« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

2017年の初練習

Bu170130先週、そんなに寒くはない日に「初打ち」に行って来た。
ラウンドではなく「初練習」。
12月27日の暴風の大原御宿以来、ほぼ一ヶ月振りにクラブに触った。
あのラウンドのパンチショットの感覚は、本当に久しぶりに「自分のゴルフがやれている」と言う感覚がして、なんだか一区切りついた気がしてしまったのだ。

よくわからないのだが、「満腹」になってしまった感覚に近い。
もっと温かくなればヒッコリーゴルフへの遊び心や、競技への闘志も湧いて来るのかもしれないが、今はまだまだやはり冬眠状態。
ラウンドしたい気持ちにはなっていない。

練習へも何となく行ったもので、あくまでクラブの感触を思い出す程度のつもり。
ハーフショット・ハーフスイングの練習を150球程度と思っていたけど...
ボールはいずれも思ったより左に出て行くものばかり。
身体が思った様には動いていないって事だろう・・・で思い当たるのはイラストの様な状態。
腰を意識的に回して肩を深く入れれば、打ちたい方向にボールは出て行く。
錆びついちゃってるな(笑)。

以前の天気予報よりかなり温かい日が続いている。
これからもこんな気温の日が続くなら、花粉症の始まる前に何回かラウンドしたいものだけど...きっといざ行くと決めると、気温が下がって真冬日になるんだろうな(まるで予想通りに行かない人生みたいに)。

でも、オープンコンペか、あるいは避寒地コースの散歩ラウンドか、あるいは漫画家コンペの直前飛び入りか...

ああ、1月も末になってやっとラウンドしたい気持ちが少し出て来たなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

世間の事

Bu170124_2


北の国じゃあ大雪になって、関東地方も朝は氷点下。
この辺じゃあ温かい房総半島も、今日の気温はー1度から7度。
まあ、まだまだゴルフの季節じゃないね。

世間じゃアメリカのトランプさん、本当に大統領になっちまったねえ。
大統領の就任演説読んだけど、言ってる事は意外とまとも。
世界の事より、まず自国の国民を豊かにしたいは当然の事と言えるし、その為に「グローバル化」とやらを一旦やめるというのもありだろう。

トランプと言う男、メディアで一斉に叩かれている程おかしな事は言ってない...というより、メディアが一斉に同じ方向の意見を書いて来る時には、「一歩下がって「本当にそうなのか?」と頭を冷やして他の意見を探してみる」事が出来るのが今のネット環境の良い所。
馬鹿な俺でも、大手メディアの「多数意見」(と言うより何かの意思のある偏向意見?)に流されないで、馬鹿は馬鹿なりにの考える材料を集める事が出来る。

TPPは廃止と言う事になりそうで、今一斉にトランプが拒否した事がニュースになっているけど、テレビや新聞じゃそれが「残念」と言う雰囲気ばかり。
でも、ちょっと前にはTPPは農業や医療の世界を崩壊させ、それぞれの国の伝統を破壊し、貧富の差を拡大させると言う意見も強かったんじゃないの?
まあ、馬鹿なりに考えれば儲かるのは輸出関連産業ぐらいで、人件費や材料費の安い国との価格競争に晒される分野はほぼ壊滅するだろうし、少数の勝ち組しか残らない弱肉強食の世界が訪れるだろうってのが想像出来る。
だいたい「グローバル化」って言葉が良い事ばかりの様に報道されて来たけど、つまりは世界が分業制になるだけで良い目を見るのはごく一部だけ、と馬鹿は感じているんだが。
価格は安くなるかもしれないけど、結局それはすぐに自分達の仕事の首を締める結果になって...
...TPPって、廃止になって良かったんじゃないの?
EUだって理想はわかるけど、難民問題や経済の問題で各国の伝統や文化や生活が危機に瀕する事が現実となって、共同体ではなくて「誇らしい我が祖国」の時代への回帰を目指す勢力が力をつけて多数派となりつつあるみたいだし。

そんな風に思うんだけど、所詮馬鹿にはよくわからん。

それしても、トランプと言う男...本物の大物なのか時勢の生んだ紛い物なのか。
今朝のニュースじゃ、日本の車がアメリカで売れてアメリカの車が日本で売れないのは公平じゃない、なんて言ってたけれど。
(正直日本車より安くたって、まずアメ車は買わないよなあ...でかいし、燃費悪いし、故障が多いし修理費高いし...)
見た感じは、なんか肉食って育った大きな身体で、太い腕を力任せに風車のようにブンブン振り回す、アメコミのヘビー級ボクサーみたい。

演技なのか、あれが地なのか...もう少し時間をかけて正体を見極めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世間の事

Bu170124


北の国じゃあ大雪になって、関東地方も朝は氷点下。
この辺じゃあ温かい房総半島も、今日の気温はー1度から7度。
まあ、まだまだゴルフの季節じゃないね。

世間じゃアメリカのトランプさん、本当に大統領になっちまったねえ。
大統領の就任演説読んだけど、言ってる事は意外とまとも。
世界の事より、まず自国の国民を豊かにしたいは当然の事と言えるし、その為に「グローバル化」とやらを一旦やめるというのもありだろう。

トランプと言う男、メディアで一斉に叩かれている程おかしな事は言ってない...というより、メディアが一斉に同じ方向の意見を書いて来る時には、「一歩下がって「本当にそうなのか?」と頭を冷やして他の意見を探してみる」事が出来るのが今のネット環境の良い所。
馬鹿な俺でも、大手メディアの「多数意見」(と言うより何かの意思のある偏向意見?)に流されないで、馬鹿は馬鹿なりにの考える材料を集める事が出来る。

TPPは廃止と言う事になりそうで、今一斉にトランプが拒否した事がニュースになっているけど、テレビや新聞じゃそれが「残念」と言う雰囲気ばかり。
でも、ちょっと前にはTPPは農業や医療の世界を崩壊させ、それぞれの国の伝統を破壊し、貧富の差を拡大させると言う意見も強かったんじゃないの?
まあ、馬鹿なりに考えれば儲かるのは輸出関連産業ぐらいで、人件費や材料費の安い国との価格競争に晒される分野はほぼ壊滅するだろうし、少数の勝ち組しか残らない弱肉強食の世界が訪れるだろうってのが想像出来る。
だいたい「グローバル化」って言葉が良い事ばかりの様に報道されて来たけど、つまりは世界が分業制になるだけで良い目を見るのはごく一部だけ、と馬鹿は感じているんだが。
価格は安くなるかもしれないけど、結局それはすぐに自分達の仕事の首を締める結果になって...
...TPPって、廃止になって良かったんじゃないの?
EUだって理想はわかるけど、難民問題や経済の問題で各国の伝統や文化や生活が危機に瀕する事が現実となって、共同体ではなくて「誇らしい我が祖国」の時代への回帰を目指す勢力が力をつけて多数派となりつつあるみたいだし。

そんな風に思うんだけど、所詮馬鹿にはよくわからん。

それしても、トランプと言う男...本物の大物なのか時勢の生んだ紛い物なのか。
今朝のニュースじゃ、日本の車がアメリカで売れてアメリカの車が日本で売れないのは公平じゃない、なんて言ってたけれど。
(正直日本車より安くたって、まずアメ車は買わないよなあ...でかいし、燃費悪いし、故障が多いし修理費高いし...)
見た感じは、なんか肉食って育った大きな身体で、太い腕を力任せに風車のようにブンブン振り回す、アメコミのヘビー級ボクサーみたい。

演技なのか、あれが地なのか...もう少し時間をかけて正体を見極めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

84歳のパンチショット

Bu170119_2


オープンコンペに一人で参加していると、実に様々な「他の場所では絶対に無い」出会いがあって面白い。

関東地方北部の、初めてラウンドするコースでのオープンコンペだった。
天気予報が気になって、ネットでエントリーしたのが二日前...幸い空きがあるとかで参加する事が出来たが、何とコンペのトップスタート。
いずれも一人参加の「直前申し込み」の人ばかり、とあとで知った。

朝、カートの前で挨拶すると私ともう一人が「このコース初めて」で、もう一人が「二度目です」。
そして、朝からコースの人と豪快にお喋りして笑っていたベテランゴルファーが「ここは私の庭の様なもんです」。

彼を除いた3人はいずれも60代で、そのベテランゴルファーは「ひょっとして70代ですか?」の質問に「ワッハッハッハ」...答えない。
スタートすると、みんな腕は見似た様なものとわかる。
Aさんは、このコースは初めてだけど年間50ラウンドはすると言う悠々自適のゴルファー...「いつも一緒に回る仲間が、このコースは意外と良いぞ」と言っていたんで、来てみました」
少し若いBさんはこのコースは二度目だが、「ずっと昔だったんで、全然コース覚えていません」と言う、新兵器ばかりで武装した熱中ゴルファー。

で、問題のこの人。
「俺ァ、70歳なんかずっと昔に過ぎちまったよ」なんてカンラカンラと高笑いして、ボールを引っ叩く。
「俺ァ、今年で84だよ!」
で、バッチーン。

年を聞いて絶句する3人に、「もう年だから、飛びやしねえよ」と言いながら、バッチーン!
確かに年の為に身体が硬くなっているようで、身体を奇麗に捩じれない...右にターン知れば身体ごと、インパクト以降は状態と一緒に右足も回ってしまうので、とてもフィニッシュの格好は良くない。
が、驚くべきはそのインパクトの強さ...実にいいタイミングで上から叩き込む。
そのインパクトの強さのわりに飛距離は出ないが。
ドライバーも上から叩き込むので、やはりインパクトの音はいいけれど..200ヤードにはとても届かない。
しかし、4番アイアンからウェッジ迄アイアンはいずれも奇麗にダウンブローで叩き込む...見事なパンチショットになっていて、インパクトの形は美しい。
ボールは年寄りじみた「ポ〜ン」と言う弾道ではなく、「バシュッ」と言う音で低くいい感じで出て行く...悲しいかな、パワーが足りずに途中で失速気味で伸びは無いが、「若い頃はさぞかし良い弾道で飛ばしていたんだろうな」と思わせる。

「すげえなあ」
「70代でゴルフやっている人は凄いと思ってたけど、なんだよこの人バケモンかよ」
「80越えて、アイアンでしっかりターフとって、インパクトであんないい音出せるなんて...」
「確かに飛ばないけど、フェアウェイ外さないぜ」
「もっと飛ばして、ドラコン本気でとるつもりみたい...!」
「俺は、あの年になった時にゴルフ楽しんでいられるかなあ」
「いや...俺は絶対に、あの年まで生きていないよ」


実際に目で見なければ信じられない現実だった。
あのレジェンドのプロゴルファー達だって、80を越えるといかにも「年寄り」のゴルフスイングになってしまうのをテレビで見ていた。
確かに身体が硬くなっている為に奇麗なフィニッシュにはならないけれど、あれだけ強く「ボールをヒット」している80代のゴルファーには初めて会った。
以前、やはりオープンコンペで一緒になって、私に「60代は俺に言わせりゃ、まだ若造だ!」と言った80歳越えの「柔道の先生ゴルファー」も、スイングはポーンポーンと当てるだけのゴルフだったし。

80歳を超えてのゴルフ....今の自分には想像もできない。
その年まで生きていると言うイメージも無いのに、その上ゴルフを一人でプレーしに来て、「全ショット・ボールをハードヒット」出来るなんて...

彼はラウンド中ずっと豪快に笑い、私の変態曲げショットに「いやあ、あんたは面白い!」と歓声を上げ、パーオンやパーパットを逃すと子供のように悔しがっていた。



スコアはともかく...60代3人はラウンド後、彼に深く最敬礼した。

そして、顔を見合わせて深くため息をついた。
「まいった...」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

パソコンが...

Bu170114


いよいよダメかもしれない。

なんと言っても今使っているのは2005年のパワーマック。
パワーpcを使ったG5の最終型だ。

当時のマックの最高峰で、私も中古になる迄手が出なかった憧れのマックだった。

メモリーは10GB積み、私の描く様な2次元のイラストには十分過ぎる性能だった。
その後のマックはパワーPCの搭載をやめ、ますます性能は上がって行ったけれど、私の仕事にはこれで十分なので、慣れた古いフォトショップとペインターを使って十年以上このパソコンで仕事を続けて来た。

が、そろそろダメになるかもしれない。
もうとっくにネットのスピードにはついて行けず、動画はもちろん2次元イラストでさえ表示出来ないものが増えて来た。
今ネットで使えるのはブログのアップと、メールくらいだ。
ユーチューブなんかもとてもスムーズには動かず、やっと内容がわかる程度...ネット環境を何度か変えたが、あまり速くはならなかった。

それが今日は、フォトショップでの仕事やサファリでのブログの更新でフリーズを繰り返し、起動を繰り返す事10回以上...
今こうやって安定する迄、このパソコンをほぼ諦めかけたくらい。

一応予備のパソコンはあるが、それもG5のワンランク下のモデル。
新しいMac(と言っても中古のiMacくらい)にでも買い替えたいとは思っているけど、そうなるとフォトショットやらのソフトやペンタブも買い替えなければならず、結構面倒で大きな負担にもなってしまう。

なんとかヨタヨタでも、もう少しG5に頑張って欲しいけど...今時、こんなパソコンで仕事をしているのは私くらいだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

寒波か...

Bu170113


そろそろ練習にでも...と思った所で、寒波だと?

これから寒くなって、最高気温が一桁の日が続くらしい。
2月6日頃にコンペがあるんだけれど、毎年この時期は寒さの為に不参加だし...
寒くなるとどうしても不整脈が出やすいようだし、血圧も上がる。

ただ暖かくなったにしても、2月からは早い花粉が飛び始めるようだし、当分ゴルフには向かない気候になるんだよなあ...

「最終的かつ不可逆的解決の条約」の意味が、国民全部が理解出来ない国...価値観も道徳観も真逆で、「親日」を罪とする国と、何故付き合わなくてはいけないんだろうか?
今後一切のお付き合いをしない事を望むのが、日本人の総意だろう。
「隣だから」と言う事が、付き合わなければいけない理由になんか絶対にならない...「席が隣だからあたし達親友よね」と言うような、世間知らずの(おバカな)お嬢様でもあるまいし。

松山、やっぱりパットか...ショットが出来上がっているのでこれからが楽しみ。
でも、やっぱり今のゴルフの中継はまるでサーカス見ているようで、なんの参考にもなりゃしない。
ゴルフは見るもんじゃなくて、自分流のプレーの楽しみを楽しむものだな。

地元の神社で、何年か振りの大吉!
今年は、去年よりいいことあるかもなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

まだまだ冬で..

Bu170108


今日は雨だけど、こんな冬にはきっと大雪も降るだろうなあ。
8日にはホームで新年杯があったけど、天気予報見てエントリーせず。
と言うより、去年の暮れ27日の漫画家コンペ以来、クラブに触っていない。
あのコンペでは大荒れの天気の中、もう十年振り以上になるだろう「感触の良いパンチショット」が打てて、すっかり満足してしまった部分がある。

次のラウンドからは、きっとあの思い出した「昔のゴルフ」で、ずっと楽しめると言う予感があるので、寒さで凍える様な天気の下ではゴルフはやりたくない。
最高気温が15度に近い晴天の日、房総半島ででも初打ちに出るつもり。
まあ、それまでは冬眠を決め込もう。

ヒッコリーのゴルフも春になる迄はお休みだ。
一応使えるクラブは揃ったし、新たにオクで探すつもりも無いし。
そのヒッコリーで思い出したが、昨年暮れのコンペの際、ヤフオクにヒッコリークラブを大量出品している、動物の名前の古道具屋に立ち寄った時の事。
オクの写真で見るクラブは、ウッドはヘッドやシャフトになんだかわからないニスをベタベタに塗り込んであり、アイアンもシャフトにニスが塗り込んであるように見える。
それで、状態が良ければ欲しいクラブがあった為に、コースに行く通り道なので店に立ち寄ってみた。
ところが...だ。
この店は客が居なくてガラガラだったので、店の主人に「オクで出品しているヒッコリークラブの現物を見たいんですが」「問題が無ければここで買いたい」と言うと、「現物は2階にあるけれど、見せる事は出来ない」と言う。
つまりオクで入札しなければ見せられない、と言われた。
わざわざ店に来て現物を見たいと言う客に、「現物は見せない、オクで買え」と言う店の姿勢...
もちろんこの店は自分の中では「うさんくさい、騙す気満々の店」としてメモして、入札はしない事にした。
ヒッコリークラブは5〜60本あると言うから、中には良いモノもあるとは思うけれど、こうした姿勢の店から買う時には「ダメで元々」と言う事を覚悟してから入札する事だ。

...まだ、冬眠を決め込んだゴルフの虫は騒ぎ出さない。
海の向こうじゃ、松山が何かやりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

また...

Bu170104



いやあ...2017年...

うちの奥さんの実家への年始の挨拶の帰り、去年と同じく東伏見稲荷で初詣。
去年はここで「凶」を引いたのが、そもそものドタバタの始まり。
気分転換に浅草浅草寺でおみくじを引き直したら、何と「大凶」!
そもそも浅草寺と言うのは「大凶」が多いので有名らしいが、見ているとあちこちで

「キャー」と言う悲鳴やら、仲間連れの中で一人崩れ落ちたり、着物姿でバッグを取り落として呆然とする姿が...
まあ、この浅草寺では出た「凶」や「大凶」は、ここに設置してある棒に結んでおいて行くものらしい。
他のおみくじは持ち帰って、ここに結んではいけないと書いてある...浅草寺で「凶」や「大凶」はお祓いしてもらえると考えれば、それも有りかとは思う。

が、新年早々気が重くなるのは確かで、去年は腹が立って引き直したら「吉」が出るまで3回かかった(笑)。

で、今年の東伏見稲荷でのおみくじは....なんだこれ?の「凶のち吉」!
なにそれ?と読んでみると、その言葉通り「はじめは凶だがだんだん吉になる」という運勢らしい。

...う〜〜〜ん。
また浅草で引いてみるかなあ。

でも、また「大凶」だったらどうしよう。
俺の人生、いよいよなんかありそうな....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

新年が始まりました

Bu170101b



新年おめでとうございます。


油断するとあっという間にすり抜けて行ってしまう一年を、ガッチリ捕まえ、味わって、笑って終わる一年にしたいものです。

どこかで出会ったら、是非一緒に楽しみたいと願っています。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »