« 歩くこと、笑うこと | トップページ | ワンス アポン ア タイム »

2011年6月 7日 (火)

困ったときにはいろいろと...

Bu110607_2


まあ、あまり深く考えないで...楽しみとして、あれやこれや。

あまり練習をしないで、月1から2のゴルフを楽しむ。
そんな状態のゴルフの楽しみかたに、「自分のスタイルにこだわらない」なんてのはどうだろう。

例えば、クラブにこだわらない。
Xシャフトだろうが、Lシャフトだろうが、男性用だろうが女性用だろうが、使ってみる。
例えば、男性用の自分のドライバーで全然飛ばなかった人が、奥さんの女性用ドライバーを偶々使ったら、自分のクラブより20ヤードも飛んだ、とか。
例えば、自分は非力だからとRシャフトのアイアンを使っていて当たり損ねばかりだったのに、Xシャフトのアイアンを使ったら信じられないくらいキチンとボールを捉えることが出来たとか...
そういう例は結構沢山ある。

例えば、自分は下手だからといつもフロントティーからプレーしていたが、友人に無理矢理バックティーに誘われて、おそるおそるプレーしたら意外といいゴルフが出来た、とか。
例えば、いつもフェアウェイ狙い、グリーン狙いが当たり前なので、ラフ狙い、ガードバンカー狙いに徹したら、いつもよりスコアがよかった、とか。

例えば、いつものグリップをやめて、違うグリップでスイングしてみる、とか...

こんな遊びで、自分のゴルフの世界と、ゴルフの面白さが広がること間違いない。
だって、ゴルフっていうのはそれだけ許容範囲の広い、奥の深い遊びなんだから。

自分が良くやるのが、グリップを極端に変えること。
普通は両手の親指と人差し指の作るVの字が右肩をさすようなグリップなんだけど、極端にウィークに握ったり、極端にフックに握ったりする。
それで、球筋よりもスイングが大きく変わるのが面白い。
グリップ一つでスイングイメージがアップライトになったり、フラットになったり、あるいはアウトサイドインになったり、インサイドインになったり...
上から打ち込む感じになったり、レベルに振る感じになったり...

この前のコンペでの悪天候には、漫画のような感じで超フックグリップにして、ハンマー打法(もどき)でスイングしたら、面白い程ボールが捕まるようになった。
水浸しのフェアウェイでも、ダフらずに打てた。

だからと言ってこのままハンマー打法もどきで打ち続けると、早晩フック病になるのが判っているので、そうなりかけたら、次にどうするかを考えておいて楽しむことになる。
今月は梅雨の間の晴れている日に、ちょっと難しいコースのオープンコンペにでも挑戦してみよう。
今ぐらいのボールの捕まりなら、良いスコアも期待出来るし(笑)。

とりあえずは、もう少し腰を治して(梅雨の間は、どうしても腰がすっきりしない)、ゆっくり楽しむことにする。

|

« 歩くこと、笑うこと | トップページ | ワンス アポン ア タイム »

今日は今日とて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/40298002

この記事へのトラックバック一覧です: 困ったときにはいろいろと...:

« 歩くこと、笑うこと | トップページ | ワンス アポン ア タイム »