« ボールをヒットするまで息を止めていれば.. | トップページ | 退職 »

2012年6月 5日 (火)

スイングを変える...その2

Bu120605_2


前に書いた、「スイングを変える」の続き。

下半身を固めて、上半身(肩)を捻り上げて行って、「ギリギリ・バシーン!」から、「その場でクルリ」のイメージだが、上半身だけくるりと回るイメージではなく下半身も回すイメージにする。

ただ、その下半身の回し具合が難しい。
足元だけ動かさずに、足首から上のすべてを回すイメージだと、一打一打タイミングが違って来るしスイングがルーズになる。
また、ついルーズに下半身を回してしまうと、右足が伸びて右腰が突っ張り、ギッタンバッコンの酷いスイングになり、ミスヒットが増えてしまう。
スイングプレーンがバラバラになり、ヘッドが安定した軌道を走らず、インパクトのタイミングもバラバラになる。
そこで右足の膝を伸ばさずに、アドレスのままの角度を変えず、そこで下半身の回転を抑えるようにしてスイングすとインパクトが安定してボールが掴まる。

と、そこまでは理解しているのだが、今度はグリップの位置がまちまちになって球がばらける。
つい下半身の回転に乗って手を上げ過ぎてしまうと、また球筋が暴れてメチャクチャになるし、ダフリトップ(ドラならテンプラ・トップ)まで出る。

右膝の角度を変えずに、積極的に下半身を回転させ、手を大人しく右肩より下のイメージで抑え、下半身の戻り回転に合わせて手を「下に」下ろして行ければボールが気持ち良く掴まり、ドライバーもSXのシャフトのものなら安定したフェードになり、ピンにかぶって行くアイアンが打てる。

おかげで最近のラウンドではバーディーが増えている。
...しかし、このタイミングがまだ完全に掴めていない。
下半身を何処まで回すか?
手を何処まで上げるか?
手をちゃんと下に下ろせるか...下半身を積極的に回していると、ダウンで手が下半身の回転に合わせてボールの方に行きやすい...そうなった時にはボールは、イメージより遥かに左に飛んで行く。
それに何より、きちんとボールが掴まらないことが多い。

いい感触は戻って来ているけど、一打一打同じスイングにならない。
下半身の回転する位置がバラバラ、手と下半身のタイミングがバラバラ、トップの手の位置がバラバラ、ダウンのタイミングがバラバラ、手を下ろす方向もバラバラ...

これは、練習とラウンドで自分のものにして行くしかないんだろうなあ。
久し振りに真面目に練習に取り組もうか...まだ身体が動くうちに。

残り少ないゴルフ人生のために。

|

« ボールをヒットするまで息を止めていれば.. | トップページ | 退職 »

ああ,ゴルフ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/45537059

この記事へのトラックバック一覧です: スイングを変える...その2:

« ボールをヒットするまで息を止めていれば.. | トップページ | 退職 »