« その後の左手 | トップページ | 台風3号さんよ... »

2013年6月10日 (月)

グリーンはコースの顔である

Bu130610「グリーンはコースの顔である。それ以外の物はみなアクセサリーにすぎない。」...チャールズ・マクドナルド。
チャールズマクドナルドは、USGAの初代副会長であり、第1回全米アマのチャンピオンでもある。

これには異論も多いだろう。
その上さらに自分の勝手な解釈であるから、むしろ暴論に近いので異論の数はすんごい数だろうけど、それは無視。

そう、勝手に断言する。
「グリーンのつまらないコースは、二度と行かない」
「グリーンの状態の悪いコースは、金を返してもらいたい」
「悪いけど、2グリーンのコースはちゃんとしたコースとは思わない」
「ボロッチいコースであっても、グリーンの状態が良く面白いコースは、最低限納得して楽しめる」

超個人的「良いグリーン」とは
「ワングリーンである事」
「速い事」
「出来れば毎ホール変化がある事(全部砲台だとか受けグリーンとかじゃなくて)」
「良いグリーンにしようというキーパーの人の気持ちが感じられる事」

どんなに名門だとか、有名だとか人気があるとか言うコースでも、まず2グリーンのコースは「残念」の気持ちが強い。
最近行ったコースでは、大原御宿が2グリーンだった。
井上誠一設計で明るく広々としたリゾートコースだ。
プレーして楽しんだけれど、このコースがもし1グリーンだったらどんなに素晴らしかったか...なんて考えてしまう。
もちろん昔のグリーンに対する技術では、夏に高温になる地域でのベントの1グリーンというのはほぼ不可能だったろうからやむを得なかったんだろうけど。
でも、ゴルフというゲームの面白さの原点から言うと、ティーショットでの広いフェアウェイからセカンド、サードショットと使う番手が短くなるに連れてターゲットが狭まって行くのが本来の姿。
グリーンを狙うショットは最も技術と精度と緊張感を必要とするショットでなくてはいけない...それが2グリーンのコースだと、最後の場面でターゲットが急に広くなって間の抜けた緊張感のないショットになってしまう。
以前2グリーンのコースがほとんどだった時代には、グリーンを狙うショットの定石は「グリーンとグリーンの間を狙え」だった。
これはそれならミスをしてもアプローチ勝負になり大怪我をしないという事だが、ゴルフというゲームの本来の攻め方とは大きく異なっているものだ。

それからどんなにレイアウトが良くて、1グリーンで奇麗なコースであっても、下りラインにつけたボールが下りの途中で急ブレーキで止まってしまうようなコースでは最低。
上りラインには「打つ勇気」、下りラインには「緊張とスリル十分のタッチ」を感じるようなグリーンじゃなくては、グリーンのどこに乗せても同じになってしまう。
最近は以前はグリーンが速い事で名の知れたコースでも、営業会社が変わってからは営業優先(多くの客を回す)の為にグリーンを遅くする所が増えてしまって、つまらないコースが多くなった。

以前の古い2グリーンのコースは受けグリーンというのが多くて、グリーン奥は絶対ダメでボールは手前に、というのが多かった。
また全て砲台グリーンで、アプローチもそのコースに向いたアプローチがある、というコースも結構あった。
これは実際には難しいのだけれど、自分的にはつまらない。
はじめから1グリーンとして造られたコースは、その辺のグリーンの多様性があって面白い所が多い。
ただグリーンの状態は千差万別だけど。

そして、キーパーの人の苦労....いいコースなのに遠くて入場者が今ひとつ...そんなコースが結構ある。
多分、人手とお金が十分にかけられないんだろう...雀の帷子が出てしまったり、芝が薄くなっていたり。
でも、実際にプレーすると十分に速さといい転がりが体験出来る。
こういうコースには、また行きたくなる。
少なくとも名門という名の下で、バタバタとボールが飛び跳ねながら転がって行った某コースよりずっと好感が持てる。

「グリーンさえ良ければ、あとはみなアクセサリーにすぎない」とは言うけれど、個人的にはやはりアクセサリーもちゃんとしていた方がいい。
ただし、高額で立派な物だらけより、ナチュラルな自然なものが好ましい。
立派な松の古木の林より、四季折々の変化が楽しめる雑木林の方が自分は好きだし、立派な橋のかかるクリークよりも水音の涼しい小川がいいし、錦鯉が泳ぐ池よりもオタマジャクシが遊ぶ池がいい。

まあ、極個人的なコースの好みてな訳だけど、はっきり言って自分はパットは上手くない。
先に書いた個人的に好みの「速くて変化があって状態のいいグリーン」だと、40パットを平気でする可能性が高い。
逆に嫌いな「重くて単調で打てさえすればいい」なんてグリーンだと30パットを切る可能性が高い。
でも、少ないパットで少ないスコアで、なんてのが今の自分のゴルフの楽しみではない。

残り少ないゴルフ人生、「いくつ少ないスコアで回るか」よりも、「どのくらいそのラウンドを楽しめたか」が一番大事な楽しみになっている。
まだまだ回った事のないコースは大量にある。
その中から「がっかりするコース」を避けて「回って良かった」というコースを探すポイントが、このチャールズ・マクドナルドの言葉と同じなのだ。

まず良いグリーン、そして面白いレイアウト...そうそう「料金」も一番大事な要素だった。
異常に高かったり、高額なツーサム割り増しを取るようなコースは...行かないし、行けない。

|

« その後の左手 | トップページ | 台風3号さんよ... »

ゴルフ名言かってに解釈」カテゴリの記事

コメント

2グリーンでもいいコースありますよ。総武cc総武コースは2グリーンでもグリーンとグリーンの間にバンカーがありバンカーショットも枝が邪魔になるケースや2つのグリーンが林で二股に分かれていてティーショットをミスすると木越えのショットになるなどポジションゴルフが求められるいいコースです。
グリーンとグリーンの間など狙うと大叩きになります!! 曲げるとグリーンより大きいバンカーも待ち受けています。

投稿: | 2013年6月10日 (月) 22時00分

コメントありがとうございます。
私も2グリーンでもそれぞれがセパレートされているコースはいくつか知っています。
でも、そんなホールで狙うべきグリーンから100ヤードひん曲がるショットを打っても(別のグリーンの方に行ってしまう)ノーペナルティ...林越えやハザード越えで難しくはあるけれどパーを取るのも不可能じゃない...それがおかしいと思っています。
バンカーもしかり、難しくはあっても寄せる事は可能ですから。
普通のワングリーンのコースの場合はそれだけ曲げたら、パーはありえません。(もちろん例外のホール...例えばとなりのホールからパーオンとか出来るホールもあることはありますが)

投稿: 大叩き男 | 2013年6月11日 (火) 13時09分

プロでも困難な枝がじゃまにになるバンカーからパーを拾えるとはあなたはかなりの上級者かのるだけの状況からロングパットを決めてパーセーブできるほどパットがお上手なんでしょうね。
私はツーグリーンにもいいコースがあるしワングリーンにもいいコースはあると思います。あなたのように一方的にツーグリーンは片方は全てダメという論理的ではない意見には反対です。
ワングリーンの方がグリーンが大きいだけにアイアンショットがミスしてもグリーンに乗せられるという簡単さもあります。長いパットなのでスリーパットの可能性もありますがアマチュアはアプローチが苦手な方が多いのでグリーンが大きいほうが楽なケースもあります。
一概に一方に決め付けるあなたの意見は軽率です。

投稿: | 2013年6月12日 (水) 21時15分

申し訳ありませんが、本文をよく読んで下さい。

投稿: 大叩き男 | 2013年6月12日 (水) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/51984097

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンはコースの顔である:

« その後の左手 | トップページ | 台風3号さんよ... »