« 風薫る五月 | トップページ | スタンスをとってしまったら... »

2014年6月 6日 (金)

2014年5月の旅ゴルフ・新西山荘カントリー倶楽部

Bu1405171_3Bu1405172_2    今じゃ余程近くのゴルフ場でプレーするんでもない限り、「ゴルフに行く」と言う事イコール「前夜道の駅などで車中泊&一人宴会」になってしまった今日この頃、片道150キロくらいからのゴルフ行を「旅ゴルフ」とする。

他にも行った事の無い良いコースは沢山あるんだけど、「広くて奇麗でチャレンジャブルで気持ち良くて安いコース」なんてのを探していると、うちの奥さんが「新西山荘は気持ちが良かった」なんて言う。
以前2回行った事のあるコースだが、確かにトリッキーさは無く、バックからやれて、グリーンはそこそこ速く、なにより17番の浮き島グリーンでは今まで一回も乗った事が無い...それにあの木の少ないコースは暑くなると日陰が無いので、まわるなら今の季節しかない...と言う事で、7時39分のトップスタートで予約。

旅ゴルフのもう一つの楽しみである行き帰りの寄り道ドライブでは、「真っ暗闇の中を走る真岡鉄道」をまず楽しむ。
これは、以前偶然見かけた時に慌てて車を止めて飛び出して見ていたくらい感動した風景。
夜10時頃、真岡鉄道の市塙と笹原田の間で、真っ暗で電気一つない闇の中を真岡鉄道の一両編成の電車が明るい光をまとって走ってくる。
まるで地上ではなく、夢の中の空間を果てしない時間の彼方まで移動して行くように...真っ暗な空間に一両分の窓の光だけが浮かび上がり「ゴットン.ゴットン」と単調な音を立てて...それは実に幻想的な眺めだった。
時間は判っていたのでその時間に車を道端に止めて待っていると、やって来た。
今の季節は田んぼに水が入り、田植えが終わったばかりで...一両分の窓の光が水面に反射して、前よりもっと幻想的な光景となった...おまけにゴットンゴットンの音と同じくらいの蛙の声の大合唱。
写真は上手く撮れなかったが想像して欲しい..

夜は道の駅「かつら」で前夜祭。
ここは那珂川のほとりで、いつも静かな河原の方に車を止めて一人宴会してから寝る。

翌日は晴れだが朝のうちは霧が深かった。
7時39分のスタートだったが、同じく早めに来ていた後ろの3人組が「早く出ましょうよ」というので7時過ぎにスタート。
1番535yパー5...フルバックティーの許可を貰ってスタートしたが、あのSLDRがいきなりチーピン(勿論朝早いので練習もやっていなかったが)で、1・5メートルをカップにけられてボギースタート。
2番399yパー4...3wでスライス、5アイアンでフックでピン上2メートルで外してパー。
そして、奥さんに言っておいた3番161yパー3....なんと殆どツツジが咲いてない!
コースに行くまでの道すがらではきれいに咲いていたのに。
何やらコース事情があるんだろうなあ...所々で「荒れ」を感じる...
3メートルをバーディー狙いで3パット。
4番403yパー4,,,1wのなんかつまんない当たりで残り120y...パー。
5番417yパー4...1wがチーピン(なんで?)、出してバンカー、3パットのダボ。
6番457yパー4...1wスライス狙いだと普通に飛ぶ...5番でフック・アプローチ1ピン外してボギー。
7番202yパー3...4アイアンでフック・右に外してアプローチ1ピン下り・3パットダボ。
8番395yパー4...1wチーピン・4アイアンフックグリーン右・アプローチ1ピン.3パットダボ。
9番533ヤードパー5...1wチーピン・3アイアンフック(ハーフトップ)・ピッチング大ダフリ・サンド1メートル・外してボギー。

9時前に上がってしまったけれど、9時38分なら入れると言うので大急ぎで昼食(10時前に!(笑))をとってインスタート。
10番539ヤードパー3...1wスライス狙いでまあまあ・3wフックかかり過ぎ・サンドで1ピン上.バーディー狙いで3パットボギー。
11番385yパー4...3wスライス・8アイアンフック・2メートルを3パットボギー。
12番158yパー3...8番アイアンフックでピン左3メートル・外してパー。
13番392yパー4...1wスライスまあまあ・ピッチングでフック・10メートルを3パットボギー。
14番434yパー4...1wスライスまあまあ・5アイアンフック・2パットパー。
15番448yパー4...1wチーピン左OB、打ち直しもチーピン、7アイアンフックでダフリ・サンドで乗せて3パットの8。
16番417yパー4...1wスライスまあまあ、7アイアンフックピン右3メートル.2パットパー。
問題の17番179yパー3...インに入ってから風がだんだん強くなり、この17番では左からのかなり強いアゲンスト...スライスではどのくらい風に負けるか判らないので、まずは5番でグリーンの中心からフックをかけて風とケンカさせて乗せる,,,179ヤードはセンターまでの距離なので手前には乗るだろうと計算・・・失敗!・グリン中央からフックがかかったまま左の池に。
では、と今度は4番アイアンでグリーンを外してグリーン右の池から強くフックをかける・上手くかかったが...風が曲げを止めてくれずに、フックボールはグリーンを横切って左の池に...フックでケンカさせるつもりだったけど、風に勝っちゃあダメだろ...ここで後続組が来たので、諦めて前進ティーに、で7。
・・・はい、17番ホールこれで3連敗です。
18番550ヤードパー5...1wスライスああまあ・4番アイアンフックまあまあ・強いアゲンストで7番アイアンパンチショット大ダフリ・サンドで1メートルでパー。

何より17番のグリーンに乗せられなかったのが口惜しい...フックは上手くかかったんだけど。
1wは裏を見るとフェード側におもりが移動してあったので、それでフックが失敗続きだったのかも知れない・・・ああいう調整出来るドライバーは、一度調整したらラウンド中は球筋を一定に決めて使うものなんだと思う。
あのドライバーでフックやスライスを打ち分けるのは、機能的に難しいのかも。

うちの奥さんは良い天気とプレッシャーがあまりかからないホールレイアウトが気に入ったらしく、のびのびと楽しんでいたようだ...部分部分だが、ドライバーも、フェアウェイウッドも、アイアンも、アプローチもパットも、良いショットを打っていた。
これらが一ホールでのショットで続いて出ていればスコアは圧倒的に良くなるんだが...残念ながら1ホールに付きいずれか一個ずつと言う所が惜しい。

インは待ち待ちだったけど、それでも1時にはコースを後にして帰りのドライブ...しかし、期待していた山藤は一つも見る事が出来なかった。
つい先日行った霞ヶ浦の近辺では沢山の藤を見る事が出来たのに...
季節が違ったのか、それともあの辺には藤は無いのか少ないのか...すごく残念。
後は寄り道しながらもラッシュ時間の前には家に帰り着き、ゆっくりする事が出来た。
早朝スタートも、昼の待ち時間が何とかなるならこれからはいいと思う(スルーならそれもいい)。

ただ、昼に生ビールで一杯も...非常に・非常に・捨て難いんだけどね。

|

« 風薫る五月 | トップページ | スタンスをとってしまったら... »

旅ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/56425287

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年5月の旅ゴルフ・新西山荘カントリー倶楽部:

« 風薫る五月 | トップページ | スタンスをとってしまったら... »