« 憧れのランドクルーザー | トップページ | 壁は右。体重は右足、右腰の内側に置け。 »

2011年12月11日 (日)

微睡み

Bu111211_2


寒い日々が続くようになると、子猫も日の当たる場所を求めて動くようになる。

朝ご飯を食べて、ひとしきり走り回ったあとは、昼寝タイムだ。
今までじゃれるものを求めて動き回っていたのに、暖かく落ち着ける場所を見つけると、「ここで休むからかまわないでくれ」みたいな顔でこちらを見る。
子猫の柔らかい毛は、日の光を集めすぐに暖かくなる。

そうなると、もう起きているのが面倒になり、目がだんだんと塞がってくる。
あとは丸くなったり、伸び上がったり、十分に日の光を浴びて微睡むだけ。

子猫の一番幸せな時間に見える。

この場所は1時間後には日陰になるけれど。

|

« 憧れのランドクルーザー | トップページ | 壁は右。体重は右足、右腰の内側に置け。 »

猫との日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/43335732

この記事へのトラックバック一覧です: 微睡み:

« 憧れのランドクルーザー | トップページ | 壁は右。体重は右足、右腰の内側に置け。 »