« 寛ぎの時間 | トップページ | 時の流れは速いなあ.. »

2011年11月21日 (月)

「一番最近の」うまくいった事を考えろ

Bu111121_2


「一番最近の」うまくいったことを考えろ...ボビー・ジョーンズ。

ボビー・ジョーンズと言えば、「球聖」とうたわれた伝説的な名手であるが,,,彼にしてこういう言葉を残す程、ゴルフというのは心の動きがショットに影響するもの。

我々一般の凡ゴルファーが、何らかのショットの前につい言葉を発するときというのは、そのショットに何らかのプレッシャーを感じているときが多い。
そして、アベレージゴルファーのほとんどは、そういう時に最近の自分のそのショットの失敗を口に出す。

「俺はここでいつもスライスするんだよなあ」
「この前は、こんな絶好のライからシャンクしたんだっけ」
「こういうアプローチって、いつもトップかダフリでうまく行かない.」
「この前は50センチのパットが全然入らなかった...」

覚えがあるだろう?
そうした時に、昔の人は「愚かなゴルファーは、自分の言った言葉に責任を取ってしまう」と言った。
そういう時に口をついて出る「以前の失敗の記憶」は、その失敗したショットの感覚を身体に蘇らせ、結局無意識にその失敗と同じ動きをするように身体に命じてしまう。

ゴルファーというのは、ある種の「失敗願望」とか「成功恐怖症」があるのかもしれない。
本当に沢山のゴルファーが、誰も聞いていないのに、ショットの前に自分の「失敗」の話を語る。
言い訳のように、愚痴のように。
そうして、見ているとやはり言葉通りにミスをして、まるで「失敗して安心」したかのように見える。
...あまりに多くのゴルファーが、プレーの前に自分の失敗を独り言するので、いつの間にかそう言わなければいけないような気になって、ついつられて自分の自信の無さを語るゴルファーも多い。

しかし、本心から「上手くなりたい」「いいゴルフをしたい」と思っているなら、このボビー・ジョーンズの言葉のように「一番最近のうまくいった事を考える」のがいい。
ポイントは「一番最近の」だ。
自分のうまくいった事をちゃんと思い出せれば、身体はその時の動きを思い出し、「また」今回もその時のように動いてくれて、結果またいいショットの記憶を残す事が出来るだろう。

絶対に、ゴルファーは不安なショット、自信のないショットをしなければならない場面に出くわしたら、以前の失敗を思い出してはいけない。
まして、その事を口に出しては絶対にいけない。

「一番最近の」うまくいった事を思い出せ!
だ。

...ただ問題は、その「一番最近」が、いつの事だったか、なんだよねえ...

何ヶ月も、何年も前の事じゃあ...ちょっと辛い。

|

« 寛ぎの時間 | トップページ | 時の流れは速いなあ.. »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/43088934

この記事へのトラックバック一覧です: 「一番最近の」うまくいった事を考えろ:

« 寛ぎの時間 | トップページ | 時の流れは速いなあ.. »