今日は今日とて

2017年4月19日 (水)

品行方正?

Bu170419



あと1ヶ月後、5月15日の手術の為に品行方正な日々を送っている。

酒を(ほとんど)飲まず、ゴルフもやらず、車中泊旅行にも行かず、毎日5千歩程歩き、大食いもせず、しっかり眠り、仕事を真面目にし続ける...

ああ、なんてつまらん!
そりゃあね、不整脈を治してしっかりゴルフも旅も酒も楽しめるように、と今は我慢しているんだけどね。
元々俗物軽薄意志薄弱なオレの事、こんな生活つまらないったら無い。
かろうじて楽しんみは、散歩の途中で1〜2時間程1円パチンコに寄ったり、ドトールやマックで珈琲飲みながら文庫本を読む事くらい。

しかし、昨日3ヶ月に一回の病院での定期診察を受けて来たが、確かに健康にはなって来たのかもしれない。
この診察前には毎回必ず採血して、36種類もの検査結果を受け取るのだが...ワーファリン関連の項目以外で基準から外れた数値は、尿酸値が7・6というのと、中性脂肪が240あまりになっている事だけ。
尿酸値は酒を飲んでいる時には7・8〜8・0位だったから少し下がった.
中性脂肪は若く太っていないときから400〜500の数字が出ていて、医師に「その体でこれは遺伝性かもにれないね」なんて言われて来たが、いまは240〜50くらいで落ち着いている。
「一病息災」とはよく言ったものだと思う。
体に自信があった頃は健康診断も受けず、医者に行った事がないのが自慢だったけれど、不整脈で定期的に診察を受けるようになり、その度に採血をして検査結果が分かるので、自分の体の状態が継続して理解出来る。
自分なりに修正が出来る。

健康自慢でこういう診察を受けていなかった九州の親友のように、いきなりくも膜下出血や脳梗塞に襲われてしまうと、取り返しがつかない事になってしまう。
自分にとっては十年前に不整脈になった事は、長い眼で見ると結局ラッキーだったのではないか?

5月に入ると、手術が終わって退院する迄の一気の流れが始まってしまうので、これから4月中に仕事の整理や準備をしておかなければならない。

桜がすっかり散って、もう春の真っ盛りなのに...
今年は、ちょっと落ち着かないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

年齢

Bu170416


聞いた話では、あの「サザエさん」の父親の「波平さん」の年齢は54歳だそうで...

国民的テレビアニメとあって、殆どの日本人は一度は見た事が有るだろう。
そして、その家族構成は別に違和感も無くずっと受け入れられて来たんだろう。
しかし、今現在の我々の生活の姿とあらためて比べてみると、その変化に驚く。

以前は多かった3世代同居というのがまず少なくなって来たし、あのように「特に金持ちでもないのに」ゆとりの有るスペースでの暮らしもまず今は無理。
初期設定はもう既に61年前の漫画であるから、今の時代と生活そのものが違って来ているのはしょうがない。
でも一番違和感が強いのがその年齢設定。

特に父親役の波平氏。
自分の感覚では、もうとっくにおじいさん...仕事にも生活にも疲れた「老人」のイメージだったが、何と調べてみるとその設定は54歳!
違う...!
今なら54歳というのは、まだ青春の尻尾を引き摺っている若者の成れの果て。
まだまだ色々なものを諦め切れず、輝く若さへの未練たっぷりの中年のなり損ない。
...自分がそうだった。
60になると、流石に色々な未練を断たねばならないと考えるが、それでも自分が年をとったとは認め難い。
なのに、60年前のあの世代の枯れようは、なんとも...

今の感覚では、波平氏は70半ばだろう。
オレにさえずっと年上に見えるもの。

現在の周りの姿を見てみると、今の30そこそこの青年はまるで子供(少年)のようだし、40過ぎても、まだまだ青年に見える。
昔の戦国の頃の若者は19歳で既に今の30過ぎの若者よりしっかりしていたと聞く。
当時の平均年齢40半ばでは、それでも人生の半分に達していたが。
寿命と年齢...それは、今現在の平均寿命が男80・79歳、女87・75歳という事と関係あるんだろう。
考えるに、寿命40歳なら40年の、80歳なら80年の、人生の中身の量や濃さは何時の時代も変わらないのではないか?
・・・ならば、我々の人生の今を流れる中身の濃さは昔の40年の人生の濃さの半分なのかもしれない。
つまり、同じ中身が倍に間延びしているって訳だ...それなら、妙に納得出来る様な気がする。


それに、そう考えると今の俺の年齢も戦国時代なら30代前半...まだまだ壮年て訳だし(笑)。
まあ、それも、人生で成し遂げられるものが昔の今も同じとしての話だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

今日から、春の祭りのマスターズ

Bu170406


世界のきな臭い匂いは強くなるばかりだけれど、今日4月6日、あのオーガスタナショナルでゴルフの祭典「マスターズ」が始まる。

日本では入学式が一斉に行われ、桜はまだ満開にはならずともようやく花の明るさを見せて来た。
今日の夜から来週の月曜日迄、睡眠不足の日が続きそうだが...この祭典が、ゴルフをやる気を呼び起こして無事に済む事を心から願う。
優勝は誰だっていいんだけれど、あのカブレラのサムアップの時の様な記憶に残るエピソードをいくつも残して欲しい。

もう本当に春なんだ...

桜の花が散りはじめて、幻想的な花吹雪を見られるのは一週間くらい後になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

時は4月  頃は春

Bu170403



今年は少し桜が遅い。
近所の桜は、まだ5分咲きくらい。

温かくなったり、冷え込んだりして季節が移って行くのを感じる。
5月の手術を控えて、酒を飲んだりゴルフをしたりをしていない。

今週、ゴルフの春のお祭り「マスターズ」が始まる。
ゴルフシーズンの到来を飾る一大イベントだ。
不思議なもので30数年前にゴルフを始めた時に、なんのあても無かったのに自分はこのマスターズに出られる、なんて感じていた。
もちろんそんな事は素人ビギナーの勘違い甚だしい夢想であって、イギリスのセントアンドリュースを始めとする古いコースに行けるとか、海外の名コースと呼ばれるコースや国内の名門コースと言われるコースで将来プレー出来るとかの夢と一緒に、今は霧の彼方に消えて行った。

ただ、ゴルフというゲームの面白さは十分楽しむ事が出来た。
これからも数字遊びではない自分なりのゴルフの楽しみの追求は続くだろう。

俺の人生はこんなはずじゃなかったと、ベッドで言う友がいる。
4月に生まれて春が嫌いな女性がいる。
もう15年も家に入れては貰えないけど、今でも奥さんを愛していると言う男がいる。
一度だけの一瞬の夏を、死ぬ迄忘れないという男がいる。


さて、人生の終点はもうかなり近くなっている。
でも、これから行く道がどうなるかなんて誰にも判らない。
あとどれだけの距離をどこに行くのか、考えても判らないものに浮いたり沈んだりしていられない。

春の次には、夏が来るんだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

そろそろ桜が...

Bu170329



例年ならもうすっかり桜の花が開いている時期なんだけどな。

まだ川縁の桜はチラホラと咲き始めたばかり。
散歩して感じる風も、まだ少し冬の名残の冷たさが。

いい季節なんだよなあ...
マスクを普通はしているし、ゴルフに行く事も無いから今年はまずまず花粉症は押さえ込んでいる。
時々くしゃみが出たり、目が痒くなったりはしているけど。

酒は晩酌で飲んでも350ml1缶飲まない。
ゴルフの予定は、本来漫画家コンペが5月にあるけど、どうするか未定。
近場ならゴルフしてもいいとは思うんだけど、4月は11日・13日・18日に病院に行って検査やら定期検診やら有るので、遊ぶ予定が入れられない。
4月6日からはマスターズが始まるし、ゴルフシーズンの到来なんだがなあ...

今はみんな「中途半端」な気持ち。
これを切っ掛けに断捨離も始めなくちゃと思っているし、半端で終わっているものをまとめなくちゃとも思っている。

ライブドアブログで書き直している「ゴルフな人々」のシリーズや、「ゴルの名言勝手に解釈」「忘れられないプロゴルファー」のシリーズも着実にアップして、昔のものは消して行く作業も進めている。

そんな「整理」と共に、これから始める事も、桜の花が散り終わる迄に考えておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

手術日が決まりました!

Bu170321


今日、今後のスケジュールが決まりました。
D医大病院のN先生にお会いして、不整脈治療についての今後の方針が決まりました。
N先生は実に落ち着いた物腰の柔らかい紳士で、偉ぶったり肩肘の張った所の無い方で、話をした瞬間にこの先生に任せる事を決めました。

フリーの仕事で40数年を生きて来た中で、こうした出会いの瞬間に信じるかどうかを判断し続けて来て「今」が有る訳で、嫌な感じがしたら任せる事が出来ない判断もあり得ました。
なんたって、自分の命を任せる訳ですからその直感には命をかけてました。



この不整脈というもの、「発作性」のうちは1週間で収まって「何があったの?」という感じになり、ついそのままにしがちですが...「発作性」の不整脈を何度も繰り返すと、それがだんだん「持続性」になってしまって手術をしても完治率が下がってしまうとか...
以前の私と同じように「脈が飛ぶ」程度の不整脈であっても、より悪化する前にこのカテーテル手術をするという選択肢も考えた方がいいと言う事、頭に入れておいた方がいい。

他に先生からのお話の中で、「血圧が高い事」は再発する確率が上がるので生活を改善する事...具体的には塩分控えめの食事をする事・酒を飲み過ぎない事に注意。
これは耳が痛い事だった。
毎日仕事が一段落した午前零時頃から、缶酎ハイ2本と結構多めの摘みでの晩酌をしている事が、この「塩分多め」と「高血圧」に影響している事は明らか。
以前は日本酒に珍味で一杯だったから、もっと心臓に悪い事を長年して来た訳だ。

反省、反省。
もっと長くゴルフと自然と旅を楽しむ為には、今は我慢して節制摂生。
そんなオレの生活を見直す切っ掛けとして、この不整脈は意味があったと思いたい。

世の中の不整脈をお持ちのご同輩、私の経験がその方々の参考になるように、これから折々その経過を記しておきます。

まずは5月13日入院の15日手術です。
(その前に検査あり)
入院生活は初めてなので、さてどうなりますか...
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

やっと収まったみたい

Bu170315



7日からの酷い不整脈がやっと収まったようだ。
ほぼ7日間は脈がバラバラの状態が続き、8日目に少し規則的な脈が多くなって来て脈拍も90以上から80台になり、今日になって時々飛びはしても脈拍が60台から70台になって来た。

こんな不整脈の話ばかり書いてもしょうがないだろう、という思いもあったけれど、コメントに実に役に立つアドバイスを書いて頂いたTakeさんや、ゴルフ好きのヘボゴルファー医師さんから「沢山居るはずの同じ病気の人たちの参考になるように」との言葉で考えを改め、この話を「ゴルフを楽しむ為の闘病記」としてでも描き続けてみようと思っている。
なにしろこんな経験は初めての為、とりあえず何をしたらいいのか訳が分からない事も多く、自分の壁にぶち当たりながらの「迷い道ウロウロ」体験記が同じ様な悩みを持つゴルファー達の参考になれば、と思っている。

自分じゃ30代40代、下手すりゃ高校時代のあの頃から「オレは変わってない」と思ってたのに、気がついてみればもう60代後半だった、なんて...まるで「嘘だ!なんじゃこりゃー!」「これは詐欺だ!」「オレはまだそんなジジーになったつもりは無いぞ〜!」てな感じで鏡に向かって騒いでいるのが今のリアル。
鏡を見てみりゃこのジジー、身体があちこち壊れるくらいは当たり前の年齢だ。
なのに何を勘違いしているんだか、悟りもしなけりゃ諦めたくもない、認めなくちゃいけない事実は心が痛む事ばかりなので、眼を瞑って誤摩化そうだって(笑)。
ジジーになれば人間が出来る、なんてのは大間違い。
ゴルフやってみればよく判る...80過ぎたって男はみんなガキばっかり。
飛ばしで負けりゃあ、青筋立てて血管切れるくらいの鬼の形相で引っ叩く。
20円のティーをいつまでも必死で探し、そっとコインを5ミリずらしたり、出ベソになる迄前に出て、言い訳しながらバンカーに入り、自分の不幸と他人のラッキーを愚痴と自虐で触れ回る...身に覚えは無いってか?
結局男ってなあ、本質は何時まで経っても子供じゃないか、って事。

そんな「遊びをせんとて生まれけむ」のこの世界、まだまだ遊び足りないんだよね。
ヒッコリーゴルフもやりたいし、黒トップでパンチショットも楽しみたいし、酒も旅も楽しみたい。
故障は速く修理して、俗物らしく楽しみたい。

今日は、脈が平常近くに戻った為か、心も身体もちょっと軽い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

治らないなあ

Bu170313


酷い不整脈が起きてから1週間経つけど、まだ治っていない。

いつもは60くらいの脈拍が、ずっと90〜100ある。
ただし、これは不整脈が続いている為に血圧計で測ると「エラー」となる事が多く、やっと測れたケースでは脈の速い部分で計算しているからの様だ。
しかし、相変わらずリズムはバラバラで、胸の違和感というか不愉快な感じはずっと同じ。
これでは、ゴルフなんてとてもする気にならないし、酒も飲めない。
明日、ずっと今迄不整脈を診てもらっている病院の担当医の居る曜日なので、カテーテル手術の相談に行く予定だけど、担当医と言う医師もある医大系から1〜2年の期間で交代でやって来ている若い医師なので、ずっと以前から同じ医師に診てもらっている訳ではない。
今の担当の医師とは、まだ2〜3回診てもらっただけなので、どこ迄そうした話を理解してもらえるかがちょっと不安。

(そういえば...今の医師の前の担当医師は凄く可愛らしい若く魅力的な女医さんで、その前で血圧を測るといつも高くなり過ぎて....オレもまだ枯れてないんだなあ、と自分で呆れていたっけ(笑)。)

まあ、それはそれとして。
読者の方々から頂いた、こうした手術の情報や、カテーテル手術に定評のある名医の紹介を色々とありがとうございます。
こんなちっぽけなブログでも、こうした情報を頂ける読者の方がいらっしゃると言う事、実に有り難いと感謝しています。
正直、大きな手術なんて言うのははじめての体験で、ビビっている部分も大いにありますが、このままではどうにもならないし大きな事故やミスに繋がる事が心配で、クルマの運転も心配になります。
今の所ただ胸が気持ち悪いだけで、意識の障害や他の症状は一切無いけれど、覚悟は決めました。

まだまだ、旅ゴルフとヒッコリーゴルフを楽しみたいので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

不整脈のカテーテルオペ...

Bu170310


ずっと薬を飲み続けていての今回の不整脈。
2月はじめ頃から、ちょっと調子がおかしいとは思っていた。
2月はじめの某新聞社の執筆者懇親会では、パーティーの最中に脈が速くなって不整脈が酷くなり、1次会で帰る事にした。
その後の2度のゴルフの機会にも、朝から脈の飛びが始まり、昼には不整脈が感じ取れた。
今回の漫画家コンペでは、すっかりいつもの脈のリズムは乱れてしまい、あれから3日経った今でも相変わらず脈はデタラメに打ち、血圧を測るとエラーになる事が多く、やっとはかれても安静時にも関わらず脈拍は90を越えている。
普段は60前後なのに。

医者はこの不整脈はすぐに命に直接関わる事は無いというが、不整脈が起き続けている限り血栓が出来て脳梗塞や心筋梗塞になる危険は消えない。
薬を飲み続けていても、こうした不整脈が起きると言う事は、そうした可能性が少なくないと自分では感じられる。

一つの解決手段としてあるのが、「心臓のカテーテルオペ」である事は知っている。
それほど手術自体の危険性は無く、成功率も高く、それですっかり不整脈が無くなって元気に暮らしている人の話はよく聞く。
ただ、この手術は心臓を扱うものなので、その成功率はあくまで手術する医者の腕に寄る、と言う事もネットなどでよく見る。
この手術の最後は結局医師の腕の感覚次第なんだと。

正直、心臓手術は不安だ。
医療の関係の知り合いは今は無く、どこの病院のどういう先生が優秀で、どうやってその先生に紹介してもらって手術を受ければいいか、というルートが無い。
埼玉・越谷在住の私に、どなたかそんなコネや知り合いがいらっしゃるなら、是非紹介して頂ければと切に思っている。


出来るだけの情報はネットで調べているけれど、知識不足で不安で一杯だ(情け無い)。
が、とりあえず来週の火曜日には今迄の担当の医師に相談してみる事にする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

花粉症と不整脈が...

Bu170308


昨日は、バレンタインカップ春のコンペ。

が、結局ラウンド後、家に帰ってから深夜救急で不整脈を手当してもらう事になってしまった。
今日は改めて病院に行って、循環器科で診察、検査、治療をしてもらって先ほど帰宅したばかり。

この病院での救急での診察手当をしてもらったのは、不整脈の大きな発作で初めて診てもらって以来2度目。
その時と全く同じ様な発作状態。

昨日は朝からちょっと不整脈が出ていた。
それがコースについて練習を終えた頃から「あれ、今日はちょっとマズいな」と言うくらいの感触になった。
脈を取ると、バラバラ...脈が飛ぶのではなく、リズムがバラバラ。
それでもなんとかしようと、一応緊張せず、力を入れない、ムキにならない、興奮しない、ということを守ってラウンドはした。
いきなりボール連続ロストでトリ・トリスタート。
なにしろアドレスすると、心臓の鼓動が「調子っ外れのオバQ音頭」や「Gola Gola Ashok」やら「PPAP」やらのリズムで暴れているのを感じてしまうんだから...
「この状態でフルスイングなんかしたら、それで心臓が止まっちまうんじゃないか」なんて事考えて、ちゃんとしたスイングなんて出来やしない。
なんとも半端で(「スコアなんてどうでもいいから、とにかく今日の所は生きて家に帰りたい」状態)、ハーフ終了後も続けるかどうするか迷いながらも結局ラウンドやってしまった。

帰りも不整脈は落ち着かず、家に帰り着いても全く脈はバラバラな為に、不安になってずっと不整脈を見てもらっている病院の救急へ電話して診てもらう事に決めた。
昨夜は全く改善されず、今日は心電図を取り採血し、点滴を1時間以上。

親切な循環器の医師の説明では、今の状態での心配は不整脈によって血栓が出来て脳梗塞を起こす事...これは今現在血栓が出来にくくする薬を飲んでいるのでまず大丈夫。
不整脈自体このままですぐに命に関わると言う事は無く、ストレスや病気で身体が弱ると出るけれど気にしなくても大丈夫...気になる場合はカテーテルに寄る手術を、と言う事だった。
すぐに命に関わる事は無いのでひと安心と言う所だが、この不整脈と言うのは実に気分が悪い。
また不整脈を発現させる要素に「花粉症」に寄るストレスもある、と言う事だった。
数日前からくしゃみと目のかゆみ、昨日は「水の様な」鼻水の大量発生とくしゃみの連続攻撃にあって、ちょっと身体が参っていた事は事実。
(今回の発作には花粉症の影響が大きいのではないか、と今は思っている。)

ゴルフをやっている時に考えていた...オレの残りの人生は、多分もう僅かだ。
いきなり心臓が止まってそのままと言う様な死に方は嫌だ。
オレなりの死ぬ準備をした上で死にたい。
それならまず、オレの周りの不要のものを順番に捨てて行こうか。
親父が死んだ年まで、あと2年だし。

ゴルフのスコアなんて、心底どうでもよかった。
...昨日はそんな一日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧