道具で上手くなれるなら

2016年11月20日 (日)

最低だったパットに光明が...

Bu161120


酷い腰痛のために15年くらい前から使って来た長尺パターが、タイガーが巻き起こした問題に寄る「アンカリング禁止ルール」で、同じようには打てなくなった。
ランガーのようにアンカリングしないでもこれ迄のように使って、十分にいい成績を上げているゴルファーがいる事から、それほど心配はしてなかったんだけど...
実際のゴルフでは、長いパットは寄るのだが、1ピン以内からのショートパットが殆ど入らなくなってしまった。
どんなにチャンスにつけても、ナイスリカバリーをしても、それがOKになる様なワングリップ以上の距離は殆ど全く入らない。

スコアを気にしないゴルフとは言え、ナイスショットやナイスリカバリーが全く報われないのは辛い。
中尺や短い普通のパターも何度か試したが、やはり入らないのは同じで、腰が痛くなる様な感触もあったので元の長尺を使っていた。
どんなにつけてもよせても「どうせパットは入らない」と諦めていた.

ところが、先日遊んだヒッコリーゴルフで、思わぬ感触を得た。
ヒッコリーシャフトの古いパターは、ヒッコリーの先に薄い鉄板でL字型のヘッドがついているもの。
ニブリック等のヒッコリーアイアンと、ロフト以外はほとんど変わらず、構えると自然にショットと同じ様な「インサイドイン」の軌道のストロークをするようになる。
すると、これが以外に良く入ったのだ。

イメージ的には、今迄カップに「流し込む」ようにパットをしていたのに、「カップに打ち込む」様なストロークイメージになる。
するとボールはかなりイメージに近い軌道を描いてカップに向かって行く。

「そうか、俺は長い間ストレートのヘッド軌道ばかりイメージしてたんだ」と改めて気がつく。
長尺パターはアンカリングして吊り下げるイメージの為に、「支点を基準にして振り子のようにストロークする」のが基本だった。
打ちたい方向に「真っすぐ上げて真っすぐ下ろす」のが大事...と言う事は少しでもその「真っすぐ」が乱れると打ちたい軌道を外れてミスになる。
それにフェースの向きも少しでも変わると外れてしまう。
...そんな事ばかり気にしてパットを打つ事が当たり前になっていた。
だから基準の支点がブレてしまえば、真っすぐな軌道になんてなりはしないし、長さと重さがストレートにパターを動かす事を難しくさせていた。
その同じ感覚で中尺や普通のパターを使おうとするから、「真っすぐ」が乱れるともう入らない。
だから50センチも入らない。

プロが糸を張って真っすぐにパターヘッドを動かす練習をしているし、そんな練習器具を売ってもいるし、レッスンプロもそう教える事が多い。
それは正しい事は間違いない...パターヘッドを真っすぐ動かせれば、ラインに乗せやすいし安定するはず。

が、俺のようにそうすると入らなくなる人もいる。
真っすぐ動かすことばかり気になって、打てなくなったり手がちゃんと動かなくなる人だ。
「肩の上下動でストロークすれば良い」と知ってはいても、肝心の時に肩が上手く上下動出来なかったり、微妙なライン程右手が勝手に動いたり。

こんな人は、逆にショットと同じように「真っすぐ」ではなく「インサイドイン」をイメージして、肩から動かした方が良い場合がある。
極端に言えば、思い切りインサイドアウトにストロークしても良いのだ。
どういうことかと言うと、パットのストロークではインパクトの瞬間に自分の狙う方向に面が合っていれば、インサイドインでもインサイドアウトでもボールは面に対して直角に転がるから。
真っすぐ動かす事が上手く出来ない自分の様な人は、思い切ってスイングと同じストロークをイメージすると良い結果が得られる事が多い。

そんな理論は、かって仕事をした何人かのレッスンプロも言っていたように記憶している。
腰の為に中尺を使って、インサイドインのパッティングをメイフラワーで試してみたが....結果は十分満足出来るものだった。
もちろんそれで急にパットが全て上手く行く様なものではないけど、真っ暗闇の俺のパットにかなり明るい光明が見えて来た事を感じている。

誰にでもお薦め出来るものではないけど、「真っすぐストローク」のパットで苦しんでいる人にはこんな方法もあると言う事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

俺はウッドが打てなくなったのか?   (2016年10月2日)

Bu161002金曜日のラウンドで、借りて使った現代ヒッコリーシャフトウッドのドライバーとクリークは、ほぼ100%ミスショットだった。
それも、いやになる程のチョロやトップの様なクソ当たり。

アイアンはそれほど問題が無かったが、ここの所ずっとヒッコリーシャフトのクラブでハーフスイングしかしてなかったので、「ひょっとすると、俺はもうウッドが普通に打てない程下手になってしまったのかもしれない」なんて心配になって来た。

そこで土曜日に、練習場に久しぶりに自分の現代クラブを持って行って打ってみた。

軽くウォーミングアップした後、アイアンをハーフショットで数十発打ってから、まず白マナXシャフトの4w...なんだ、普通に当たるじゃん。
次青マナSシャフトの3w...これも今迄と同じくそれなりに当たっている。
続いてユニロイヤルスチールシャフトの刺さった7w...全く問題なく当たる。
続いて次期エースの1w...ちょっと軽く感じたのでヘッドに鉛を1枚貼って、これでOK。

どのウッドも何発打っても、違和感無く以前と同じように当たる。
...一体、あの日のヒッコリーシャフトウッドのドライバーとクリークはなんだったんだ?

そういえば借りるときに、「2セットの内どちらかのウッドはシャフトがおかしい」とレッスンプロのT氏が言っていたっけ...
ひょっとすると借りたのはそのおかしい方の2本だったか?
金曜日のラウンド前の火曜日に、その借りたヒッコリークラブを練習場に持って行って100球程打ってみたが、その時もこの2本はろくに当たらなかったっけ。
丁度その練習場に来ていた知り合いの競技ゴルファーA氏が、ヒッコリークラブに興味を持って「ちょっと打たせてくれない?」なんて言って来たので、打たせてあげたが....やはりチョロの様なゴロしか出なかった。
「全然だめだよ、こんなクラブ難しくて使えない」なんて呆れてた...彼もオフィシャルハンデは6くらいなんだけど。

自分としてはコースに出れば、何とかなるだろうと思っていたのが甘かった。
ほぼ100%ミスなんて、これはこの2本のクラブがおかしい。
可能なら今週中にこれを返して、もう1セットの方のドライバーとクリークを借りてきたいのだが...どうなるかなあ。

まあ、とりあえず自分の所為じゃ無いと判っただけでOK.
4日のコンペはどうしても台風前の雨模様の天気なので、ヒッコリーゴルフは諦めて自分の現代クラブでラウンドする。


しかし、この漫画家コンペ「タコスケカップ」は雨が多い。
開催した8割以上が雨だって....主催者が「俺は雨男だからなあ」なんて言ってるんだから、晴れのゴルフは望めそうも無い。

オレにとっちゃ、苦手でやる気がゼロになる「雨ゴルフ」。
せめて「時々曇り」ぐらいにはなって欲しいなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

5000円の2ボール中尺パター...なかなか良い!   (2015年10月19日)

Bu151019

諸行無常、来年も楽しめる保証なんて全く無い。
今年は出来る一期一会の球遊びを心置きなく楽しみたい。

今は最高のシーズンで天気の良い日も続くようだ...これから11月中旬まで一気にゴルフの予定が決まって来た。

今週末にホームコースの月例、11月の8日に二本オープン、10日に漫画家コンペ「バレンタインカップ」とコンペが次々にある。
これらのゴルフはスコアを競うものなので、今までと同じ様な遊び心優先のゴルフとは違ったゴルフをしなければならない...ということで、ちょっと気持ちを引き締めて「競技ゴルフモード」に入らなければ...昔はこれが簡単に出来たのに、最近はなかなかその切り替えが出来ないのが問題。


で、その間に秋満喫の旅ゴルフをメイフラワーに行ったり、肉や秋の食品が賞品のオープンコンペに練習がてら参加するつもり....一年で一番のゴルフシーズンは、(もうあと何回の秋を楽しめるか判らない身には)借金してでも楽しんでおかなくちゃ。


そして...道具も競技ゴルフに合わせて14本を選び直す。
1W・3W・4Wはいい。
その後だ....正直2番アイアンから行きたいが、ここの所のゴルフで自分が使えるのは4番アイアンから....やはりスクープソールの黒トップ故のロングアイアンのソールの引っかかりが、最近の2・3番アイアンでのミス多発の原因になっている。
MOIマッチングのおかげでティーショットなら問題がないが、フェウェイやラフからのソールの抜けの悪さが本当に厳しい問題なのだ。
なので競技では3番アイアンを抜いて7Wの使用を考えている...口惜しいけどずっと黒トップを使うと決めたんだからしょうがない...

ウェッジは59度を57度のウェッジに変えようと思ったが、この59度もMOIマッチングしてある事だし、もう少し使ってみる。

そしてパター。
先日4500円で買ったキッタない2ボールパターに、テニス用のグリップを巻いてセントラルニューコースで初使用...これが意外に結果が良かった。
イラストに描いたように、この中尺と言うヤツは元々ベリーパターと言って腹にアンカリングして使うように設計されたもの。
なので両手で普通にグリップするとかなりフラットな感じになる...それであまり期待はしてなかったのが、使ってみると結構ラインも距離も合いやすい。
フラットなライに合わせる為に目の下よりかなり前方にボールを置く事になるが、グリップを色々変えてみるとそれほど違和感はなくなった。
基本のグリップはクローグリップを考えていたけど、ロングパットが打ちづらいので左手はノーマル、右手は主に指だけでグリップして打ってみると距離は合う様になった。
緊張するケースのショートパットがどうなるかが問題だが、多分そこはクローグリップ、距離が長いときは右手を指だけ、と言うやり方が良いみたい。


今週末の月例の前に、練習場でハーフショットで練習をするか、何処かのオープンコンペに参加してスコアをまとめる練習をするか...それを迷っている。
決めた武器を真面目に試す為に、多分オープンコンペに飛び入り参加するだろうと思うけど...さてさて...そんな事楽しんでやりながら、これからオレの本格的ゴルフシーズンの始まりだ。

今は..いい季節だなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚い2ボール中尺パターを手に入れた   (2015年10月13日)

Bu151013散歩の途中で立ち寄ったセカンドハンド商店で、中尺パターを手に入れた。
グリップがボロボロに汚れていて、税込み5000円以下。
そろそろ長尺パターが使えなくなる時が迫って来ている為に、腰の負担が少なくてなおかつそこそこ狙えるパターを探す必要があったのでこれを買った(「2ボールパター」は好きではなかったけど)。
使い込んで汚いグリップは新品との交換も考えたが、その費用と手間(主にこっち)を考えてテニス用の巻きグリップを買って来て上に巻く事にした。

数百円のテープ一本で一応汚い所を隠して、気持ち悪さは解消(笑)。
で、この中尺パター....普通のパターほど腰をかがめずには構えられそう。
しかし、中尺パターと言うのは腹につけて使う事を前提にしているために、腰を起こして構えるとちょっとフラットすぎる気がする(ライ角を変えられればいいんだけど)。

とりあえず色々なグリップで構えてみる。
中尺パターを使う場合に考えていたのはクローグリップだけど、ライ角がフラットな所為かどうも安定性に欠ける気がする。
普通のグリップだとちょっと重さの所為で右手でパンチが入りそう...右手を握らずに指だけで当てていると良いかもしれない。
どちらにしても、本番のグリーンで距離感と方向性を確かめてみなければ話にならないので、15日のラウンドはこいつで色々と試してみる。
それで結果が納得出来れば月末の月例でも出てみたいが...これは未定。
先日久しぶりにホームコースに行った時、月例の申し込み用紙があったけど...いつの間にかA・B・Cの3クラスがA・Bの2クラスになっていて、Aクラスはかなり埋まっていたので既に満員かもしれない。

しかし、腰に負担なくパット出来るパターが決まれば当分旅ゴルフやオープンコンペでゴルフを楽しめるので、このパターが「外れ」じゃない事を期待している。

朝晩がかなり温度が下がって来て、いよいよ秋も本番と言う気がする。
さあ、本格シーズンだ...秋の気持ち良いゴルフを目一杯楽しもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイアンの打ち分け   (2015年7月25日)

Bu150725

8月9日の「二本オープン」に向けて、1本のクラブに何を選ぶかで久しぶりの練習場に行って来た。
...しかし、なんと言う暑さだろう...こんなんでコースに出られるのか?


以前ゴルフに夢中だった頃、一つのホールを一本のアイアンでまわると言うのは良くやった。
ただ、それは通常のラウンド中に適当なパー4で(350ヤード程度のそんなに距離が長くないホール)そのアイアンでの細工を楽しむと言うヤツで、大概自分は7番か8番アイアンで遊んだ。
その基本は距離を得るにはフックで回し、グリーンを捕まえるのはスライスでコントロールというもの...大抵の場合はパーかボギーでホールアウト出来た。
だから一本ラウンドは得意な方だと思っているけど、それはひとホールのみの場合。
今回のように9ホールを1本のクラブで、と言うのは経験がない。
問題はパー5などの距離が欲しい場合と、ショートホールやアプローチでの短い距離のコントロール。
それを今の手持ちのアイアンではどれがやりやすいか、を感じてみるのが目的だったが....以前よくやっていた頃のアイアンは、ピンやクリーブランドやダンロップのプロモデル。
今使えるのがMOIマッチングしてもらった黒トップにミズノのMP、それにウィルソンのファットシャフトのFS。
ウィルソンのファットシャフトカーボンRのものは、その独特のシャフトの挙動がヒッコリーシャフトの挙動に似ていると感じて気に入って持っているもの。
黒トップとミズノはそれぞれダイナミックのRとダイナミックゴールドライトのスチールシャフト。

色々と考えたあげく、練習場では6番で打ち比べてみた。
まず、フックとスライスの打ち分けとコントロール...黒トップは曲げる事には何も問題なく、3つのうちで一番気持ち良く曲げられる。
ミズノはキャビティーの所為か、黒トップ程大きく曲りはしないが問題無し。
ファットシャフトも曲がり幅は少ないが問題無し。
ただ、ティーショットでフックを打って飛距離を出そうとした場合、黒トップでも飛距離は出るが曲り過ぎて左に行く事が多くなる...しかし、ミズノではそのミスが少なくなり、ファットシャフトでは飛距離が一番出て、曲がりも少なくて済む。

しかし!
距離をコントロールする為に、フェースを開いてゆっくり振ったりする事を始めた途端に3本のクラブに違いが出た。
ミズノのMPとファットシャフトアイアンはソールにバウンスがついている為に、フェースを開いてもソールが滑って予想通りにボールが上がって行く。
しかし、黒トップはスクープソールの為にフェースを開いてもソールが引っかかってスムーズに振れない。
ソールが着地した途端にガツンとショックがあり、フェースの向きが変わってボールがとんでもない所に飛んで行く。
黒トップで距離をコントロールするには、振り幅を小さくしてパンチショット気味にカットに打ち込んでやるしかない...柔らかく上に上げると言う事は自分の技術では非常に難しい。
この時点で、黒トップではちょっと無理かと思う。

そこでミズノとファットシャフトだけど、100Y以内のコントロールショットを打ってみると、どちらもゆっくりしたスイングスピードでフェースを開いてカットに打って行けば対応出来る。
その中でもファットシャフトアイアンは独特のシャフトの為か50ヤード以内でも柔らかい球が打てる。

真夏の暑さと体力、それにコントロール性と飛距離...多分、今回はウィルソンファットシャフトの6番が一番良いんじゃないかと思う。

もう一つ、左手首の怪我の痕はかなりフックにグリップしてもそんなに痛まなくなった。
なので、今回の練習では飛距離が必要な時とフックが必要な時にはフックグリップで、コントロールする時にはウィークグリップに変えればいいような気がする。
イメージとしては普通はZ・ジョンソンのアイアンショットのイメージ、コントロールの時にはコーリー・ペイビンやオラサバルのイメージだ(古すぎて判らない人もいるだろうけど)。
これは9日までにもう一回練習してみる。

それにしても、1時間150球程アイアンで打っただけでシャツが絞れる程の汗....
9日は9ホールだけだけど、大丈夫かいな...オレ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

白内障とサングラス   (2015年6月12日)

Bu150612うちの奥さんが白内障で、先月右目、昨日左目の手術を受けた。
白内障の手術と言うのは、濁ってしまった水晶体を眼内レンズに置き換えるもので、手術としてはかなり成功率が高く手術時間も短いもので、言わば「上手く行って当たり前」の手術。
そうはいっても、万が一の時には視力を失ってしまうのだから病院選びや医者選びには慎重になってしまうもの...うちの奥さんも手術を受けた人の評判を聞いて、近所では一番評判のいい病院で手術を受けた。
この手術の面白い事は眼内レンズに置き換える事によって、白内障ばかりか近視や遠視も矯正されてしまうと言う事。
つまり、例えばうちの奥さんは元々強度の近視で(知り合った頃には牛乳瓶の底みたいな眼鏡をかけていて、男性にも無視される存在だったとか)、ずっと度の強い眼鏡やコンタクトレンズをして来た人生に、殆ど生まれて初めて眼鏡をしなくても世界がはっきり見える時が来たと言う訳。

ただ、去年ゴルフ仲間のイラストレーターが、「この数年ゴルフボールどころか道路の信号も見えなくなった」と絶望して免許の返還迄考えていたのが、「医者に行ったら白内障だと言われて簡単な手術で信じられない程世界がはっきり見えるようになった!」と大騒ぎしていた事があった。
ただ、世界がはっきり見えるようになったのはいいが、鏡に映った自分の顔が「あまりにジジイになって」いたうえに、はっきり見えた奥さんが「あまりにババアになっていた」事で、数日寝込む程ショックだったとか...今迄は白い霧がかかっていて、小さなシワやシミやたるみなんかはぼけて全然見えていなかったから、実際より凄く若く見えていたんだそうだ。
(うちの奥さんも絶望しそうだなあ...)

この白内障の手術、聞いてみるとコンペ仲間だけでも意外と沢山の人が受けていた。
「だから、オレはサイボーグなんだ」なんて威張ってるのもいたし。

さて、この白内障,,,原因の多くは「加齢」から来るものらしいが、紫外線の影響も大きいらしくゴルフファーにはかなり多いんだとか。
だから特に紫外線が強くなるこれからの季節、中高年ゴルファーこそサングラスは必需品。
ただ、問題は値段が高いものでも我々日本人には似合わないものが多いこと。
外国製の多くは単品で見るとデザインセンスが良くて、アメリカツアーの選手がかけていたりすると格好が良いけど....まず日本人の90%には「似合わない!」。
本人はカッコいいつもりでも、それこそチンピラ・ミーハー・知性の無い下品な人間にしか見えなくなっちまう。
自分も以前はレイバンなんかのサングラスをかけていたけど、評判は「怖い」「品がない」「喧嘩売ってんのか?」てなもん(笑)
流行は松山なんかがかけているヤツ...あのデザインは横からの光も防ぐし、中央に邪魔なフレームがないし、ちょっと激しく動いてもずれないし、スイング中に見える景色にゆがみを感じ難いから機能的には一番良い。
ただ、日本人の顔に似合わない(松山を見れば判るでしょ)。

そこで、別に金を貰っている訳じゃないけど....そんなに派手に目立たないし、機能的にも十分で、運動してもずれ難く、そして金銭的にも安いので私が気に入って使っているのが....二木ゴルフで売っていた「花粉症用眼鏡」。
一応紫外線カット9割以上だし、花粉を防ぐ為に顔の曲面に合わせてフィットしやすい形で、グラス面も広くボールを見ても歪まない。
それで値段が3000円台。
二つ買って使っているが、それでも普通のゴルフ用サングラスの半値以下!

好き嫌いはあるだろうしダサイかもしれないが、高いものだって殆どは我々に似合わないサングラス...「結構これ安いのに使えるよ」という事で(笑)。
ともかくこの夏、目を大事にしましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古いパターが出て来たら... (2015年5月7日)

 (Bu150507

部屋に置いたキャディーバッグの奥から、こんなパターが出て来た。

スポルディングのジャックポット...別に名器じゃないし、誰かが使っている訳でもない、ただの古いパター。
昔、手に入れた時にはフェースが凸凹で傷だらけ、そのまま打つとフェースでボールがイレギュラーに跳ねるので、長い金属ヤスリでゴシゴシやってなんとか平面を出した。
感触は柔らかかったが、特に入る訳でもなく...と言うより結果が良くなかったから、そのままお蔵入りになったパターのような記憶がある。

しかし、改めてこの古いパターを見てみると、シャフトが以外に長くて構えるのが楽だし、なによりアイアンがスポルディングの黒トップなんだから、同じスポルディング合わせ出来るのが洒落ている。
正直な話、構えてもちっとも入る気なんてしないけど、どうせ外すパットならそう思っていた方がより気が楽かもしれない(笑)。

ゴールデンウィークが終わって、シーズン本番...月末の月例は予約してもらったから、それに向けて変態ゴルフ道も充実させて行かなくちゃな。
練習は週一回は行きたいし、来週あたりにオープンコンペに参加して「リハビリ慣らし運転」の第二ステージに調子を上げて行きたい。


ショットはウィークグリップである程度の目処がついて来た。
これを更に自分のものにして、アイアンのオーバークラビングを元に改めて自分の番手距離を確かめる...基本をフックにして、スライスは危険を避けられる場所でのみ使う。
アプローチの距離感は、ラウンドで慣れるしかない...基本ピンオーバー、ワンピン以内目標で。

パットは平均2パットでハーフ18パット、トータル36パットが目標。
腰を痛めずにその程度のパットですめば、コースとの勝負を十分楽しめる。
そのパター・・・先のL字とこのマレット、どっちが変態らしいだろか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイ・エースアイアンの到着 (2015年4月20日)

Bu150420_2今日、MOIマッチング界の巨匠KUROさんに調整していただいた黒トップが到着した。
ずっと遥か昔、不思議な出会いから手に入ったオリジナルのスポルディングの黒トップアイアン。

まだゴルフを始めて間もない頃、パーシモンヘッドのドライバーと糸巻きボールの時代...当時のゴルフクラブは「ウッドはマグレガー、アイアンはスポルディング」と言う評価が世間の常識だった。
マグレガーのウッドはM85、トミーアーマー693などに代表されるクラシックのドライバーに「名器」と呼ばれたものが多かったが、そんなものは値段が高くてとても手に入れる事は出来ず、トニー・ペナやベン・ホーガン、日本製ではヒロ・ホンマ辺りを使うゴルファーが多かった。
アイアンはマグレガーやベン・ホーガンも評判は良かったが、スポルディングのアイアンにはそれらと違う魅力があった...無骨な競技用と言うより、芸術品的な造りの美しさがあったように思う。
特に打つとハードに感じるマグレガーやベン・ホーガンに対して、インパクト時の「柔らかさ」「ボールがくっつくような感じ」というのが評判だった。

自分もこの黒トップを使っていて、特にインパクト時に他のアイアンとは違う「柔らかさ」「くっつく感じ」というのを体感していたので、難しいアイアンだと言うのは判っていながらずっと手元に置いておいた。

ただ、この黒トップは非常に状態の良い新品同様の中古として手に入れたもので、以前の持ち主がロフト・ライの調整をしたらしく番手の飛距離は当時使っていた他のアイアンとほぼ同じだった。
しかし、番手によって右に行きやすいとか左に行きやすいとか、番手間の飛距離に「あれ?」と思うことはあった。

今回、手の怪我によって自分のゴルフ人生の「残り時間」を感じることになり、改めて自分ゴルフスタイルを考えた。
その結果、アイアンはこの黒トップと共にゴルフ人生を全うすると決め、「それならば」とKUROさんにお願いしてMOIマッチング並びにロフトライ角の計測ならびに調整も一緒にお願いした。

KUROさんからは、調整前のクラブの実際の計測値を教えていただいたが...やはり、というかかなりロフトやライ角にばらつきがあった。
そしてその数値を見ると、今迄使っていて「右に行きやすい」とか「左に行く」とか「番手間の飛距離が」なんて感じた事が、「ああ、やっぱり..」と納得する事ばかりだった。

そして、もう一つの以前からの疑問....このクロトップに感じる「柔らかさ」は、鉄の材質から来ているのか?
これはロフトやライの調整で実際に曲げてみたKUROさんから感想を聞くと、「殆どが柔らかかったが、普通よりずっと硬いものもあった」との事。
すると自分の感じている「インパクト時の柔らかさ」というのは、このアイアンのデザインによるものが大きいと言う結果になる(よく銅下メッキのために柔らかい、と言う人がいるが、僅か数ミクロンの厚さのメッキがそれほど柔らかく出来る訳がない...心理的な効果はあると思うけど)。

この黒トップのデザインは、フェースのスコアリングラインの5〜8本くらいの部分迄が裏側が肉厚になっている。
以前いろいろなプロに取材した時に、「スイートスポットで打つのはナイスショットではない。自分の意志を乗せて言う事を聞かせるのは下から3本目から4本目で打った球だ」と言う事を聞いた。
普通のゴルフファーはスイートスポットに当てる事を目標としていて、そこで当たると「う〜ン、気持ちいい!」とか「会心の当たり!」とか言うけど、プロに言わせると「そこで打ったボールはコントロールが効かない」のだと。
「下から3本目で打ったボールはハーフトップのような感触になるが、飛びすぎず、距離もきちんと出て、スピンもかかる」と。
普通の高重心のアイアンは打ち込まなくてはボールが飛ばず、この下から3本目のラインで打つとかなり手が痺れたような感触になるが、この黒トップは(長いネックのために)見た目よりずっと高重心ながらバックフェースの肉厚なデザインによって、そこで打っても痺れた感じにはならない...むしろいい感触になる...のではないだろうか。

まあ、理屈はどうあれ、私はこのアイアンが一番感触がいいと感じているのは変わりない。

MOIマッチングをしたからと言って、決してゴルフが簡単になってすぐにスコアが良くなる訳は無い。
まして私の様にいろんなクラブを使って来て悪いクセが染み付いてしまったようなゴルファーには、まずその悪いクセを洗い落とさなくてはMOIマッチングしたアイアンの良さを感じる事も難しい。
しかし、去年からMOIマッチングしたミズノのアイアンを使って来て、そのクセが抜けつつある感触を今は感じている...だから、こうして黒トップをお願いして、改めての変態ゴルフ再スタートをするつもりでいるのだ。
おまけに、ライ角やロフトの面で消せない不安を抱えていた黒トップが、そういう基本的な性能の面でも信頼出来るようになったんだから。

手首もなんとか行けると言う感触があり、少し練習場に行って打ち込んだ後...連休明けからはオープンコンペや月例などで変態ゴルフを炸裂させたい(笑)。
今は、久しぶりにゴルフ始めた頃の様にワクワクしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

最高のシーズンをどう楽しむか(どれで楽しむか)

Bu141004もう10月...これから11月一杯が我々が一番楽しめるゴルフシーズン。
春のシーズンも気持ちは良いとイメージしているけど、あの花粉症と青くはなってもまだ生え揃わない芝のために実はそれほどゴルフを楽しめる時期にはなっていない。

これからの2ヶ月間が気温も芝の状態も、我々の体調も本当にゴルフを楽しめる最高の季節。
気持ち良くボールを打ち、旅するごとくホールを楽しみ、吹く風を感じ高い空を眺め、紅葉で日々変わる野山の色彩を楽しむ。
殆ど汗はかかず、寒くもなく、ボールを打つ事、ホールを攻略する事に集中出来る。
今の自分にとっては、春のシーズンは秋のシーズンの練習と試行錯誤の為にある。
これから今年一杯のゴルフに、今自分が出来るゴルフの全ての力と成果を出せるようにして行きたい。

今の自分のゴルフの問題は、あのR&Aのバカルール...アイアンやウェッジの溝規制の問題をクリアすることと、怪我や故障や年齢のためにすっかり忘れてしまった「あの気持ち良く打てていた時」のスイングを思い出す事。
溝規制については、本当は我々レベルのゴルフには関係ないはずの事なのだが、どこかにそれに従わなければ「インチキゴルフだ」なんて思わせる嫌らしい感覚がある。
だからクラブメーカーとの癒着を感じてしまうのだけど、そうはいっても溝規制をクリアしているクラブを一つはもっていないとしょうがないので、オクでミズノのMP32とMP60のアイアンを手に入れた。
そしてウェッジも、オクで手に入れた安いクルーズのウェッジはやはり溝規制違反であり、凹んでいるソールの形状は自分には使い難いものだった...で、もう一度、今度は新品同様のコブラの53度と59度を手に入れた。
ミズノのアイアンもこのウェッジもシャフトはDGのS200なので、使い心地は問題ない。
ただ、59度というのは58度と勘違いして落としたものだったのでちょっと不安はある。

アイアンは黒トップもPP737も、予備としてとっておいて時々は使うつもり。
セベ・バレステロスで痛めた左手の指も、最近ようやく気にならなくなった。
腰も膝も痛みはあるが、続けているマッケンジー体操と早足散歩で悪化する事無く、ゴルフには充分耐えられる状態を維持している。

ドライバーは飛ばし屋のN氏と交換したSLDRが本命...最近N氏がアッタスの7Xというシャフトを貸してくれたが...これはちょっとハードすぎる気がする。
左に行かないのはいいけど。
それに最近黒トップのセット(自分が使っているのとは違うもの)と交換したM氏の地クラブのドライバー...これがまたアッタス3の7X(こちらの方が柔らかい)...これも、予備として。

問題はFW...春のシーズンは3Wとか4Wを入れたりしていたが、結果を見ると殆ど使う機会は少なく、使った時には酷いミスショットとなる確率が凄く高い....大叩きの原因は、ドライバーのOBかセカンドでFWを使った時が殆ど全部。
そしてFWを使って良かったという事は、年に一度か二度ロングホール2オンするくらい。
狭いホールでのティーショットでも結果はミスして大叩きなんてのが結構あるし...かわりにロングアイアンでのティーショット方がずっと成功率は高い。
なのでいっそFWは外そうか...かわりに1番か2番かアイアン型UTを入れるか...今それを考慮中(オクで安いのを探している)。
ラウンド中FWを使う事は多くて2〜3度なんだから。

そしてパターは何時もの長尺...これはゴルフをやめるまで使うつもり。
ボールは春にレジンボールなどいろいろ試したが、結局V1Xが一番良かった。

今の台風が過ぎ去ったら、また評判の良い遠くて安いコースに行って...10月末には月例やオープンコンペも考慮中。
...さて、この秋が気持ちの良いゴルフシーズンになるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

信じられない結果!

Bu140926_2旅ゴルフの後半を書くつもりだったけれど、昨日実に面白い事件が合ったのでそっちを書いておく。

25日に私はこのブログで紹介している驚異の「掘っくり返し屋」松村博士と、やはりゴルフ界の博覧強記を誇る背筋380キロの男M氏(実はユニバーサルゴルフ社長)の顔合わせを企画していた。
あまり表に出たがらない松村博士と、目下この分野で孤軍奮闘中のM氏...内心この二人の気が合えば日本のゴルフ界に「大人の魅力」と「歴史の深さと味わい」を加える事が出来る大きな力になると私は思っていた。

3時に話始めた二人の会話は、日本ゴルフ史の微に入り細に渡り、あたかも重箱の隅をつつく様な超細かい情報の交換から、誰も普通のゴルファーが聞いた事が無い様な歴史上のトンデモ話や珍ストーリーまで、4時間以上話続けても種は尽きず....その場に居合わせたクラブフィッター・コーチ・クラフトマンのT氏と私は顔を見合わせて驚き呆れるばかり(笑)。
...まるで聞いた事が無い日本ゴルフ史上の面白い逸話が限りなくボロボロ出てくる(驚)。

そこにもう一名、BoseironFactry会長でMOIマッチングの普及啓蒙活動を続けているファルコン松原氏も乱入して、多分この日この場所が世界で一番濃いゴルフ話で盛り上がっていたんじゃなかろうか。

しかし、さらに・さらに驚くべき・信じられない事実が、この後の飲み会の後に訪れた...

この日、松村博士は「自作」のヒッコリーシャフトドライバーを持参して来た。
ヒッコリーのゴルフもたまに楽しむ私の為に(実は今は楽しもうにも持っていたヒッコリーシャフトのアイアンクラブが折れてしまって、残っているのはウェッジ相当の一本だけになっていた)、わざわざ持って来てくれたもの。
これが凄かった!
ヒッコリーのシャフトは板状態のヒッコリーを、自分で切り分け、鉋やヤスリで削り上げて作り上げたシャフト...ものすごい手間と労力がかかったと言う。
長さは44インチ程で、グリップも自分で作った皮巻グリップにしてあり、ヘッドも何とブロック状のパーシモンを手で削り上げて作り出したもの。
フェースにはインサートは入れず、ソールには水牛の板を削って摩耗止めにし、手動ドリルでヘッドに穴をあけてヒッコリーに繋いである。
糸巻きも見事にしてあり、ヘッド全体は黒く塗装しニスを塗ってある。
要するに、一から十まで手製のヒッコリーシャフトドライバーなのだ。
これに興奮したのが、ユニバーサルゴルフのM氏。
実際に普通に打てる状態の(使える状態)のヒッコリードライバーを触ったのは始めてだと言い、どうしても自分で打ってヒッコリーシャフトのドライバーを体感したいと言う。
確かに知識ではいくら知っていても、その打感や性能は自分で体感しなければ所詮想像上の絵空事。
体感出来るチャンスがあれば、絶対に実際にボールを打って感じてみたいとまともなゴルファーなら誰でもそう思うだろう。

そういう気持ちの理解出来る松村氏は、この為に現代でも手に入る非常に高価なヒッコリーゴルフ用のボールと、糸巻きの懐かしいブリジストンの65ボールを持って来てくれていた。

...もう、飲み会の前からM氏は速く打ちたくて気もそぞろ...前回行ったシミュレーションゴルフ場は改装中との事で、ネットで近くのシミュレーションゴルフ場を探して予約,,,満席で2時間待ちなので、M氏にとっては飲み会がただの時間つぶしとなってしまった(笑)。

一杯飲んだ後での試打実験。
ヒッコリー用と糸巻きボールを使う為に他のボールを整理して、M氏の初体験。
「うわあ!」「何だ、これ!」「今まで経験した事無い、いい感じだ!」
もう、興奮。
額に汗して打つ、打つ、打つ!(笑)。
...実はこの時、この為にユニバーサルゴルフから最新の計測器も持って来て、セットしていた。
ゴルフショップの計測器よりずっとシビアな数値が出ると言う機械だ。

最初のうちこそ現代ドライバーのタイミングで打ちに行って良い結果が出なかったものの、ヒッコリー独特のタイミングに慣れてくると驚くべき結果が出て来た。
このヒッコリーシャフトドライバーに糸巻きボールを使って、コンスタントに250〜260Yが出る!
「そんなに飛ぶ?」と、試しにそこのシミュレーションゴルフ場で用意してある最新のドライバーを片っ端から振ってみると、平均して10Y程飛ぶという結果が出るものの、同じ糸巻きボールを使う限り差が殆ど出ない。
おまけに打っている当人の感想が、「今のクラブを振る方がずっと力がいる...ヒッコリーの方が殆どクラブまかせで振って行ける」。

ただし、最新のドライバーに最新のボールを使うと、結果は一番飛ぶようになるが...260Yが300Yになるほどではない。
この最新のボールをヒッコリーシャフトのドライバーで打つと、パーシモンのヘッドが割れる可能性が高いので、結果として新しいドライバーと新しいボールの組み合わせが飛ぶという訳だが...
要するにボールが同じなら、飛距離はほとんど変わらないのだ。
...これは、本当は恐ろしい事 。
もっと大きな施設で、大掛かりにこういう実験をやった結果がでても、世にあるゴルフ雑誌に出る事は絶対に無いと断言出来る。

なぜならそれは、莫大な研究開発費や広告費をかけている巨大メーカーが作った高額な最新のドライバーと、研究熱心な一個人が昔からある材料から昔の手順通りに手作りで作り上げたドライバーが、結果性能が変わらないという事だから!

つまり、「強度が増した以外に何十年(何百年?)も、全くクラブは進化していない」という事が真実だったら、巨大なクラブメーカーの言っている事は全て否定されてしまう...当然そんな事を書いた雑誌にはメーカーは広告を出さないし、その実験を認めずに全力でそれを否定する実験を発表するだろうし、広告の掲載されなくなった雑誌は廃刊の危機に陥ってしまう。

でも、これは実際に打ってみた現実。
信じるも信じないも勝手だし、たとえ使えるヒッコリーシャフトのクラブを手に入れても、今売っているボールを使う事が出来ないので普通のゴルファーに選択肢は無い。
しかし、このヒッコリーのクラブの振り心地や打感は圧倒的に気持ち良いと自分も思う。
現代のボールを使えて、この振り心地や打感のクラブを今作る事が出来ないか?
これが、今後の問題。

いずれまた、この件は詳しく書く。(あ、このヒッコリークラブは結局M氏のところに行く事になりました...今後のM氏の徹底的な分析が楽しみ)

そして、この夜の試打用のもう一つのクラブは、ファルコン松原氏製作の0番アイアン。
彼のブログにこれに関するトラブルの件が書かれていたので、その問題のクラブを打たせてくれとお願いしたもの。
そのトラブルの詳細は省くが、彼の持って来た0番アイアン...凄かった。
酔っぱらった後で、普段着で、普通の革靴で、手袋も無く、準備体操もせず、ストレッチもせず、いきなり打った...最初の何球かは、ティーの高さが合わずにテンプラ(この設備のティーの高さが微妙に合わせられない)したが、気持ち良く振れた時には何と260Yが出た!(渾身のフルスイングでは無かった)。
これがあれば3ウッドいらないじゃん...が正直な自分の感想。
う〜、欲しい!
MOIもして欲しいし(これもフィッターのT氏に相談したら、M32とM60のセットで調整した方が良いと教えて頂いた)、この0番も欲しい....まず、金貯めなくちゃな(笑)。

という感じで...この日は午後3時から、松村博士の電車が無くなる午後11時まで...驚きと発見と出会いのGB時間は、あっと言う間に過ぎて行きました、とさ(笑)。

ホント、熱い奴らだなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧