« 住所...職業... | トップページ | 変態アイアンの試打 »

2013年9月12日 (木)

あくまで心は柔軟に(意志が弱いとも言う)

Bu130912_2軽井沢でのアイアンショットで考えた。
「スクープソールの黒トップを更にスクープに調整してある自分の黒トップは、練習も殆どしないお楽しみゴルファーには難しすぎる」と。
ただし、銅下メッキのオリジナル黒トップの「芯を食った時の快感」は何者にも代え難い。
ならば、黒トップは全くスコア無視の「クラシックお楽しみラウンド」のとき専用としよう。
つまり、その時のラウンドはウッドは全てパーシモン、アイアンは黒トップ、パターはL字にボールはもちろん糸巻きボール。
年に数回そういうラウンドを楽しむ事にする。

そしてそれ以外の、漫画家コンペやオープンコンペは今の自分の体力・年齢・身体の状態にあったクラブを使う。

そう考えてみると、今気に入って使えるウッドは3wと4wと7w...3Wはテーラーメードツアースプーン、4と7はスチールヘッド3。
これは気に入っているので変えるつもり無し。
ただドライバーはどれもイマイチ。
(3wでのティーショットの方が遥かに安定して飛ぶし結果がいい)。
で、将来的には今流行の飛ぶ3wでも手に入れてみようと思っている。

黒トップの替わりのアイアン...これが問題。
クリーブランドのTA-3はまあまあなのだけど。

そこで久しぶりにオークションを覗いてみると...
面白いものがありました...いずれも安く。

まずピンジングの青ドット、3〜Wをゲット..5000円。
これは、以前競技をやっていた時にピンアイ2も使っていた自分には違和感無し。
ライ角が立っているので、あまり前傾をせずに打てるのはいいかな...と。
ただし、シャフトがX相当なのが今ひとつ不安..以前なら問題が無かったが今ではこの硬さは力が入り過ぎるかと。

もう一つは、ウィルソンのスタッフFS3〜P・G・Sの10本セット...5000円。
これはヘッド形状には興味なく、ただカーボンのファットシャフトのRを使ってみたいだけで落札。
以前ヒッコリーシャフトのアイアンを振った時に、あの微妙な粘りと柔らかさ、それに独特の捻れ感...それに近い感覚の現代シャフトは無いかと探していた。
そんな時それを聞いてブログ友達の「セベケン」さんが、スチールのファットシャフトが刺さったウィルソンツアーキャストアイアン7番を「これがヒッコリーに近いから」と譲ってくれた。
確かに全体の感覚は近いものを感じたけれど、スチールシャフトと言う事でもっと「頑丈な」感触があり、あまり気に入らなかった。
...しかし、これがカーボンのファットシャフトのRなら、ネックが太いためにヘッドが走り過ぎたり捩じれ過ぎたりしなくて、丁度ヒッコリーの様に振れるんじゃないか?
それがありました...10本5000円...1本500円!...。

どちらが今の自分がやろうとしているゴルフに向いているかは、実ラウンドで使ってみなくちゃ判らない。
てなわけで、明日急遽ラウンドフィーの安いコースで、この2種類のアイアンの試打ラウンドに行く事に。

さあ、お楽しみはこれから...かな?

|

« 住所...職業... | トップページ | 変態アイアンの試打 »

道具で上手くなれるなら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/53233102

この記事へのトラックバック一覧です: あくまで心は柔軟に(意志が弱いとも言う):

« 住所...職業... | トップページ | 変態アイアンの試打 »