« パターは抱いて寝るけど、ドライバーは抱いて寝ない | トップページ | 下手なゴルファーほど、自分のミスを「不運」と言いたがる »

2012年9月20日 (木)

今日も夢見る...

Bu120920_2


晩酌は欠かさない。

いつもは軽い偽物ビール。
気分を変える時は、日本酒を冷やで。

そして、週に一回ちょっと気取ってスコッチのウィスキー。

本当に、何を気障な事をやっているんだろう、なんて一人笑いが出るけれど。

...Kさんは、今年75歳になった。
仕事をずっと続けて来て、子供3人を育てた。
仕事がなんとか続いたおかげで、幸いな事に3人とも無事に育って今は3つ下の奥さんと二人暮らし。

ゴルフは50歳で始めた。
本当はずっと憧れていて、やりたくてしょうがなかったけれど、仕事の付き合いで必要になるまで始める事は出来なかった。
テレビでゴルフの試合はよく見ていた。
奇麗な緑の世界で、男達が真剣に勝負している様は面白かった。
はじめは、400メートルも先の小さな穴ぼこに、たった4回で入れてしまうなんて信じられなかったけど。

...始めてからは、ゴルフが生き甲斐になった。
ゴルフの歴史から、技術から、いろいろなエピソードまで...あらゆる自分の自由になる小遣いをゴルフが上手くなるためと、ゴルフに関する知識を得るために使った。

月に2〜3回のラウンドで、腕は上がらなかったけど幸せなゴルフ生活を送って来た、と思っている。

ただ、一つだけ残念に思っている事がある。
それは、ゴルフを始めた頃から行きたいと思っていた、海外の有名なコースにとうとう一度も行けなかった事。
セントアンドリュース、カーヌスティー、ミュアフィールド、そしてぺブルビーチ、バルタスロール、オーガスタナショナル....
勿論、普通の人が簡単にできるコースじゃないのは判っているし、日本の有名なコースだって殆どラウンドした事がないんだから、あくまで自分の勝手な夢だったんだけど...

正直、いつかは回れると思っていた。
まだ、時間はあるから、きっとチャンスが来ると思っていた。

しかし、70歳が近づいて来て、叶わない夢だと諦めた。
収入の面でも、年齢の面でも、現実はよく判っていた。
そうして、今は月に2回のゴルフをしながら、一週間に一回「ウィスキーの晩酌の日」を決めて、その日は集めたゴルフ場の写真集を見ながらスコッチウィスキーを飲む。
なんだか沢山集めてしまったゴルフ場の写真集を、のんびり眺めながら夢の世界で名コースのプレーを楽しむのには、スコッチウィスキーが似合うと思っているだけで、特にウィスキーが好きな訳ではない。
でも、その時間は、幸せな時間だ。

セントアンドリュースは、もう何回ラウンドしただろう。
オーガスタナショナルだって、何度もラウンドしてホールを覚えている。

面白いのは、そんな夢のラウンドでも100が切れない事。
うっかり良いスコアなんかがイメージできてしまうと、「そんなはずは無い」とやり直す...すると、「やっぱり」というスコアになって一安心。

ちょっと前までは、オンザロックでハーフに2杯飲んでいたけど、最近はそれだとラウンドし切れなくなったので、水割りにして薄めてラウンドするようになった。

一緒に回る人?

それは、亡くなった師匠と、数々の名試合で敗れ去ったゴルファー達。
黙ってグラスを掲げると、ウィンクして笑ってくれる。

ああ、きっと、...だからゴルフは面白い。

|

« パターは抱いて寝るけど、ドライバーは抱いて寝ない | トップページ | 下手なゴルファーほど、自分のミスを「不運」と言いたがる »

ゴルフな人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/47149077

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も夢見る...:

« パターは抱いて寝るけど、ドライバーは抱いて寝ない | トップページ | 下手なゴルファーほど、自分のミスを「不運」と言いたがる »