« 気をつけなくちゃいけない、と。 | トップページ | アゴはスタンスの真ん中に! »

2012年7月14日 (土)

シルエット

Bu120714


猫というのは、実に優雅な曲線の生き物だ。

動きはしなやかで、無理の無い風のように見える。
仕草一つ一つに不自然に力の入った所は無く、全ての動きがバランス良くつながっているように見える。
特に美しいのは、その「静」から「動」への変化の瞬間。

何処までも緩やかさを感じさせる曲線から、緊張感に満ちた曲線に変わり、それが瞬時に解放される。
かと思うと、動き回る曲線がフッと停止したままの曲線に変わる。

そんな時の猫は、その顔の輪郭の曲線から、背中を流れる大きな曲線、胸の辺りの小さな曲線の組み合わせが実にバランス良く、何とも言えない美しいシルエットを見せる。

このままで、優雅なマークになるし、ドラマを感じさせる挿絵にもなる。
古来、絵にデザインに芸術家達の感性を刺激し続けて来た、「美」の源泉。

モデルの柚は、実は日々の生活の中では、アホな事ばかりやって笑いを取るダメ猫なんだけど...

|

« 気をつけなくちゃいけない、と。 | トップページ | アゴはスタンスの真ん中に! »

猫との日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/46322321

この記事へのトラックバック一覧です: シルエット:

« 気をつけなくちゃいけない、と。 | トップページ | アゴはスタンスの真ん中に! »