« まったく、もう・・・・ | トップページ | 今日で11月も終わって »

2016年11月28日 (月)

ゴルフの壁にぶち当たったら、グリップ変えてみろ!

Bu161128



やっぱり、まあ、暴論ですがね。
「壁にぶち当たって何年も進歩が無いと感じているゴルファーや、自分のゴルフを変えたいとか言うなら、ゴルフの常識なんてモノに縛られないで「グリップを変える」事が、一番簡単で一番即効の効果が出る」って事デス。

スイング軌道を変えるとか、アップライトやらフラットやら、インサイドアウトやらアウトサイドインやら、ダウンブローやらアッパーブローやら、自分のスイングの「部分」を変えるってのは本当に難しい。
自分じゃ今迄とは全く違うスイングに変えたつもりでいても、仲間に見せると「どこ変えたの?」なんて聞かれた経験は殆どのゴルファーに覚えがあるはずだ。

実際「プロなんかはトップの位置を5センチ変える事だって大変だ」なんて話は聞いた事があるだろう。

アベレージゴルファーじゃあ、右打ちを左打ちに変えでもしない限り仲間に「スイング変えたんだ!」なんて感想は聞けないはず。

しかし、グリップを変えればアベレージゴルファーだってスイングなんて簡単に変わる(もちろん良い格好に変わるとか、凄く上手くなるとは限らない)
そもそも今世界で主流、というかほぼ9割以上のゴルファーのグリップはバードングリップ(オーバーラッピンググリップ)かインターロッキンググリップだけど、これは元々我々より身体が大きくて腕力も強いイギリス人やアメリカ人が一般的にしたグリップ。
これが誰にも合う訳じゃないのは当然だろう。

以前の日本人は子供の頃から野球に親しんでいて、バットを振る事は誰でも体験していた。
その野球のバットスイングだと、飛んで来るボールを打つ為にどうしても身体を開いてから振る形になるので、ゴルフを始めた当初は野球と同じグリップ(ベースボールグリップ=テンフィンガーグリップ)で打ちに行って大スライスになる事が多かった。
それで右手を殺す形で両手に一体感を感じさせるバードングリップが、動かないボールを打つのに向いていると言う事になったのだ。

で、もう何年もゴルフをやっていて、100を切れるようにはなったけどそこで壁にぶつかってしまったとか、どうも何時もちゃんと当たった感じがしなくて飛距離が今ひとつとか、変なスイングのクセが抜けないのでなんとか変えたい、なんて人ならグリップを変えると良い。

例えばもっと右手を使えるテンフィンガーは最近やっと認められて来たが、そもそも宮本留吉は左手親指を外したテンフィンガーグリップであの球聖ボビー・ジョーンズにマッチプレーで勝っているし、逆オーバーラッピングならスティーブ・ジョーンズが1996年の全米オープンに勝っている。

逆にもっと右手の力を抜いて一体感のあるグリップにして、ヘッドをもっと走らせたいなんて考える人はダブルオーバーラッピンググリップがいい。
ダブルオーバーラッピンググリップならジム・ヒューリクが2003年の全米オープンに勝っている。

そしてそれほどグリップを変えたくないけど、ちゃんとボールに当てたいなんて小心な人は超フックグリップで打ってみると良い。
右手の甲が真上を向き、左手の平が真上を向く程の「横ニギリ」で振ってみると、手首をこねるとボールがとんでもない方に行くので、両手を出来るだけ大人しく振るようになる...まあ、インチキハンマー打法となる訳だけど、ボールはつかまる。
スイングってのは、まず「ボールをつかまえてから」という事で、あとはそれをどう生かすか考えれば良い。

自分のスイングがつまんなくなったら、こんな遊びで自分がどうなるか試してみる。
これは結構、目から鱗で自分の新しい姿が見えるようになる事が多い。


例によって、保証はしないけどね。

|

« まったく、もう・・・・ | トップページ | 今日で11月も終わって »

天下の暴論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/68619746

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフの壁にぶち当たったら、グリップ変えてみろ!:

« まったく、もう・・・・ | トップページ | 今日で11月も終わって »