« 天下の暴論...23  (2011年5月15日) | トップページ | 婚活?   (2011年5月18日) »

2011年6月 5日 (日)

足で地面をグリップしろ!   (2011年5月16日)

Bu110516

「手だけではなく、両足でも地面をグリップする事が重要だ」...ウォルター・ヘーゲン。

同じような言葉では、中村寅吉が「靴の中でも、素足で地面を掴むようにしろ」と言っているが、この二つの言葉似てはいるが、ちょっと意味合いが違う。

ウォルター・ヘーゲンは、残された写真や映像で見る限りかなり広いスタンスが特徴で、その広いスタンスで下半身をしっかり支えてロングドライブを打っていた。
本人も「両足がその広いスタンスによって、しっかりと安定しているからいいショットが打てる」と解説して、広いスタンスで地面をしっかりとグリップする事を勧めている。
確かにスタンスを広げると、上半身に力が入ってもふらつかずに安定して振る事が出来る。
ドラコン選手権の選手は、殆ど全員広いワイドスタンスをとっている。
...ただしこの広いスタンスは、それぞれ人により向き不向きがある。
身体が堅かったり、スイングが出来ていない人には、むしろ下半身を使えずに手打ちやダフリトップの原因となってしまう。
(そのためにワイドスタンスは一般的にはならず、近年のレッスンでは「肩幅」くらいのスタンスが適当という事になっている。)

中村寅吉の「足で地面を掴め」というのは、「靴を履いていても、靴の中で足の指でしっかり地面を掴んでいるようにスタンスをとる」ということ。
実際に裸足で練習したりもしたと聞く。

ちょっとニュアンスの違う二人の言葉だが、共通しているのは「手も足もグリップする事が大事」と言っている事。
スイングを考えると、どうしても手や上半身の動きに注意が行くが、地面に接している「足のグリップ」はスイングを支える土台なのであるから、これを疎かにしてはならない、と。

現代のレッスンでは、両足の親指の母指丘あたりに重心をかけろ、とか踵体重はダメ、とか言うのが一般的だが、「足で地面をグリップする」つもりでいると、自然にこういう形になると思う。

スイングするにあたって、何かチェックしなければすまない人は、上半身の事を忘れて「足のグリップ」だけをチェックしてスイングするのも面白いと思う。
上半身は普段の練習できっとなんとか出来るから、こんな意識でラウンドすると新しい自分に気がついたりするんじゃないかな。

...以前、足でグリップするつもりで「指で地面を掴む」イメージでスイングしていたら、後半足の指がつって困った事があった...これはご用心(笑)。

|

« 天下の暴論...23  (2011年5月15日) | トップページ | 婚活?   (2011年5月18日) »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/40274994

この記事へのトラックバック一覧です: 足で地面をグリップしろ!   (2011年5月16日):

« 天下の暴論...23  (2011年5月15日) | トップページ | 婚活?   (2011年5月18日) »