« これからの春に... | トップページ | リターン »

2012年3月14日 (水)

「震災瓦礫」は「不浄のゴミ」ではない!

Bu120314_2


テレビのニュースを見ていて、腹が立ってまたこの事を書きたくなった。
このブログは「ゴルフブログ」で、時事ブログじゃないのにね。

また、ニュースで「市民の味方」のような面をしたジジイ(と言っても俺の方が年上かもしれない)が「絶対に瓦礫の受け入れは反対です」なんて叫んで、それに周りの奴らが拍手していた。

まるで、「震災瓦礫」を汚らわしい不浄のゴミのように言って、偉そうな顔をして。

...みんな、ただ「がれき」「瓦礫」と言って、汚いゴミのように言うけれど、あの瓦礫をよく見て欲しい。
あれは、あの3月11日迄、普通に、幸せに、懸命に生きて来た東北の人たちの、その生きて来た証の残骸なのだから。
あれは、生活して来た家、いつも触れて使って来た家具、楽しみで集めて来た趣味の品、生活の記録の写真、記念品、長く伝わって来た道具、これからも伝えて行きたかった愛用品、いつも通った店、歩いた道にあった看板、使って来た車、着て来た着物、遊んだゴルフ道具....そんなものが、あの日の津波で理不尽にも、一瞬で叩き壊されてしまった、その残骸なのだ。

すべてが、そんなもののかけらなのだ。
夢や記憶や、思いや感情の染み込んだ、あの3月11日で断ち切られた夢の残骸、生活の残骸が積み上がったものなのだ。
その中には、どれほどの無念や悲しみ、希望や絶望、喜びや優しさの記憶が織り込まれている事だろう。
...あれは、絶対に不浄のゴミではない!
ただ、地震と津波によって断ち切られ、壊されてしまった夢のかけらなのだから。
それは鎮魂の思いと祈りによって、静かに埋められるべきものであって、断じて安全な場所にいた知ったかぶりの、安っぽい正義感によって穢されていいものではない。

そして、その「無念の残骸達」が汚い「市民」によって反対される映像なんて、テレビで流して欲しくない。

あれは、絶対にゴミではない。
地震と津波によって失われた、そこに住んでいた人達の無念と悲しみの集積物だ。
合掌して、悲しみと敬意とともに地に返すべきものだ。


(原発周辺の放射能汚染の瓦礫は、全く別の問題だ。)

|

« これからの春に... | トップページ | リターン »

今日は今日とて」カテゴリの記事

今日は今日とて」カテゴリの記事

コメント

ゴミはそれをゴミとみなす人の心に普段からあるもので、
その自分の心のゴミ処理が、その人達のやるべき仕事でしょうね。
きっと瓦礫に放射能以外の妄想でも、拒否の姿勢は変わらないでしょう。

投稿: セベケン | 2012年3月14日 (水) 06時40分

セベケンさん、こんにちは。

彼等の頭には、まず「拒否」しか無いんでしょう。
全ての理由は、拒否のための後付けです。

彼等は、自分が絶対に被災者にならない、と信じているんでしょうし、自分に何かがあっても助けはいらない、という覚悟があるんでしょう。

偉いもんです。

投稿: 大叩き男 | 2012年3月15日 (木) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/44483474

この記事へのトラックバック一覧です: 「震災瓦礫」は「不浄のゴミ」ではない!:

« これからの春に... | トップページ | リターン »