« 2916年の初ラウンド in 東ノ宮CC   (2016年2月13日) | トップページ | 忘れられないプロゴルファー...44「涂阿玉」   (2016年2月16日) »

2016年10月 7日 (金)

惜しかったなあ、岩田   (2016年2月15日)

Bu160215あまり期待するでもなく...でも、期待していたんだよなあ、オレは。

AT&Tプロアマでの岩田。
二日目首位で三日目2位、それで最終日ミケルソンとの一騎打ち....まあ100%ミケルソンの応援でのアウェイだろうけど、マイペースが売りの岩田にはむしろ戦い易いだろうと思っていた。
実績の松山・人気の石川に対して、なんとも地味ではぐれもん風の岩田が実は気に入っている。
昨年ギリギリの戦いでシード入りした粘りと、時々出すビッグスコアの意外性と、淡々とした速いプレーとぶっきらぼうなインタビューの答えと...実に面白いキャラである。
練習場経営の家に生まれたと言う環境の良さはあるが、同期の宮里勇作なんかに比べても遅咲きのこの男は、常に周囲の期待や予想を裏切ってくれるような所がある。

今回の試合は結局8位スタートのV・テーラーの17アンダーの逆転優勝となり、ミケルソンは16アンダーの2位、岩田は14アンダー3打差の4位タイで終わった。
届かなかったが、ミケルソンも岩田も最終日72...二人の戦いは引き分けだったと言う所がまた、岩田らしい。

英語を勉強していて使いたいらしいし、以前一緒に回った事のあるミケルソンを「あの時はやる気がなかったみたい」なんて言い放つ所も面白い。


この男、今年どこかで一発やってくれそうで、楽しみだ。

|

« 2916年の初ラウンド in 東ノ宮CC   (2016年2月13日) | トップページ | 忘れられないプロゴルファー...44「涂阿玉」   (2016年2月16日) »

トーナメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/67836742

この記事へのトラックバック一覧です: 惜しかったなあ、岩田   (2016年2月15日):

« 2916年の初ラウンド in 東ノ宮CC   (2016年2月13日) | トップページ | 忘れられないプロゴルファー...44「涂阿玉」   (2016年2月16日) »