« そろそろ桜が... | トップページ | 時は4月  頃は春 »

2017年3月31日 (金)

もう一つの趣味・双眼鏡

Bu170331



最近は毎日欠かさず散歩をしている。
今は全ての原稿がメール入稿になってしまったので都内に出て歩く事も殆ど無くなり、ゴルフのラウンドも減った為に、ジムにでも行かないと絶対に運動不足になる。
このままでは肥満と共に筋力も衰えるのは必然。

ただ、ジムの「室内で汗を流す」事があまり好きではない為に、毎日5千歩以上歩く事にした...のんびりのジジババ散歩ではなく、汗をかく為の「速歩」だ。
ただし、毎日同じ所じゃ飽きて気持ちが続かない。
で、毎日方向を変えて出かける事にし、おまけに何か「目的」あるいは「寄り道をする事にした。

その目的あるいは寄り道は、風景見物・植物見物に鳥見だ。
他にハンバーガーショップでの読書や1円パチンコでの気晴らしなども取り混ぜて、毎日の散歩が同じになって気持ちが切れないように工夫している。
その為にヒップバッグにお絵描き道具と文庫本、それにこの双眼鏡を常時入れて出かける。

この双眼鏡は、一時期ツアイス・ライカ・スワロフスキー・ニコン・ビクセン・高椅他...口径も大きさも違う1級品だけを60台以上オクで集めて、見比べて楽しんだ時期があった。
そんな中で、実際に星や鳥、風景や野の花や昆虫などを見比べて、殆どを売り払い自分が使いやすくよりよく見えると感じたものを4種類・6台だけ残した。
その結果は世の評判とは違い、スワロフスキーやライカ・ツアイスは手元に残さなかった。
その理由は追々書いて行く。

この常時携帯のニコン8x20HGは、こうした小型の双眼鏡の中で抜群の解像度と明るさだった。
自分の感覚では同口径のツアイスやライカ、スワロフスキーなどより数段よく見えると感じたので残した。
この「HG」は、レンズ製作で使う鉛が公害の元凶となるという理由で、鉛を使わずに作られたHGLよりずっとよく見えると感じている旧型の方だ。

これで見るのは散歩の途中の野の花や木々の姿、鳥や魚や昆虫を良く見たい時に実に役に立つ。
また意外な所では、最短焦点距離が短いので居酒屋での黒板メニューやお薦めの文字を読む時や、展覧会での作品をアップで見るときにも役に立つ。
防水でもあり、バッグのポケットに入れておいて全く邪魔にならない。
定価で5万する高級品だが、その価値はある。
ネットで状態の良いモノが2〜3万であったら「買い」だろう。
(星も結構良く見える)。

|

« そろそろ桜が... | トップページ | 時は4月  頃は春 »

双眼鏡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/70108809

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの趣味・双眼鏡:

« そろそろ桜が... | トップページ | 時は4月  頃は春 »