« スコアの70パーセントは120ヤード以内 | トップページ | 久しぶりの新パター »

2011年6月14日 (火)

人生の楽園を生きた人

Bu110614


田舎暮らしの鉄人、ホームページ「田舎暮らし狂想曲」で知られていた金子数栄氏が、5月10日に癌で亡くなっていたと公表された。
氏のご子息がホームページ上に書かれていたのを確認した。

少し前、長崎の信頼出来る方からその情報を頂いていたが、詳しいことは何も判らなかった。

金子氏とは、彼が週刊ゴルフダイジェストのデスクをやっていた頃に、仕事の依頼を受ける形で知り合った。
間もなく彼は週刊ゴルフダイジェストの編集長になり、編集部に行く度ゴルフの話で盛り上がった。

その金子氏が劇的に動いたのは、50歳を過ぎた頃。
ゴルフダイジェスト社を退社して九州の田舎に移り住んだ、と風の噂に聞いた。
トライアスロンに参加して、自給自足の生活をして...と。
それほど親しい付き合いではなかった自分は、「凄い思い切ったことをする人だ」という感想を持つだけで、遠い他人事だった。

それが、彼に親しい人に近況を知らされるに連れて、ぜひ一度訪ねてみたいという思いが強まり、2001年10月に夫婦で彼の家を訪ねて行った。
嬉しいことに、我々夫婦のことを非常に歓迎して頂き、夜遅く迄飲みかつ語り合う時間が過ごせた。
夜満点の星の下の(自家製)露天風呂に入り、翌日には漁に連れて行ってもらったり...

それから10年。
雲丹を注文したり、みかんを注文したりという付き合いはあったが、貧乏イラストレーターに九州長崎は遠く、金も時間も自由にならない中、ついつい十年の時間を空けてしまった。
それには、なにより金子さんが健康であったこと、毎日のトレーニングを欠かさず、メタボ体型とは無縁のスタイルのカッコいい人だったから、まだまだ時間は充分にあると思っていたことが理由としてあった...まだまだいつでも、行けば元気でいてくれる、と。

何度か、テレビの「人生の楽園」という番組や、同じようなテーマの番組で取り上げられた、ある意味有名人であった。
誰でもが憧れるような、素晴らしいロケーションの場所にすみ、百姓、漁師、エッセイスト、音楽家、木工家...等々、なんにでも興味を持ち、楽しんでいる人でもあった。
唯一、長くやっていたゴルフは封印していた。
「ゴルフは金がかかるんだよ」
「一応百姓や漁師で自給自足は出来るけれどね、現金収入は少ないのでゴルフをプレーする金はないんだよ」
ゴルフを一回プレー出来る金があれば、ちょっと旅行に行く方を選ぶ、と。

最近になって、年金をもらえるようになったからボチボチゴルフも再開する、なんて事も伝え聞いてはいたけれど...

69歳...早すぎる。
が、癌ということで全て覚悟しての旅立ちだったらしい。

人生の楽園の生活を、自分で築き上げた金子さん。
いい人生だったんでしょうね。
お会いした時間は楽しかった、感謝します。

さようなら。

|

« スコアの70パーセントは120ヤード以内 | トップページ | 久しぶりの新パター »

ゴルフな人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/40391510

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の楽園を生きた人:

« スコアの70パーセントは120ヤード以内 | トップページ | 久しぶりの新パター »