« 術後10日目の運動(ゴルフ練習場) | トップページ | 手術後2週間経過 »

2017年5月26日 (金)

これからの俺のゴルフ「楽しみスタイル」考

Bu170523



結局2017年の前半シーズンをフイにしてしまったけれど、ずっと悩んでいた不整脈が改善されれば大した事じゃない。
この十年以上、18ホール通してのラウンドにずっとあった不安が無くなれば、本当に「これから」のラウンドが楽しみになる。
とは言っても、年金も無い稼ぎの少ない自分にはラウンド数を多くする事は出来ない話。
土・日のラウンドは(プレーフィーが高いので)ホームの月例ぐらいだが、それも年に1〜2回と言う所で、遊べるのは平日にまだ回った事の無い「評判の良いコース」を旅ゴルフで回るか、漫画家コンペなどに参加するか、オープンコンペに飛び込みするかだ。
今、自分のゴルフ遊びを考えてみると、3種類の遊びを平行してやっている。
まず、一応ゴルフルールに則った道具を使った「スコアをつける」ゴルフ。
月例や、オープンコンペなどではこれを使うしか無いが、漫画家コンペでは「ヒッコリーに糸巻きスモールボールでいい?」と聞いて、ダメならこれらを使う(ヒッコリークラブも糸巻きスモールボールもゴルフルール違反)。
次にパーシモンに古いアイアン、それに糸巻きラージボールで遊ぶ「昭和ノスタルジックゴルフ」。
これは、一緒にラウンドする人がこれに拘っている場合のみ遊ぶ事になるのであまり遊ぶ機会は無い。
最後に集めた古いヒッコリーシャフトクラブに糸巻きスモールボールで遊ぶ、「純粋芝上球打ち散歩ゴルフ」。
「ただ打つ事」ではこれが一番楽しいが、長い距離のコースではちょっと厳しい。
(フルショットをすると壊れてしまうので、ハーフショット中心で回るから)
それとヒッコリークラブというのは、近いうちに必ず壊れるクラブである事で、何時迄遊べるかは全く判らない(八十年百年経っているものが多い)。
旅ゴルフでは殆どこちらを使うけれど、奥さんと同じ様な飛距離になるのでこれは楽しい。
...今迄出会って来た沢山の数のゴルファー...特にある程度年をとったベテランゴルファー達は、高齢になるほど残った自分のラウンドをより純粋に楽しみたいと言う人が多かった。
エージシュートを狙う人を除いて、殆どの人がその日のスコアには執着していなかった。
そして、その日ゴルフをやれた事に感謝の気持ちを語る人が多かった。
俺もこれからはラウンドする度に、以前よりゴルフの神様や日本のヤオヨロズの神々に感謝すると思う。
...大丈夫だと頭で理解はしていても、心臓なんかに手を入れなければいけない状況になると、心の奥底で「生かされている事」を感じて、何者かに感謝して謙虚な気持ちになるもんだ。

|

« 術後10日目の運動(ゴルフ練習場) | トップページ | 手術後2週間経過 »

ジジーのゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1457285/70676399

この記事へのトラックバック一覧です: これからの俺のゴルフ「楽しみスタイル」考:

« 術後10日目の運動(ゴルフ練習場) | トップページ | 手術後2週間経過 »