« 緊張しない人なんていない | トップページ | 2013年10月の旅ゴルフ »

2013年10月11日 (金)

鷹彦スリーで頭をこえてグリーンで打ち込まれる

Bu131011本当は「旅ゴルフ」を描こうと思っていたんだけど、今日11日に長いゴルフ歴で始めて意識的に打ち込まれたらしい事を経験したので描いておく。

それは今日のアウト7番ホールでの出来事。
我々は2サム。
前の組も、その前の組も2サム、後ろは何やらにぎやかなコース慣れした様子の4サム。
ベテラン達らしく、陽気に騒ぎながらのゴルフはうちの奥さんとも「楽しそうだねえ」なんて笑ってみていた。
3ホール程はスムーズに流れたが、その後はずっと前の組を待ち待ちの進行となって、一打一打待ち時間が長くなって行った。

そして、打ち込まれたのが7番ホール。
前の組が8番のティーグランドでその様子を見ていた。
私は右足を引いたスイングを試運転中で、スコアをつけずにあれこれプレー。
うちの奥さんはそのホールは2〜3回失敗したが、まあ遅れもせずに4オン。
私は簡単にポンポンとパットしてすぐピックアップ。
奥さんはちょっとバックスイングを教えながらパッティング。
それで3パットして、ピンを挿し、私がカラーにおいてあった奥さんのアプローチセットを取りに行ってグリーンから出ようとした時に「フォア!」の声...と同時に頭を越えてボールが飛んで来て、グリーンの向こう側にいた奥さんの足下まで転がった。

思わず振り向いて後続組を見ると、普通の場合(今までの場合全てだけど)打ち込んだ人が「すみませ〜ん」と声をあげて帽子を取って頭を下げて...「気をつけて下さい」で終わるだろう。
しかし、この4人の誰が打ったのか..誰も帽子を取らず頭も下げない。
それどころかグリーン脇に行く前にポンポン4人とも打って来て、全員グリーンに乗せる。

さすがに腹が立ってその組の所に歩いて行き、そこにいた一人に「そんなにうちが遅かったんですか?」と聞いた。
「いや、その」
「危ないと思わないんですか?」
「前が詰まって、ああしてみんな待ってるんですよ」
「すみません」...その言葉がやっと出た。
とそこにもう一人がやって来て「うちの組の人間に何するんだ」と言う顔で反っくり返って構える。
そこでもう一度同じ言葉を繰り返す。
その男は一度も頭を下げる事無く、ただ「すみません」の一言だけ。

その後も誰も謝りには来ず、ただかなり離れてプレーを続けていた。
一部始終を見ていた前の組の男性は「今、打ち込まれましたね」と心配そうに声をかけてくれた。

多分、この4人は「あのカップル、もたもたしているから打ち込んでやれ」なんて気持ちで、わざと打ち込んで来たんだろう。
その前後の態度でそう感じられた。
普通なら打ち込んだ人間だけでも「すみません」というものだけど、この4人にそういう態度は無く、誰が打ち込んだのか最後までわからなかった。

しかし、回り慣れた様子と聞こえて来た会話から、このコースの常連であろうと見当がついたのであとでマスター室で聞いたり組み合わせ表で名前を調べて、驚くべき事が判った。
何と後ろの組はこのコースの副支配人と、コースのハウス委員とシングルハンデのメンバー達だった。
この人達がここで「自分のコース」として、ビジターをどう見ているのかがよくわかり、あまりにも不愉快な体験だったので敢えて描きたくないこんな事件を公表する。

副支配人のS氏、I氏、S氏、H氏の4氏...それが鷹彦スリーのやり方ですか?
(名前は把握していますが、公表はやめます)

受付の方や、レストランの従業員の方、コース案内の方、キャディーマスター室の方々、皆最高の感じだったのに、メンバーが脅しの打ち込みをして「文句あるか?」と言う態度とは...

 


追記ですが
インスタートのハーフは、順調に流れていた為に後続の4人に追いつかれた事も待たせた事も一度もありませんでした。
常に一ホール以上空けた状態でした。

|

« 緊張しない人なんていない | トップページ | 2013年10月の旅ゴルフ »

ああ,ゴルフ!」カテゴリの記事

コメント

ほとんど似た状況を私も過去に経験したことがあるのでカキコミ致します。
某県某パブリックコースのスタートホール(No1かNo10)で、私のセカンド地点の真横2~3mに打ち込まれたことがあります。『ボコ!』という音をいまでも覚えています。
そこは真っすぐな打ち降ろしのホールで、ティーグランドから全体が丸見えです。
次のホールで当然(かなりきつく)クレーム入れた時の返事が『お前らが遅いから…』。
たしかに私以外の3人が遅く私も待たされていたことは事実ですが…。
こういう方々に具体的な制裁を下す方法はないものでしょうかねえ。

投稿: Gbaka | 2013年10月12日 (土) 00時53分

Gbakaさん、こんばんは。

多分相手は当たらない自信があったんでしょう,,,きっとプロよりも腕が良いとか。

こういう事は支配人に抗議すると「単なるクレーマー」扱いされて、かえって不愉快な思いが倍増される事が多いと思うのでコースでは強い抗議はしませんでした。
しかし、事実とは言え実名の公表は自分でも気分が悪いのでイニシャルに替えました。

また、この件で自分はコースに謝罪を含めて一切要求するつもりはありません。

この4人以外は、このコースは非常に気に入っています(もう行く事は無いと思いますが)。

本当に、従業員の方々が頑張っているのに...

投稿: 大叩き男 | 2013年10月12日 (土) 22時52分

まったくおっしゃる通りですね。コース側への抗議はクレーマー扱いされるか、型どおりに『それはすいませんでした』で流されます。客(鷹彦スリーの件はコース関係者が含まれてますが…)のマナー違反でコースの評判が悪くなるのでは従業員の方々が浮かばれませんね。
ゴルフやる方の大半は良い人だと思ってますが、極々一部にとんでもない変な人がいることが不思議でなりません。

投稿: Gbaka | 2013年10月13日 (日) 06時55分

Gbakaさん、支配人に「今副支配人に..」なんて抗議して...

気が重くなりますね。
本当に、楽しくプレーしたかっただけなんで、こんな事にはかかわり合いたくありません。

投稿: 大叩き男 | 2013年10月15日 (火) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/53569247

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹彦スリーで頭をこえてグリーンで打ち込まれる:

« 緊張しない人なんていない | トップページ | 2013年10月の旅ゴルフ »