« ベン・ホーガン、プラス1でも... | トップページ | 「一番最近の」うまくいった事を考えろ »

2011年11月18日 (金)

寛ぎの時間

Bu1111181


Bu1111182


姿がだんだん「猫」らしくなって来ている。

もう体重は1キロを超えた。
足も強くなって、「走る」というより「跳ぶ」ように動き回る。
高いところや狭いところに興味津々で、時にはとんでもないところにまで入り込む。
食事をするテーブルの上には乗っちゃいけないと、厳しく怒られているのだが...まだ、覚えきれずに飛び乗っては怒られている。

食事は、もう普通の猫用の餌をよく食べる。
小さな頃から親に見放された猫のためか、人間によくなついている。
抱くとすぐに「ごろごろ」と喉を鳴らす音が聞こえるのは、抱いた人間に「幸せ感」を呼び起こさせる。

じゃれてする「甘噛み」も乳歯が細く針のようなので、なかなか痛い。
そろそろ乳歯から永久歯に生え変わる時期らしいが、そうなると「子猫の黄金時代」も卒業してしまうかもしれない...気持ちはあと1年くらい子猫の時代が続いて欲しいんだけど。

確かに、子猫は笑顔を生み出す奇跡の生物....
そんな事を毎日実感している。

|

« ベン・ホーガン、プラス1でも... | トップページ | 「一番最近の」うまくいった事を考えろ »

猫との日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/43054286

この記事へのトラックバック一覧です: 寛ぎの時間:

« ベン・ホーガン、プラス1でも... | トップページ | 「一番最近の」うまくいった事を考えろ »