« 寒いゴルフは... | トップページ | 松村信吾(博士)の調べた事 »

2014年1月 4日 (土)

新聞社主催のオープンコンペ

Bu13122221日は、私が長い間連載をさせてもらっている「ニッカンゲンダイ」の主催のオープンコンペがあった。
本当は10月に開催するはずだったのが、その日に台風直撃と言う状況で12月に延期になったオープンコンペ。
10月開催予定の時は40組参加だったのが、12月のこの時期と言う事で20組を越えたくらいの募集となった...それでも参加人数は81名のコンペになった。

今回は私は一組参加として、ネットで募集した所...何度かゴルフに酒に付き合って頂いた上級女子面白美人ゴルファー・ホワイトタイガー54さんと、やはり酒にゴルフに付き合って頂いた実力上昇中のゴルファー(今年はクラチャン予選通過してマッチプレーも体験した)競技ゴルファー・風太さんと、学生時代にはハンデ6まで行って以前は二人であちこちに腕試しに行った事のある新聞社近くの「喫茶店のマスター」W氏が同じパーティーで廻る事になった。

天気はWT54さんと風太さんが「晴れ女」「晴れ男」として、今年は実力発揮中だったのであまり心配していなかったけど...予想を遥かに上回る、この時期としては最高のゴルフ日和になった。
前日がみぞれまじりの雨と強風で、凍える様な天気だったのと比べると...キャディーさんが「昨日とは天国と地獄くらい違います」と言う程の暖かい天気...やはり日頃の行いがいいからだろうなあ(笑)。

コースは所属プロが「ここのグリーンはトーナメントで使えるくらい良いです」と言うだけの事はある良い状態。
一日中氷が溶けずに、カチンカチンのグリーンだった東ノ宮とは違い、グリーンもティーグランドも全く凍っていなかった。

ゴルフの方は、右足を引いた変態スイングがだんだん方向性が悪くなり右に左にトッチらかるようになって来たので、今回は暖かい事もあって腰痛を我慢して普通のスタンスでスイングすることに。
...すると、なぜかドライバーがまともに当たらずふかし球が多発。
3Wでも引っかけてOBを打ったり...
ただ、アイアンはTA-3が左に行きがちではあったけれど、だんだん芯を食って来たし、いい時の打ち方を思い出す事が出来た。
特に最終9番ホール(インスタートだから)の残り165ヤードの7番アイアンのショット。
低く出て伸びて行き、ワンバウンドしてからピンを巻き込むようにからんで止まった...のはこの日一番のイメージ通りのショットだった...こういうのをもっと打てればこれからもゴルフを楽しめる。
スコア的にはティーショットのミスと、短いのを何度も外して3パットにしたのがあって納得はできないが今の時期はこれが実力だろう。

ホワイトタイガー54さんは、風太さんに「白でやれよ!」とさんざん煽られていたけど、結局「女性だから」と赤ティーで。
白から100ヤードくらい前にあるティーもあって、40ー43のスコアは悪すぎるくらい。
普通なら70代は出るはず....が、当然女子のベスグロ。
でも残念ながら今まで必ずやらかしてくれた「お笑いハプニングは無し」...つまんないなあ(笑)。

風太さんは、本当にスイングは良くなった。
いつも思うのだが切り返しがスムーズになって、安定しているように見える。
...それなのに、なぜかいきなり「トンデモ」ミスのショットが出る。
それまでのショットからは想像ができない様な...,この辺はホワイトタイガーさんと共通するものがあるかも...だから話が合うのか(笑)。
喫茶店のマスターと話して、「これは技術ではなく、彼のハートの問題だ」と意見が一致。
大体ショートパットを打つときなんて、口から出るのはマイナスイメージのてんこ盛りだし。

さて、以前は二人でオープンコンペなどを荒し回った(笑)こともある、「元」実力者の「喫茶店のマスター」。
私が以前痛めた左肘と同じ原因で左肘を痛め、それに続いて腰や背中などを痛め、喫茶店での仕事の影響もあってゴルフを何年もやれないでいた。
それが久しぶりにゴルフをやるという事で心配していたが、何と前半は本人も驚く絶好調。
2連続バーディーを取り最終ホールでダボを打って40...何回もの3パット4パットが無ければパープレーで廻っていただろう。
がしかし、彼のスイングは以前と同じ上からきっちりとクラブを叩き込む古いスイング。
打ち込んだ衝撃は左肘を直撃する...ホールを廻る程に古傷の痛みが増して、最後は一打打つ度に顔を歪めて悲鳴を上げる程。
普通ならリタイアする所だけど、「コンペだから」と後半は流してやっと終了。
スイングを変えるのは本人が嫌だっていうし...これからのゴルフをどうするつもりなのか...
勿体ない。

コンペの結果は、マスターが後半の大叩きが響いて81人中73位。
続いてホワイトタイガー54さんがネット74・6で9位。
私がネット74・2で8位。
風太さんがネット72・8で5位。

ホワイトタイガー54さんは9位と女性1位で女性用XXIOドライバー。
私はXXIOボール。
風太さんは横峯さくらサイン入りグッズをゲット。
ホワイトタイガー54さんの貰ったドライバーは全く彼女の使える様な物では無いと言う事で、私の使うつもりが無いXXIOボールと「奥さんに」と交換してもらった。(...家の奥さん、喜んでました。ありがとうございます)

そしてパーティーのアトラクションのじゃんけん大会で、私は何と平日一組の招待券をゲット!
半年有効なので、暖かくなったらまた一緒にと。

本当に暖かい最高の天気でのゴルフだった。
もうこの冬にこんな暖かい日は期待出来ないだろう。
この次の本格的なゴルフは、3月になってからかなあ(12月はもう一回あるけど、多分寒い冬ゴルフの予感)。

実に楽しいクリスマスプレゼントでありました。
ホワイトタイガー54さん、風太さん、マスター、ありがとう。

|

« 寒いゴルフは... | トップページ | 松村信吾(博士)の調べた事 »

ああ,ゴルフ!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/54490106

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞社主催のオープンコンペ:

« 寒いゴルフは... | トップページ | 松村信吾(博士)の調べた事 »