bu100422


やせ我慢も出来ない奴は、ゴルフをやめろ!

これは自省の念を込めての暴論。
ゴルフってのは普通のゴルファーにとっては、まず9割がミスショット。
いや、ちょっと調子が悪ければ、いい当たりなんて一発も出ない時だってある。
上級者にしたって、実はほとんどがミスショットなんて時は結構あるだろう。

だからよく「ゴルフはミスのゲームだ」なんて言われている訳だ。
どんなに真面目に練習していても、どんなに集中していても「ミス」は普通に出る。
当然、面白くない。
上手く行かない、報われない、訳が判らない、何が悪いんだ...なんて気持ちが渦を巻く。
上手く行かない原因を考える...手順を間違えた? 攻め方を間違えた? 天気が悪いから? 同伴競技者が遅いから? この前の練習がいけなかった? プロにああ言われたから? うちの女房が嫌な顔したから? 仕事が忙しかったから?...

言い訳を探しているうちはいいけれど、どうにも上手く行かなくなると...自分に腹が立つ、コースに腹が立つ、道具に腹が立つ、同伴競技者に腹が立つ...
あるいは自信喪失して、落ち込む、泣き言ばかりが出る、打つ前から言い訳が出る、しまいにはゴルフなんて向いてないんだ、こんなものやめようなんて言い出す。

やせ我慢くらいしろよ!
失敗続きで、どう感じてるかなんてみんな知ってるんだ。
「顔で笑って心で泣いて」くらい簡単だろ!
まあ、泣いてる心で顔で笑うなんてのは易しいけれど、腹の中が自分への怒りで煮えくり返っていても顔では平静を装うってのは難しい。
でもね、態度に出したら軽蔑されるだけなんだ。
もちろん、完全に平静さを装えなんて誰も期待していない。
でも、「この人は腹の中では怒りが爆発してるんだろうけれど、やせ我慢して普通の態度を取ろうとしている」と見えればいいんだ。
たとえそれで態度がぎくしゃくしても、一生懸命怒りを抑えようとしている事が判ればいいんだ。
誰だって、それは経験ある事なんだから。
落ち込んだ時だってそう...やせ我慢のカラ元気、芝居が下手でも構わない...そう努力している事でいい人だって判るから。

そういう事が判れば、一緒に回る人達も心の中で「がんばれ、そのうちにいい事だってあるから」なんて、優しい気持ちで見て見ぬ振りをしてくれる。

怒りをすぐ顔に出す奴、落ち込んですぐ投げやりになる奴、ふてくされてすぐやる気をなくす奴...そんな奴は一人でゴルフをやればいい。
誰かと一緒に回るなら、思いっきりのやせ我慢、かっこ悪くてもやせ我慢...出来なきゃゴルフを辞めちまえ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「大叩き男さん、そうです!そうです!
同伴者に不快感を与える様な奴は、一人でゴルフやれ
    (ひょっとして私かも???)
ゴルフ人生長いですが、自分の腕に腹の立つ事も一杯有って、
愚痴ったり人の性にしたり色々有りましたね~
タイガーだってクラブを叩きつけるんですから
でも所詮素人なんで、ショットは99㌫失敗です
これからも、ゴルフに誘われる男で居たいです
Posted by:おっちゃん at 2010年04月22日(木) 19:09

まさに本日体験した次第です
あまりの寒さに
コマネチ!も出来ませんでした(笑(泣)
ただ 気持ちを切り替えるアクションはやはり必要な気もするんですよ
あとは普段の自分にたいして同伴者がどういう認識持ってるかですね
もちろん初対面の方には認識も何もないですけど朝のあいさつである程度はわかっていただけると思うんですが‥
Posted by:とりあへさむい at 2010年04月22日(木) 21:02

共感度120%~~~
『エヘヘ』とかわいく笑ってごまかせるくらいの失敗を通り越してくると『ぎゃはは~』とバカ笑いで誤魔化すようになるyuiです
みんなから『イタいヤツ』やと思われてるかもですが、『またおかしなっとるぞぉ~』といじってもらえたりすると、ちょっと救われます
み~んな、おんなじ経験してるんですもんね
Posted by:yui at 2010年04月22日(木) 23:19

おっちゃんさん、こんばんは。
私もつい顔に出ちゃう方なので、これは自戒の言葉です(笑)。
自分のミスは自分のせいなんですから、誰にも不愉快な思いをさせちゃあいけないんですよね。
凄く難しい事ですが、そう努力します。
Posted by:大叩き男 at 2010年04月23日(金) 00:13

とりあへさん、こんばんは。
カラ元気、ヤセ我慢でなんとか他人を不愉快に挿せないように...
いやあ、ゴルフってのは辛いもんです(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年04月23日(金) 00:15

yuiさん、こんばんは。
みんな辛い思いは経験あるから、カラ元気の明るさだって判ってくれます。
暗い顔して下向いているより、「けなげに」明るく生きましょう。
きっと好かれるゴルファーになる事間違いありません。
Posted by:大叩き男 at 2010年04月23日(金) 00:18

ある人から、「ゴルフは後始末のスポーツ」だと言われたことがあります。ミス・ショットから、その人のゴルフが始まるのだと。
巡りの悪い日というのは、どうしてもあるもので、そういうときこそ他者のプレーを良く観察するようにしています。林から無理せずナイス・アウトしたり、絶体絶命のピンチからパー・セーブをしたような場合、自分のことのように喜んで、心からの拍手を送るようにしています。
そうすることで、他者の良いリズムを自分にお裾分けしてもらいます。不思議なことに、顎を上げていれば自然と風向きが変わってくるような気がしています。
とは言え・・・
最近は自分のミス・ショットには動じなくなりましたが、自分以外の要因で心に波風が立ってしまうことがあり、それが今後の課題です。
Posted by:たか at 2010年04月23日(金) 00:34

ご無沙汰しております
ゴルフはメンタルが重要なスポーツで鍛えられた人や性格的に向いている人は、喜怒哀楽を全て封じ込め逆にロボットの様に淡々とプレーを続ける方もいます。
これが嫌で競技を敬遠する方も、程度の問題はありますので、不快を与えるのは問題外ですがニコリともしないロボットとプレーするのも嫌なものです。
ゴルフは4人でやるスポーツですから競技であれ何であれ最低のマナーとコミニュケーションは人とし必要だだと思うのです。でも不幸な事にゴルフはロボットが強いんですよね
Posted by:hiru at 2010年04月23日(金) 09:35

たかさん、こんにちは。
「ゴルフは後始末のスポーツである」
いい言葉ですね。
ゴルフを一日一緒にやると、その人間のすべてが判ってしまう、というのはそんな場合の対応がその人の本当の姿であるからなんでしょう。
いい時は誰でもいいカッコ出来ますが、どうにもならない時の対応は「地」が出てしまいますから。
でも、満足な境地になんてとても達する訳がありません...自分の俗物ぶりを自覚するだけです(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年04月23日(金) 12:16

hiruさん、こんにちは。
「ロボットになる奴が強い」、それ、よくわかります。
何人もそういう人には会いました。
確かにそうなると強くなるのは判りますが、元々が「楽しみ」で始めたゴルフなのに、「何が楽しくてこの人はゴルフやってんだろう?」なんて思って、しみじみ顔を見てしまいます(笑)。
きっと、そういう人はゴルフが楽しくないんでしょう(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年04月23日(金) 12:19 」

|

« 楽しき車中泊  (2010年4月20日) | トップページ | オチョアの引退  (2010年4月23日) »

天下の暴論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/38515600

この記事へのトラックバック一覧です: 天下の暴論...14(2010年4月22日):

« 楽しき車中泊  (2010年4月20日) | トップページ | オチョアの引退  (2010年4月23日) »