« 変わって行くゴルフの楽しみ方 | トップページ | 今年最初のオープンコンペ(米原ゴルフ倶楽部) »

2014年11月 6日 (木)

そこの若いの! ゴルフやってみないか? ...1

Bu141015ゴルフなんかやらねえ?
ああ、「まずそんな金は無いし、あんなにたくさん道具がいるってのが大変そうだし、マナーだのルールだのって偉そうに言われそうだし、やってる人間がうさんくさそうな奴ばかりだし、大体そんなものやらなくたってオレの人生に関係ない」って?
...わかるよ、オレだってやる前はそう思っていたからさ。

まあ、始めたんだってオレの場合は「仕事でしょうがなくて」だから、お前らと変わらないさ。
だけどね、やってみたら「こりゃあやらずに終わるには勿体ない遊びだ」と、感じたのさ。
(オレの周りのゴルフ仲間にもそんな奴が多い)
それで30年以上ゴルフを続けて来て...その結果、どれだけオレの生活にそれが潤いになったか...今じゃあ、心底ゴルフを始めて良かったって思っている。
だから、おせっかいなのはわかっているんだが、やらないで過ぎてしまうにはあまりに勿体ないって思うんで、オレの話を少し聞いてみちゃあくれないか?

確かにまるでゴルフに縁のない生活をして来た奴が、「これからゴルフを始めよう」なんて思ったってそりゃあ敷居が高くて途方も無い「面倒」を覚悟しなくちゃいけないってのは本当だ。
普通は会社の上役だとか同僚だとかに教えてもらうとか、親族に経験者がいて教えてもらうかが多いんだけど、そんな人がいないあんたがたの様な若者にはゴルフへの第一歩は実に遠い。
しかし、「絶対にオレはやらない」という固い意志があるってんなら無理にとは言わないけど、ちょっとでもゴルフに興味があるんなら、とりあえず聞いてくれ。

まず、練習場やコースに行って「いきなりゴルフクラブで思い切りボールを引っ叩く」なんて普通の人間には無理だし、危険だし、上手く打てない事(100%上手く当たらないと断言出来る)で面白いとは思わないだろうし、その無様さを他人に笑われたりすると「二度とやるか!」なんて気になるはず。
なのでまずは、違うもので「打つ」事を体験してもらいたい。

まずお勧めするのが「パークゴルフ」。
これは、専用のパークゴルフ場でゴルフで言うところの「ドライバー」(1番ウッド)に似たクラブを使って、6センチの大きさのプラスチックボールを打つもの。
似たものに「グラウンドゴルフ」というのがあるが、これは使ってない野球場や空き地などでゴルフで言う「パター」の大きい奴を使ってやはり6センチのボールを打つゲーム。
ただ、このグラウンドゴルフは専用のゴルフ場でないところでやるので、他人のクラブを借りてのうえで体験するのは難しい。
しかしパークゴルフなら、パークゴルフ場に行けば大抵は貸しクラブがあり、スニーカーなどの運動靴を履いていればすぐに体験することが出来る。
グリップはゴルフと同じに3種類あるが、始めは普通に10本の指で野球のバットを握るように握ればいい。
パークゴルフは距離が100メートル未満、グラウンドゴルフは50メートル未満。
その距離を基本3回でカップに入れる(パークゴルフ)かピンの下(グラウンドゴルフ)に入れる。
打ち方は見よう見まねでいいから、ともかくボールを打ってみる(空振りはカウントしないそうだから気楽にやればいい)。
始めは思ったようにボールは転がらないだろうが、頭を使って上手く転がるように工夫して行けば、誰だってすぐに要領は覚えられる。
パークゴルフ場の距離のあるホールの100メートルというのは、野球場では左右両翼のホームランになる距離、十分に打ち応えはあるはず。
ちゃんと当たればそこそこ転がるし、打った感触も気持ちがいいはずだ...ただしボールは殆ど空中は飛ばずに転がるだけだが。
(調べてみると、グラウンドゴルフのクラブは5000円から1万円前後、パークゴルフのそれは何と12000円から150000円! これはゴルフクラブのドライバーよりも高いくらい。
噂でいわれているゴルフで使わなくなったミシシッピパーシモンのブロックから作った超高級品もあるらしい...という事は、パークゴルフでのショットを打ったときの感触は相当気持ちの良いものだと想像出来る。)

周りでやっている人を見るとわかるが、遠くに転がしたい時には左腕が地面と平行になるくらい上げて打っているはず。
短い距離はその半分とか三分の一とか...それで距離を調整しているのがわかるだろう。
そんな打ち方はゴルフのスイングの基本とも共通しているから、もしゴルフを始める気になった時には十分役に立つ。
1000円前後で遊べるはずだから(レンタルクラブは別料金)、それをとりあえず楽しんでみればいい(計2〜3000円もあれば十分か)。
そうすると、きっと...もっとボールを飛ばしたくなるだろう。

そこから、ゴルフへはすぐの道だ。
ただし、危険防止の為にも、周りからの見栄えの為にも、テレビで一度は見た事があるだろうタイガーだのマキロイだのの「ゴルフスイング」というのは頭から消し去る事。
ありゃあ、特別な芸人の「芸」だと思った方がいい。
自分が長く楽しむゴルフの基本は、こんなパークゴルフの楽しみの延長であると思った方が、きっと上手く行く。

金も道具もマナーもルールも、気持ち良さを体験してからからゆっくり考えればいい。
ゴルフってのは、後楽園ドームのホームランの距離なんか誰にでも簡単に打てるんだぜ。

パークゴルフで転がしたボールの、すぐ延長線上にゴルフの楽しみが待っている。
結構近くにパークゴルフ場ってのはあるから、試しに一度こっそり行ってみるといい。

これで「ボールを打つ」ってことに慣れたら、次はいよいよゴルフってのを体験してみよう。

|

« 変わって行くゴルフの楽しみ方 | トップページ | 今年最初のオープンコンペ(米原ゴルフ倶楽部) »

天下の暴論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/57910691

この記事へのトラックバック一覧です: そこの若いの! ゴルフやってみないか? ...1:

« 変わって行くゴルフの楽しみ方 | トップページ | 今年最初のオープンコンペ(米原ゴルフ倶楽部) »