« 髪の毛を掴まれて打ったから...   (2011年5月4日) | トップページ | さよなら、セベリアーノ・バレステロス  (2011年5月8日) »

2011年6月 5日 (日)

売れ残り    (2011年5月6日)

Bu110506_2

もう、なんにもなくなったな。
そんな思いで炬燵に入って、ぼーっとしている時間が長くなった。

10年以上勤めていた工場が倒産して、もう2年になる。
小さな工場だったけど、社長がいい人で、働いている人達もいい人達だった。
売り上げが伸びれば、その分だけ社員の人達に還元してくれて、小さな工場なのに給料は結構良かった。
そこで事務の仕事をしていたんだけど、働きやすかったので結婚もしそびれてしまった。
「しそびれた」というより、社長に教わって始めたゴルフにはまってしまったというのが本当の事なんだけど。
工場のコンペも年に3回やっていて、社長がポケットマネーで立派な賞品を出していたので、みんなそれを目標に練習に励んでいた。

そんな日々は突然終わった。
仕事の大部分を受けていた大手の工場が、突然不渡りを出して倒産した。
その工場の取引先の倒産に巻き込まれての、連鎖倒産だった。
自分の働いていた工場の社長は、必死になって走り回って頑張ったけれど、どうにもならずに連鎖倒産の渦に引きずり込まれてしまった。
「しっかりした仕事を続けていたのに、本当に申し訳ない」と、社長が泣きながら言う言葉に、自分たちは返す言葉が無かった。

代わりの仕事は見つからなかった。
30過ぎた特技の無い女性には、正社員の仕事があるはずも無く、それ以来パートの仕事を二つしながら生活している。
それでも、工場で働いていたときの収入には遥かに及ばず、社員でいた時に手に入れたいろいろなものをオークションで売って金に換えていた。
服飾品は高く売れなかったが、デジカメやゴルフクラブは高く売れた。
特に、ボーナスが出るたびに最新のものにしていたゴルフクラブは、いい値段がついた。

でも、そんな日々も2年近く続くと売るものは無くなった。
...しかし、正確に言うと1セットだけ残してある。
2Kのがらんとしたアパートの部屋に、不似合いなキャディーバッグが一つ。
中身はドライバーとフェアウェイウッドが3本、アイアンとウェッジとパター。
最新のものではないが、最後にゴルフをやっていたときのお気に入りのセットだ。

他のものは全て売ってしまっても、この1セットは手放す気になれなかった。
シューズと、手袋と、夏冬のゴルフウェアーとサンバイザー。
それもお気に入りのものを一つずつ、残してある。

もしこれを売ってしまうと、自分はもう二度とゴルフをやる事は無いような気がするから。
「今の姿は世を忍ぶ仮の姿」、必ずまたゴルフを楽しめるような生活に戻れる...これを残しておけばきっといつか戻れる、そんなお守りのような意味もあって。

相変わらず日々のパート生活に疲れ果てて、部屋に帰って来ても寝るだけの生活が続いている。

...弱気になった時にこのキャディーバッグを見ると、「これは残しておいたんじゃなくて、売れ残っただけなのかもしれない」なんて気がしてくる。
見ているあたしも、人生で売れ残ってしまった女なのかも、...

...いや、違う!
私は、いつかこのバッグを手にして、緑のフェアウェイ、澄み渡った青空の下、白いボールを思い切り飛ばす日が来る事を信じている。
再び、ゴルフを心から楽しむ日が来る事を信じている。
こんな日々が変わる事を信じている。

...それまでは、部屋のそこであたしが頑張っているのを見ていて欲しい。
指折り数えて、再びティーオフできる日を待っていて欲しい。
あんた達も私も、絶対に売れ残った訳じゃないんだからね。

|

« 髪の毛を掴まれて打ったから...   (2011年5月4日) | トップページ | さよなら、セベリアーノ・バレステロス  (2011年5月8日) »

ゴルフな人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/40274896

この記事へのトラックバック一覧です: 売れ残り    (2011年5月6日):

« 髪の毛を掴まれて打ったから...   (2011年5月4日) | トップページ | さよなら、セベリアーノ・バレステロス  (2011年5月8日) »