« 鷹彦スリーで頭をこえてグリーンで打ち込まれる | トップページ | 2013年10月の旅ゴルフ...2日目 »

2013年10月13日 (日)

2013年10月の旅ゴルフ

Bu1310131_2Bu1310132_2   夏の暑さが過ぎて、ゴルフには最高のシーズンの10月。
忙しくても、金が無くても、無理をしてでも旅に出なくちゃ「生きてる意味なんて無い」なんて...どこかにそんな気持ちさえあって、天気予報とにらめっこしながら日程を決めて出発した。

奥さんが「昨年回って気持ちが良かったのでもう一度行きたい」というのが、小名浜オーシャンホテル&ゴルフコース。
これほど海の近くでゴルフを出来るコースは滅多に無いので、昨年一番感動したそうだ。
自分にしてみるとここは「一番ボールをなくすコース」。
正直ホールの幅は普通のコースの半分くらいの気がするし、何よりそこを外すとボールを打てないどころか回収不可能な所に行ってしまって...去年は何個無くしたか覚えていない。
その為に出発直前にロストのV1Xを10個買って来て、準備万端...のはずだった。

そして、せっかくいわき近くまで行くのだから次の日は「そこから近いなかなか遠い名コース」に行こうという話になって、決めたのが鷹彦スリーカントリーだった。
つまり、1日目は狭いけれど海を楽しめる気持ちの良いコース、1日目は雄大でおおらかと言う評判の丘陵コースでのびのびとゴルフをするつもりだった。
まあ、その鷹彦スリーの話は明日にでも。

さて1年ぶりの小名浜オーシャン...コース入り口近くの「小浜漁港入り口パーキング」で車中泊。
ちょっと走りがいのある距離だけど、やはりゴルフの前の一人宴会は最高の楽しみ(奥さんはあっという間に2階で爆睡)。

翌日心配していた天気も晴れて、ハウス前の海を見ると去年と変わらず美しい。
午後の海沿いのインコースを楽しむ為にアウトスタート。
4番までは海が見え難いが、4番ティーグランドからは海がよく見えてなんだか嬉しくなる。
海に向かって打ち下ろす7番ショートは、アウトで一番小名浜オーシャンらしいホール。
ここは二人ともピン側にオン。
トップスタートだったので1時間半もかからずにハーフ回り終わったが、混んでいてスルーは無理というので30分ちょっと待ってから食事をとらずにインへ。

インは一打一打待ちの状態だったけど、海の側のホールを楽しむのにはむしろ好都合。
風景もゴルフも楽しみながら、気持ちの良い風の中プレーする...極楽極楽(笑)。

とは言え、海がらみのホールではなく、なんでもない狭いホールのティーショットで右足引きの超クローズドスタンスの調整がつかずに、ちょっと右.ちょっと左で何と1ラウンドで11個のボールがどこかに消えた...
買っておいたロストボールが、ラウンド持たないとは..
これは、このコースの名物ホールの13・16・17・18番は、きちんとパーオンして攻略出来たけどその他のホールで気を抜いてしまったため。
うちの奥さんはこの名物ホールで苦戦して計7個のボールを無くした。
ラウンドを終わって食事をとっている時に、どうしてもインをもう一度回りたいというのでワンハン追加...最終組で回る事になった。
うちの奥さんが自分からワンハンやりたいというのは滅多に無い事。
...そして、スコアはともかくボールを無くして苦戦した3ホールで、今度は一個もボールをなくさずにすんで泣く程喜んでいた。
スコアをつけるとこのコースの悪口も出るかもしれないけれど、この風景でゴルフを出来る喜びを第一にすれば、ここは類い稀な海景を楽しめるコースだ。
ロストボールを沢山持って来て、なくす事をためらわずにおおらかにショットを楽しめば、これほど楽しいコースは無い。

この日は台風の影響か、晴れ間と速く流れる雲の競演が海の表情を千変万化させて、本当に海を楽しめた。
そしてあとはここの天然温泉の露天風呂で、暮れ行く海とコースを眺めながら一休み。
2日目の鷹彦スリーに近い、「道の駅さとみ」まで車を走らせる。
山を越えてさとみの近くに来た所で、唯一明かりのついていた食堂で夕食にラーメンを食べてまた車中泊。
道の駅さとみは意外に狭く、ちょっと使いにくい。
しかし、そこでもまた一人宴会の至福の時間が過ぎて行く...

そして2日目へ(続く)。

|

« 鷹彦スリーで頭をこえてグリーンで打ち込まれる | トップページ | 2013年10月の旅ゴルフ...2日目 »

旅ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/53585387

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年10月の旅ゴルフ:

« 鷹彦スリーで頭をこえてグリーンで打ち込まれる | トップページ | 2013年10月の旅ゴルフ...2日目 »