« 2012年マスターズ 3日目 | トップページ | シーズン・イン »

2012年4月 9日 (月)

2012年マスターズ 最終日


Bu1204091_2

オーガスタの最終日は、乾燥注意報が出ているとかでグリーンが乾き、突出して好スコアを出すゴルファーがいない状態となった。

そして想像した通り、最終組は伸び悩み、その前の組やそのまた前の組のゴルファーの優勝争いとなった。

テレビ中継を見ていると、いきなり2番のロングホールでウーストハイゼンのダブルイーグルが飛び出した。
このウーストハイゼンという男、身長178センチということだが、もっと小柄に見える。
しかし、無駄な力の入っていない安定したスイングは、軽く打っているように見えてB・ワトソンに負けないくらいの飛距離を出す。
体重移動を感じずに、その場で無理なくまわるような奇麗なスイング。
全英オープンに勝ったのは、天候と組み合わせに恵まれたラッキーの部分が大きいと思っていたが、そうではなく本当に勝つ実力があったのだと認める。
多分これからも、大きな試合には上位に来る選手だろう。

B・ワトソンは2部ツアーのときから、いつもツアー1〜2位の飛距離を誇り、小技もパットも上手いという評判だった。
それだけの才能がありながら勝てないのは、ハートの問題だと言われていた。
確かに注目して見ていると、ここ一番のショットの時には、何か目が落ち着かず、大きなミスをすることが多かった...例えば昨年の全米プロのプレーオフで、勝負の一打を池に打ち込んでしまったように。
奇麗とはいえないスイング、それなのに圧倒的な飛距離。
実に柔らかい、小技のタッチ。
このマスターズ優勝で大きな自信をつけたら、このあと大化けするする可能性がある。
案外、タイガーの次の時代を背負ったりして。

ウェストウッドは、やっぱり届かなかった。
首位に立ちそうなチャンスになると、ショートパットをミスする...やっぱり、噂は...

ノーマン・ロックウェルが描く絵の中の「良きアメリカ人」みたいな、マット・クーチャー。
ショットは一番安定していたのに、1ピン以内のチャンスが悉く入らない。
テレビに映る度に、バーディーチャンスを外す映像...あのパットが半分入っていたら、楽勝の優勝だったろう。
それにしても、いつもニコニコしているその表情。
なんでも、彼の表情は「笑っている顔」と「もっと笑っている顔」の2種類しかないそうだ。
タイガー・ウッズとは、正反対かな(笑)。

ミケルソンは、ショーットホールの6さえなかったら...でも、もう3回勝っているんだから。

松山の80。
それだけグリーンが難しかった、とか。


B・ワトソンの使っていた「どピンク」のドライバー。
あんなもの買う奴はいない、と思っていたけれど...
勝っちゃったし、ドライバー自体は飛んでたし、安定していたし、で、案外大売れになってしまったりして(笑)。


というわけで、今年のマスターズは楽しめた。
眠くてしょうがないけれど。

|

« 2012年マスターズ 3日目 | トップページ | シーズン・イン »

トーナメント」カテゴリの記事

コメント

後半は全アメリカ人の期待を背負ってプレー。
良かった!(^-^)

投稿: スーパージジイ | 2012年4月10日 (火) 15時40分

スーパージジイさん、こんにちは。

バッバ・ワトソン、数年前から応援していました。

これで、大化けすればいいんですが...

投稿: 大叩き男 | 2012年4月13日 (金) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/44811703

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年マスターズ 最終日:

« 2012年マスターズ 3日目 | トップページ | シーズン・イン »