« 優勝しました! | トップページ | 2011年全米オープン2日目 »

2011年6月17日 (金)

2011年全米オープン1日目

Bu110617_3


昨日のゴルフで、身体のあちこちが筋肉痛なのを我慢して、朝起きて見ていた。

飛び出したのが、あのローリー・マキロイ。
マスターズで、最終日の残り9ホール迄独走していたのに、見事に自爆してしまったマキロイ。
しかし、この男はやっぱりただ者ではない。
今日のゴルフの安定感を見ても、本当の今の世界実力ナンバーワンのゴルファーではないのか...

残念だが、石川との実力の差はかなりある...ほかの若手とも数段違うと思える。
ただローリー・マキロイに問題があるとすれば、アイルランド人らしい「熱すぎる闘争心」が冷静なプレーの足を引っ張ることだろう。

でも、タイガーがデビューした頃もそうだった。
闘争心丸出しのプレーで、それ迄のスター達をなぎ倒して行ったものだった。

今回の全米オープンでマキロイが、あのマスターズの悪夢を振り解いて優勝出来れば、これからのゴルフ界は間違いなくマキロイの時代になるだろう。
今回また再び、マスターズのように自滅していくようなことになると、マキロイは今迄に数多くいた「時代を掴み損ねた天才ゴルファー」として、輝きを薄れさせながら消えて行く「ただの」スターで終わるだろう。
自分としては、こういう攻撃的で強気なゴルフをする若者に時代を背負ってほしいと思う。
強気で、へこたれず、守りになんて入らないゴルフで、我々が予想もしないプレーを見せてほしいと思う。
あの天才、セベ・バレステロスが無くなった同じ時に、マキロイこそ希代の才能を受け継ぐものであってほしいと思う。

ただ、もし時代を背負う存在になっても、あのタイガーのように挑戦者から王者になっても、若い時のままの余裕のないイライラする態度が表に出るゴルファーにはならないでほしい。
年とともに成熟して行って、その年代その年代に似合った、落ち着いたプレーをする王者になってほしいと思う。

石川は、焦らないで実力を確実につけてほしい。
今現在のマキロイとの差は、(石川の才能で努力を続ければ)石川が今のマキロイの年になれば、追いつけると思われるのだから。

しかし、全米オープン。
このままマキロイの独走では終わらないだろうなあ。
マキロイに勝ってほしいけれど、多分ドラマは最終日だ。

また、寝不足が続くなあ...

|

« 優勝しました! | トップページ | 2011年全米オープン2日目 »

トーナメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/40430496

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年全米オープン1日目:

« 優勝しました! | トップページ | 2011年全米オープン2日目 »