« ヒッコリーアイアン   (2016年1月16日) | トップページ | 230チタンの夢・終章 (前記事2010年1月)   (2016年1月19日) »

2016年10月 7日 (金)

行く道だ   (2016年1月17日)

Bu160117e宗教的な言葉なんだろうが、耳に残る言葉がある。


子供叱るな来た道だ
年寄り笑うな行く道だ
これから通る今日の道
通り直しの出来ぬ道



どこかの寺院の門前に書かれていたものだと思う。
なるほどなあ,,,なんて思って記憶に残った。

自分じゃ全くそう思えなくても、膝が痛いとか腰が痛いとか、街角のショーウィンドウに映る自分の姿が全く普通の年寄りの姿だったり....年を数えてみれば、若い頃の自分の感覚じゃもうヨレヨレのジジーのはずの数字だったり。
自分の感覚と周りの世界との時間感覚のズレが酷くなって来たな、としみじみ思う。

今、一日に最低5千歩は歩くつもりで居る。
運動不足での身体の不調から逃れる為に、体重増加を防ぐ為に、来るべきゴルフシーズンに備える為に、そして晩酌を美味しく頂く為に。

歩くコースが問題だ。
ゾロゾロと老人達が健康の為に歩く川沿いのコースがある...ゆったりとゾロゾロと老人が列をなして歩いている、そんな老人散歩コースなんぞは絶対に歩きたくない。
胸を張り歩幅を大きく、早足で汗をかく迄休み無く歩く。
そんな自分は、そういうコースのゆったり散歩行列とはリズムが合わずに歩き辛いので、なるべく人の歩かない場所を選んで歩く。

あまり人の居ない、寂しい川の側の道を早足で歩いていて、一人の老婦人とすれ違う。
折れた枝を杖代わりにして、遅いスピードながらしっかりと一歩ずつ歩いて来る。
休まず、リズムを変えず、少し左足を引きずりながら、同じリズムで歩き続ける。
すれ違う時に少し会釈をした。
少し歩いて振り返ると、彼女は相変わらず同じペースで歩き続けている。
...そっちの方角には、しばらくの距離下りる場所も休む所も住宅も無い。
夕陽は、あと1時間くらいで落ちてしまうだろう。


自分も、同じ様な老人に見えるのかなあ...そんな思いがちょっと頭を過った。
まあ、しょうがない。
この道も通り直せない道なんだから。

|

« ヒッコリーアイアン   (2016年1月16日) | トップページ | 230チタンの夢・終章 (前記事2010年1月)   (2016年1月19日) »

馬鹿は馬鹿なりに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/67836484

この記事へのトラックバック一覧です: 行く道だ   (2016年1月17日):

« ヒッコリーアイアン   (2016年1月16日) | トップページ | 230チタンの夢・終章 (前記事2010年1月)   (2016年1月19日) »