どうすりゃあいいんだ?

2015年1月 3日 (土)

神も仏もあるもんか!...最悪のクリスマス(泣)

Bu141226今頃は、漫画家コンペの2日目、握っている漫画家達とマッチプレーを楽しんでいるはずだったのに...

天気は良いし、それほど寒くはないし...昨日の夜は忘年会楽しかっただろうなあ...カラオケも楽しんだんだろうなあ。

昨日の京カントリーの漫画家コンペ「タコスケカップ」、京カントリーは好きなコースじゃないがパットが入らなかっただけで久しぶりに気持ちの良いゴルフをしていた。
何よりMOIマッチングしたアイアンで、「2番手大きなクラブでクゥオーターショット」が思った通り良い結果を出していて、殆どの距離のピン筋に飛ぶ。
ショートホール4つでピン筋に行かなかったのは一つだけ(これは、向かい風にパンチショット気味に打って左に引っ掛けたもの)。
ただ、グリーンが凍っているのでピンそばに落ちたボールはグリーン奥まで転がるか、ややグリーンオーバーをしてしまう...それを霜の為に距離感が合わずに、取りこぼしてボギーにしてしまったのが多かった。
出足でティーショットが悪くて、ワンペナやOBに行ってしまうホールでは叩いたが、ホールが進む従って調子は上がって行く気がしていた。

事件は午後のアウト3番のトリッキーなロングホールで起こった。
ドラコンはとったが位置が悪くて2オンは狙い難いので、池まで150ヤードという看板のそばから9番を短くもってハーフショット・・・切れた音を残していい具合に飛んで行った。
これで残り120〜30ヤードの平らな場所から3オン狙い...そう思ってボールを見に行くと、ボールが無い!
「そんなバカな!」なんて思いながら池のそばにいくと、何と池への急斜面にかろうじてボールが残っている。
とても前に打てる状況ではないので(こう言う時はなんだか喜んでしまうのは、自分が変態ゴルファーだからか?)、すぐにグリーンに背中を向けてアドレスして180度曲るフックで攻める事を決断...ただ、残り距離が100ヤードなのでMOIマッチングしたピッチングでは無く重い53度ウェッジでフックを打つ事に。
これが、今回の事件の原因となるミスジャッジだったかも。

躊躇無く凄いつま先上がりの状況から思い切り手首を返してドフックを打つ...思った通りの手応えがあって、ボールは急角度で後ろに曲って行く...見ていた同伴競技者は「うわ! すげえ!」とか、「どうやって攻めるのか参考になった!」なんて驚嘆してくれたが....
打った本人は会心の手応えの後、思い切り返した左手首から「ブチッ!」とか「ブツッ!」とか言う感じの変な感触があった後激痛が来た。

ボールはグリーンを越えて奥のバンカーに行ったけど、左手首に強烈な違和感と痛み...次のホールではティーショットで激痛が来て、インパクトの後クラブを持っていられない。
そこはアプローチでも途中から片手打ちになってボギー...次のショートではティーショットを6番で打った後の激痛で悲鳴が出てしまった...でもちゃんと乗っていてパー。
しかし、それが限界...どんどん痛みが出て来て次のホールではグリップも出来なくなったのでとうとうここで「ギブアップ」。
はるかずっと昔、競技中に強烈なギックリ腰「魔女の一撃」で立つ事も出来なくなったとき以来の怪我でのNR。

当然表彰式でも賞品無しのビリッケツ。
そして楽しみにしていた2日目のマッチプレーも参加不可能...忘年会がバイキング形式だというので、ここは1日目で急遽不参加という事にしてもらって昨日夜に家に帰って来た。

今も左手首の内側が腫れていて、手首を内転するとあるところでグリッと筋のようなものが飛び出して来て強烈に痛む。
珈琲を飲むとか、何かを持とうとするとか、着替えをするとかでうっかり左手を回すと激痛....正直、「これは長引きそうだ」と暗い気持ちになる。
なにしろゴルフのスイングの動きをすると激痛が来るので、時間が経っても怖くて振れなくなるのではないか、と心配になる。

今日、近くの整形外科に行って来たが、骨には異常はないと言う。
ただ、内転させた時に普通なら手首の内側に収まっているはずの筋肉が表に出て来てしまうらしい...その為に骨にぶつかって激痛が出る。
つまり、その筋肉を内側に納めておくじん帯が切れてしまったのではないか、と。
「なら、手術をしてじん帯を縫えば元に戻るんですか?」「それとも、じっとしているとやがて治る?」という質問に医者は「う〜〜〜ん」「まれな例なので何とも自分には判りかねます」
「なので、手の専門の医者に紹介状を書きますので、そちらで診てもらった方がいいでしょう」

という事で、暮れも押し迫った30日にその病院に行く事に。

...参ったなあ...
一昨夜車中泊した道の駅にはクリスマスツリーのイルミネーションが輝き、昨日は街もコースもクリスマスソングが流れていたのに...俺は痛む左手を抱えて、何時また出来るか判らなくなったゴルフに落胆して下を向いている。

畜生!
クリスマスなんか、俺は大嫌いだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

GDOブログの廃止  (2010年11月13日)

Bu101113_2


「GDOのブログが廃止になるからコミュニティーに移行してくれ」なんて、お知らせが出ている。
コミュニティーとは何ぞや?なんて、そこを見ようとしたらそこに移行したブログが見られない。
どうも、あのミクシイのような閉鎖的な場になるらしい。
そこでお仲間だけで盛り上がろうとか...

私の場合は、ブログの目的は長いイラストレーター生活の間に貯めて来た、ゴルフにまつわるそれぞれのエピソードを「開かれた世界」に発信することだ。
それを「信用出来る」とはいえ、閉ざされた仲間内だけを相手に自己満足してはしゃぎ合うなんてのは趣味じゃあない。

そもそもGDOのブログは掲載出来る画像容量がお話しにならないくらい小さくて、漫画なんてとても発表出来ないもの(そのために平行してヤフーブログをリンクさせてある)。
それなのになぜGDOのブログを続けて来たかと言えば、他のブログとは違ってここには「ゴルフ好きな人間だけが集まる」「ゴルフ専門」の場所だったからだ。
つまりここはゴルフに関する話題が当たり前の場所だったから、存在価値があったと思う。

しかし、それも外の世界に解放されない、あるいは解放されていても制限付きで誰でもが見る事は出来ないものならば、仲間内やサークルで楽しみたいという人達だけがやればいいだろう。

どうもそういう内輪だけの世界には抵抗感が強くて、移行する気になれなかった。
それで、ここは3月まではこのまま続けてその後は廃止という事にします。
勿論ヤフーブログで今まで通り続けるし、他にもう一つミラーで移行させてみようと思っている。
ただ、私のブログはイラストがメインなので、アメブロやFC2などの人気のところは画像アップ容量が小さくてダメなので、多分ビッグローブに開く事になります。
これからはコメントも消えてしまうというので、なるべくリンクさせてあるヤフーブログなどにコメントを下さい。
よろしく。
(とは言ってもこの件に関してはご意見を聞かせて下さい)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「こんばんは
やはり そうですよね・・・・ 自分も何がなんだかわからない状態で 手続きを途中までしました。”考える” にしましたところ 移行するか移行しない のどちらかにしないとコミュニティに入れない状態! 自分の立場は 大叩き男さんとは全然違いますが 開放されているブログをわざわざ閉鎖的にする意味は 確かに疑問を感じますし 説明不足なGDOには不信感を抱きます。自分の場合は年内で終了と考えておりますが!!
Posted by:enieni60 at 2010年11月13日(土) 22:29

こんばんは。
GDOブログ、廃止になるんですね。
コミュニティーに移行したい人、ブログを継続させたい人、どちらかを選択できるようにすればいいと思うんですけどね…
大叩き男さんの記事、いつも楽しみにしております。
タメになったり、考えさせられたり、時にはジーンと来たり。
これからも読ませていただきます。
他のブログに移られるとの事で、安心しました^^;
Posted by:たっけ at 2010年11月13日(土) 22:32

こんばんは。
はっきりいって、改悪だと思います。
画像の容量を増量して、スパムコメント対策をしてくれれば、すごい良いサービスになったのに残念です。
Posted by:mogi at 2010年11月13日(土) 22:38

昨日から皆様の様子を伺ったり自分でもあれこれ調べたり・・・
今のところ結論は出てはおりませんが、GDOは無理
それだけは決まりました。
適当な時期に適当な場所に移ろうと思います。
Posted by:みずお at 2010年11月14日(日) 06:35

脱MIXIのすすめ        2010年11月02日
冷静に考えて欲しい。
MIXIのヘビーユーザー、
たとえばたんまりと日記を書いている人とかは、
MIXIを使っている間は、
外部の人には見てもらえない、
外部からリンクが張れない、
ということなんですね。
その一方で
MIXIに無償で豊富なコンテンツをあげているわけで。
冷静に考えてみれば
それはとてももったいないことを
しているわけです。
サイトを使い始めるきっかけ
日記を書き始めるきっかけをつくってくれたのが
MIXIであった。それはすばらしいことですが、
その後は 脱MIXIを考えるべきです。
まずは外部のブログを使い、そこからMIXIにリンクすることから。
そうすれば外部からもリンクできます。
昨日私の友人がブログをたちあげられました。
これで、自由に交流できます。
ご存知のように、MIXIが安全だった頃は
それなりによさもあったのですが
いまじゃね。
外に出よう。
Posted by:まつを at 2010年11月14日(日) 07:28

私も同じことを言ってたところでした。
以下、MIXIの中で書いた記事。
ブログでしたら
はてな
はいかがですか?
たとえばこんなかんじになります。
http://d.hatena.ne.jp/iris1234/
---------------------------------------

おはようご材ます。
早速Yahooでフォローしていきます。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by:よっちゃん at 2010年11月14日(日) 08:52

enieni60さん、はじめまして。
私も途中まで行って「あれ?」と思い、「考える」にしました。
移行した人の評判も悪いですし、閉鎖された世界での自己満足には全く仲間入りする気はありませんので、私はこのまま3月で終了と思っています。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月14日(日) 11:33

たっけさん、こんにちは。
私のメインはヤフーブログの方だと思っていますので、ここにリンクされているヤフーブログを見て下さい。
GDOの良さは「ゴルフに興味がある人だけが集まっている、解放された空間」であったところです。
それがなくなれば、ここにいる理由はない、という事です。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月14日(日) 11:36

mogiさん、こんにちは。
その通りだと思います。
画像容量の小ささは笑っちゃうほどで、これさえ大きくなれば文句はない、と思っていたんですが...
ここは、限られた人達の楽しい場所として続くんでしょうね。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月14日(日) 11:38

みずおさん、こんにちは。
今、色々なところを試していますが、なかなか「これ」というところが見つかりません。
しかし、ここでは続けられないという事ははっきりしていますので、ヤフーだけで行くかミラーを作るかで考えています。
みずおさんのブログは、ここではない方が雰囲気が合うような気もします。
もっと開かれた場で続けて下さい。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月14日(日) 11:42

まつおさん、こんにちは。
まさに「そこ」ですね。
せっかくの「世界に開かれた道具(技術?)」を、わざわざ閉鎖的に制限した世界に押し込めてしまう、という事にはブログを描いている人達以外の何らかの意志が働いているように思えます。
自由であっては困るもの、ただであっては困るもの...と考えている人達ですね。
中には「気心の知れた信じられる少数の人以外はいらない」という人もいる訳で、そういう人達にはそんな場も存在理由がありますが、「ブログを公開する」という事には広い世界に自分の気持ちや言いたい事を発信する、という気持ちや意志があったはずです。
最初に始めた時のそんな気持ち、それを考えてみるといいですね。
はてな...すっきりしているし、画像も大きく扱えそうですし...ただ、私には「カテゴリー」の表示や、リンク表示が必要なのですが、そんな事も自由に出来るんでしょうか?
今のところ、ビッグローブのブログは自分がウェブリメールで半分以上の容量を使用していたので中止。
シーサーは、マックでサファリの環境でどうも上手く表示されないようなので、途中で停止。
画像を小さくするのを覚悟して、FC2かアメブロかなあ...やっぱり、なんて考えています。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月14日(日) 11:56

よっちゃんさん、こんにちは。
もともとGDOでは、画像が全部表示出来ないので(およそヤフーの10分の1か20分の1しかありません)、ヤフーの方がメインです。
ただ、ヤフーのブログは「ゴルフ」は数多くある分野の本当に「一部」なので、ここのように「ゴルフ好きばかり」が集まる環境ではありません。
本当はここを育てるのが一番良かったんですが...
Posted by:大叩き男 at 2010年11月14日(日) 12:01

こんばんは
 どうしてなんでしょうか?
 同じ趣味を持つ人間が,こんなにも楽しんできたのに・・・このブログで,たくさんの方と知り合えたし,「パーシモンマスターズ」の開催までできました。それなのに・・・
 私はコミュニティーへ引っ越しはしたものの,「yahooブログ」のほうへ移住しようかなぁ
Posted by:鞍馬 仁 at 2010年11月14日(日) 22:25

ご無沙汰しております。
穿った見方ですが、ブログのように開かれた場を作ってもGDOは儲からないからじゃないかと思っています。
儲からないだけでなく、ランキング上位の方々のほとんどは商売の道具としてブログを利用しているにもかかわらず、GDOにはなんの利益も無いどころか、マイナスに向いたの記事を書いたりしています。
ゴルフ場予約は好調なものの、用品の販売不振が影響して今季下方修正を繰り返しているGDOにとって、GDOブログはほとんどメリットのないお荷物だったのではないでしょうか?
SNSに移行するのは上位の商売ブログの締め出しが主目的だと思いますが、我々のようなGDOにとって利益をもたらさない(用品を買わない)ブロガーは”いなくても構わない”という位置づけでの判断だと考えてしまいます。
とは言え、なにもやらずに文句だけをいうのは個人的にどうなんだろうという性格なのでコミュティへの以降をしてコミュニティをミラーとして使っています。
今時点での感想は「だったらmixiでやるわ!!」ですけども(笑)
PS.一応GDOの株を少しだけ持っていますので、株主としてGDOに本件に関しての方向性の確認をしようと思っています。
きちんとした答えを頂くまでには時間はかかると思いますが、回答をいただきましたらまたお知らせいたします。
Posted by:ファルコンまつばら at 2010年11月15日(月) 01:13

そうそう、そうなんです。
GDO のブログは、画像容量などやスパム対策に関して、不満がありつつもゴルフに熱心に取り組んでいるアマチュアゴルファーが、お互いの状況をブログで報告しあいながら切磋琢磨しつつ、更にその情報が広く公開(後悔?あるいは自慢???)してきたことに意義を感じてました。
それが、閉鎖的な SNS 系になり、さらにデータの移行も中途半端になるなんて・・・・
釈然としないのは、多くのブロガーの声の筈。
もっと、ユーザーの声を聞いて欲しいモンです。
Posted by:MR-G at 2010年11月16日(火) 00:44

鞍馬 仁さん、こんにちは。
残念ですね。
このGDOのブログは、スケールは小さいながら「ゴルフが好き」と言う、同好の志だけが集まった特殊な世界だったんですけど...
他のブログの世界では、「ゴルフ」の分野はとても小さなもので、こういうブロガー同士の「まとまり」は多分有り得ないでしょうねえ...
「まとまり」といっても、閉ざされた空間ではない世界での「まとまり」の事ですが...
Posted by:大叩き男 at 2010年11月16日(火) 11:02

ファルコン松原さん、お久しぶりです。
面白い分析ですね。
確かに一理あると思います。
そもそもここのブログランキングは、上位ニアルブログの半分以上が「続きを読む」でカウント数の上げ底をしたり、仲間同士でのやりとりや、多様なカウント上げるテクニックを駆使してのランキング上位というのが多いので、自分はかかわり合わないようにしていますが、商売している人が多いのは本当ですね(笑)。
私がここでやっているのは、見てくれる人が「ゴルフ好き」という事を前提に出来るからなのですが(ヤフーのブログでは訪問してくれる人に「なにやってる人なのこの人?」「ゴルフなんて全然関係ない人じゃない?」なんてのが結構沢山います)、そういう「見に来てくれる人は、みんなゴルファー」なんて世界がなくなるのが残念です。
ここのはコメントも含めてシーサーブログに引っ越ししようかと、今ちらほらやり始めてますけど...面倒だなあ...(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月16日(火) 11:14

MR-Gさん、こんにちは。
そうですね。
ここは同じように頑張っているアマチュアゴルファーが気楽に立ち寄れる「場」だったんですが...
他のところは、ゴルフブログに行き着くまで、探すのも大変だし、自分でやるのも面倒くさい(笑)。
ここはこれからは、みんな引っ越し先の住所の展示場になるかもしれないですね(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年11月16日(火) 11:18 」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリップ

Bu101005


つい先日、「インターロッキングで行く」なんて言っておいて、止めました。
...はい、私は軟弱者です。

練習場に行って打ってみたら、右手薬指が捩じれて痛くてとてもスイング出来ません。
それに、なんか手首が自分の意識と違う動きするし..

でも、元のオーバーラッピングでもやりたく無いので、知ってる限りのグリップを試してみる事に。
まず、ベースボールグリップ。
これは指は痛くならないけれど、右手に力が入り過ぎてフックと引っ掛けボールしか出ない...多分慣れにもよると思うけれど、インパクトの感触が好きになれないので止め。

次に、逆オーバーラッピング。
ベースボールグリップよりも両手に一体感が出るし、右手の指も痛くないが...が、自分にとってはやはり右手が利き過ぎて、変なインパクトになっているような気がする。

続いて左手の親指を外した、宮本留吉グリップ。
意外と良いんだけれど...「気持ち良い」まで行かない。
やはり右手が利き過ぎている気もするし。

次にダブルオーバーラッピング。
これは意外に良い!
というより、インパクトの辺りの手の動きが実にスムーズで、右手の利き過ぎも無く、インパクトが「切れる」という感じがする。
方向性も問題ないし、右手を使い過ぎる事を気にして変に身体の動きを制限しようとする必要も無い。
これで行こう。
何よりも自分のスイングをゆっくり出来るのが一番良い。

問題があるとすれば、多分ドライバーの飛距離が落ちる事だろう。
インパクトはヘッドが走る感じで良いんだけれど、その後押し込んで行くような右手の力が使えないので、明らかに球の伸びが少ない。
その代わりに方向性は少し良くなるようだ。

今週、なんとかラウンドして試してみるつもり。
ホント、俺の言う事って...まあ、それを楽しんでいるっていう事で、お許しを。

さあ、ラウンドが...楽しみ、楽しみ(笑)。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「こんにちは、
ゴルファーはいつも試行錯誤していますね?
「あーでもない、こーでもない・・・」そして、ラウンドで試して
凹んでしまったり・・・。
さらに、元に戻そうと思っても戻り方が分からなくなって
そのまま迷子になってしまったり・・・ 
大叩き さんの探究心とヒラメキ&思い付き 
そして、その結果をいつも楽しみにしております 
Posted by:joshua at 2010年10月05日(火) 10:39

私もオーバーラッピングで、右手が利きすぎます。
今度の練習会でダブルラッピングを試して見ます!
ボールがふけそうな気が・・・
Posted by:おっちゃん at 2010年10月05日(火) 12:34

グリップって変えると違和感ありますよねぇ~。
私も何度かチャレンジしましたが、結局練習場のみで
ラウンドで試してみる気になれず、いつも中途半端で
改造せずに終わっております。
Posted by:コルレオーネX at 2010年10月05日(火) 12:46

joshuaさん、こんにちは。
まあそれが、ゴルフで飯を食っていないアマチュアゴルファーの特権です(笑)。
こういう事を楽しんでいると、たまに劇的にゴルフが良くなる事があります...「大開眼」ですね(笑)。
勿論失敗が多いですけれど、それも楽しみ楽しみ、です。
Posted by:大叩き男 at 2010年10月06日(水) 11:14

おっちゃんさん、こんにちは。
今想像する欠点は...多分ラフやトラブルショットで、ちょっと握力がいる場合と、ウッドの飛ばしですね。
でもコースで試してみないとわかりませんから、ちょっと楽しみです(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年10月06日(水) 11:15

コルレオーネXさん、こんにちは。
練習場じゃあホントの所はわかりませんから、コースで試してみましょう(笑)。
今までの経験では7割が失敗ですけど、3割は上手くいってます...やってみなけりゃわかりません、って(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年10月06日(水) 11:18

最近テンフィンガー試してます
あのMrトーイチロー・トダがやってたと聞きましたんで
今日は万たび自転車でいくからな!
ぜひ言ってみたいせりふですね
Posted by:とりあへのんびり at 2010年10月06日(水) 19:19

とりあへさん、こんにちは。
テンフィンガーですか!

戸田のパンチショットなら、「あり」かもしれませんね。
テンフィンガーはフォロー以降を意識するとフックしまくりますので...
Posted by:大叩き男 at 2010年10月07日(木) 09:59 」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰痛退散!(してくれ~)  (2010年6月6日)

Bu100606_2


今日のところは...嫌な流れ。
腰を曲げた状態から伸ばすのに、最後のところでゆっくりと気をつけながら注意して伸ばさないと...魔女の一撃が来る(泣)。

どうやらすぐに立ち直りそうな気配がない。
だましだましやらないと、厳しい。

ちょっとがっかりする展開だなあ...やむを得ない場合は以前使っていた腰痛ベルトの世話になる可能性も出て来た気がする。

湿布薬は連続で貼っていたので、ちょっとかぶれて痒くなって来たので一時使用中止。
ストレッチも、あるところで痛みが来て腰が抜けるので、やめ。
痛みを気合いでかわして強引に背筋運動しちまう手もあるが...
以前はそれで治った事もあったけど、強烈な痛みとの真剣勝負で、負けたらしばらく起き上がれなくなっちまう...そんな若さももう無い気がするし(笑)。

せっかくのゴルフシーズンに..,まあ、ままならないのが人生ってことかい。
なんとかこの一週間で治したい気は満々なんだけど、どうなるんだろうねえ。

外は天気がよくて、気持ちのよい風が吹いている。
おおい、俺の身体、何とかならんのかい...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「無理し過ぎない程度にストレッチもお願いしますね。
つい頑張りすぎちゃうとまたギクッって・・・
完治したら思い切って雨男さんを誘って格安平日ラウンドでも
Posted by:みずお at 2010年06月06日(日) 17:49

記事の本題とは違いますが、
イラストと文章の両方を自在に駆使される
大叩き男さんは最強のブロガーです。
このイラストを文章で表現すれば
いったいどれほどの…、いや無理ですって。(^^;
また、イラストだけでも届きませんし、
自給自足という言い方は失礼ですが、
いつも満ち足りてるなー、って思っております。
ところで、
くれぐれもご無理はなされないで下さい。
Posted by:たま at 2010年06月06日(日) 18:53

お気持ちよくわかります。
特に上段の絵。
に行ってもティーを差したり
カップインしたボールを拾いあげたときなんか
気を使いますから
僕は朝、起きたときに腰が固まってるんで
ギクってこないか心配しながら起きてます。
Posted by:なおき at 2010年06月06日(日) 19:4

これを機会に減量はいいアイディアですね(自戒)
くれぐれも無理をなさらないでください
Posted by:myひげおやじ at 2010年06月06日(日) 20:14

ありゃりゃ、まだ治りませんか
ツライですね~~
無理せず休養第一で、『我慢』をがんばってくださいネ
痛いところがあると、普段痛みのない健康な体のありがたみが凄く分かりますよね
小さくても幸せがあることにいつも感謝しながら、生きたいですね
お大事になさってください
一日も早く痛みが和らぎますように
Posted by:yui at 2010年06月06日(日) 22:19

みずおさん、こんばんは。
ストレッチはまだダメのようです。
ちょっと嫌な痛みなので、どうするか考慮中です。
今週はゴルフするつもりだったんですが...
酒だけにしときます(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年06月06日(日) 23:06

たまさん、こんばんは。
「自給自足ブログ」ですか(笑)。
それ、いいかも(笑)。
いやあ、この痛み早くなんとかしたいけど...じいちゃんばあちゃんで一杯の接骨医や整形外科には行きたくないし...
もう2~3日様子を見ます。
Posted by:大叩き男 at 2010年06月06日(日) 23:08

なおきさん、こんばんは。
本当に微妙な動きの違いで(角度の違い?)、激痛が走ったり、なんでもなかったりするんですよね。
妙に動きが慎重になって来ています。
今のところ、ゴルフどころじゃないなあ...
Posted by:大叩き男 at 2010年06月06日(日) 23:11

myひげおやじさん、こんばんは。
元々の原因をたどると、運動不足と体重増加があるような気がします。
体重が増えれば、当然腰の負担が多くなるんですから...
でも、減量は...難しい(笑)。
やるしかないですけど。
Posted by:大叩き男 at 2010年06月06日(日) 23:13

yuiさん、こんばんは。
ゴルフやってて腰が痛くなったのなら納得出来るんですけど...
なんでも無い普通の動きで、「ギクッ」と来たのがショックです。
出来そうもなくなると、急に練習したくてしょうがなくなったり...ほとほと困ったもんです(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2010年06月06日(日) 23:16

ギックリ腰は些細なことでいきなり来ますよね、私も何度も
やってるんでわかります。一番近いところでいくと去年の冬に
やりました。車から降りた瞬間でした。私の場合はやった瞬間
痛みで息が吸えなくなります、もちろん動けない。ボンネットに
手をついて10分くらい何もできませんでしたね。
通行人にジロジロ見られました・・・
Posted by:コルレオーネX at 2010年06月07日(月) 09:38

コルレオーネXさん、こんにちは。
全く同じですね。
依然酷いのをやった時は、洗面所で顔を洗おうとしてギクッと来て、洗面台に手をついたまま固まってしまい、しばらくなにも出来ませんでした。
今回は、椅子からたって歩きかけた時に一撃され、しばらくその格好のままで呼吸を整えていました。
汗をびっしょりかいてました...
Posted by:大叩き男 at 2010年06月07日(月) 11:39

ダメですよう!!!
焦りは禁物です。
暫くは安静が大事ですよ。
ゴルフはもちろんお酒も我慢しないと!
ダイエット。
これも必要!
歳には勝てません「ゆるゆると」お大事に♪
Posted by:GORO at 2010年06月07日(月) 11:46

GOROさん、こんばんは。
まあ、動こうとしても動けませんが(笑)。
しかし問題は運動中に痛めたのではなく、なんでもない動きでやられたものですから、安静にしていてもまた再発するのではないかと...
ちょっと背筋強化などをしないと、またやりそうな気がするので、動けるようになり次第、背筋の運動は始めるつもりです。
それから、温湿布買いに行ったら、薬剤師さんが「痛みのあるうちは炎症を起こしているのだから冷湿布を、痛みが引いたら温湿布をした方がいい」とアドバイスしてくれました。
Posted by:大叩き男 at 2010年06月07日(月) 21:42 」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暫定球のルール  (2009年11月1日)

Bu091101_2


この前、競技のラウンド中に暫定球を巡るトラブルがあったので報告します。

結構長くゴルフをやっているし、ルールブックの関係の本のイラストを描いたことも一度ならずあったので、ルールに関してはある程度自信があったんだけれど...改めて勉強になった問題です。

状況はある200ヤード弱のショートホールのティーショット。
調子が悪かったショットは、引っかけフックとなり遥か左に巻いて行った。
その辺は「結構広いので大丈夫でしょう」というキャディーさんの言葉で、安心してカートに乗り込んだ。
カートでちょっと行くと、意外に近いところに白杭が見える。
「あれ? 意外と近いね」
「ちょっと心配だから、探す前に暫定球打っておくよ」
そして自分のマーカーに「暫定球打ってきます」と告げて、一人でティーグランドに戻る。
先ほどマーカーに暫定球を打つと伝えたし、自分の組の人は近くにいないし、でそのまま後続の組の人に挨拶してショット...これはカラーまで行った。

駆け足で自分の組に追いつくと、先に探してくれていたキャディーさんが「セーフでした」という。
そのために、まず1球目をプレー。
グリーンに乗せると、後続の組が「暫定球の宣言をティーグランドでしていないから、後の球がインプレーだ」と言ってきた。
こちらとして、自分のマーカーに告げているのだから構わないと思ったが、トラブルを避けて2球両方ともカップインして、スコアを二つつけた。

競技終了後、競技委員に裁定を求めたが、二人の委員の意見が食い違い専門の人に電話で聞いてみることに。
結果は意外なもので、自分でも「知らなかった」と非常に勉強になるものだった。
(とはいえ、これも常識だったのかもしれない...周りはみんな知らなかったけど)

さてどんな判定か、わかる方はいるだろうか?
わかる方はぜひコメントしていただきたいんだけれど...

正解は今日の夜に描きます。


お待たせしました。
「正解」です。

いろいろなお答えありがとうございました。
平行している二つのグログと、メールでのお答えの中に正解の方はいらっしゃいませんでした。
私もルールについては知っている方だと思っていましたが、これは盲点を突かれたようなところが問題だったのです。

皆さんが問題にした「暫定球宣言」は、マーカーに明確に伝えています。
また、助かった方のボールと暫定球での2球のプレーも、処置が分からなかったために2球プレーして両方のスコアを書いておいて、プレー終了後競技委員の裁定をあおぐということも、同伴競技者に伝えてあります。
裁定を頼んだ競技委員は、「暫定球宣言をしてプレーしているんだから、問題なく最初のボールのスコア」という人と、「暫定球でホールアウトした場合はどうなんだろう?」と別れたので、ルールの専門家という人に聞くことになりました。
結果は、「暫定球でのスコアを正式のスコアとする。」でした。

その理由は、「暫定球を宣言してティーショットを打ち直すのは、ティーグラウンドかその周りにいる時に行わなければいけない。たとえ10メートルでもカートに乗って、ティーグラウンドを離れた後は暫定球宣言をして戻っても、暫定球として打ったそのボールがインプレーのボールになる。」でした。

これは気がつかなかった。
周りのルールに詳しい人も、此処は知らなかった。
裁定集でも調べてみたが、こんな場合のことは載っていなかったし。
皆さんも今まで間違った処置をしていたんじゃないだろうか?

勉強になったなあ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「こんにちは。
正解か判りませんが、探す前に暫定球の宣言を
しているので、1球目がインプレーでよいのでは
ないでしょうか。。。
Posted by:よっちゃん at 2009年11月01日(日) 15:33

初めまして。
いちいちそんなことを指摘する後続のひとのようなひとを生み出してしまうところが審判なし競技の面倒なところと感じてしまいます。
Posted by:yamacchi at 2009年11月01日(日) 15:38

こんちわ (=^・・^=)
 ゴルフのルールは 難しいですね
 紛らわしい所に 打った貴方が悪いから失格。
 まあ・・ それは兎も角
 私の 知る限りの ルールなら
 暫定宣言して打っているので(マーカーに宣言でOK)
 1打目が有ったので 1打目をインプレイでホールアウト。
 これが 正式なスコアーで良い思うけど
 暫定球もホールアウトした事で
 練習と見なされて 2打罰を与えられた。
 Posted by:選ばれし物 at 2009年11月01日(日) 15:42

書き忘れ・・・
  結果が楽しみ 正解だったら 褒めてね
Posted by:選ばれし物 at 2009年11月01日(日) 15:44


よっちゃんさん、こんばんは。
「探す前」此処が問題でした。
カートに乗って動き出してしまったので、これは「探す」行動に入るということです。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月02日(月) 00:02

yamacchiさん、こんばんは。
これは、ルールを知らなかった私の責任です。
後ろの組の人が悪い訳ではありません。
私が反省反省です。はい。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月02日(月) 00:04

選ばれし物さん、こんばんは。
2球プレーしたことは、同じく身の人やマーカーに伝えてプレーしているので問題はありません。
1球目が正解なのは上に書いた通りです。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月02日(月) 00:08

こんばんは。
今回は勉強になりました。
暫定球宣言した後に2球プレーして
裁定を受けるケースはありましたが、
このようなケースを経験することは
なかなかないですもんね。
Posted by:よっちゃん at 2009年11月02日(月) 01:07

選ばれし物さん、こんにちは。
残念でした。
が、おっしゃる通りに、はじめの球だけでプレーしていたら失格でした。
ルールは勉強しなければいけませんね。
実感です。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月02日(月) 12:51

よっちゃんさん、こんにちは。
ルールには詳しいと思っていたんですが、これは盲点でした。
判例にもなかったので、みんなして頭を痛めていたら、ポイントはそこか!
って感じでした。
Posted by:大叩き男 at 2009年11月02日(月) 12:53 」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

ボールが動く  (2009年7月30日)

Bu090730


先頃の全米女子オーオープンで.日本人女子選手の「過少申告疑惑」があった、ということを聞いた。

「どういうことなんだろう?」と思って、ネットで調べてみると...映像付きで出てくる出てくる。
要するにパットを打つときに、打つ前にボールが動いた...それなのにそれを申告しなかった、ということのようだ。
映像では、アドレスしてボールの後ろにパターをセットしたときに、ボールがわずかに動いたように見える。
すると、この選手はアドレスを解き、もう一度マークしてボールをセットし直してパッティングした。
これが「アドレスした後にボールが動いたときには、1罰打を足してもとの位置に置き直してプレーを再会する」というルールに違反しているというもの。

調べてみると
1のケース...パターをセットする前にボールが動いた場合...無罰で動いた場所からプレー。
2のケース...パターセットした後、風などでボールが揺れている状態...そのまま無罰でプレー。
3のケース...パターセットするとわずかにボールがパターの方に動くが、パターをどけるともとの場所に戻る場合...無罰でプレー...つまりボールが動いたことにはならない。
4のケース...パターセットした後、ボールが動いて位置が変わった...1罰打で、元の位置にリプレースしてプレー再開。

なんてことが分かった。
さて、この選手の場合は?

後で競技委員から確認があったらしいが、本人が「動いていない」と言ったことで、問題とはならなかったらしい。
...しかし、これだけ騒がれて映像までいろいろと流されている今回のケース、どうなんだろう。
映像では明らかに「グラッ」とボールが動き、あわててアドレスを解き、ボールを置き直しているようにも見える。
あるいは揺れただけなのか、3のケースに近いのかもしれない。

自分から1罰打の申告をすれば良かったのに、と思う。
どんなときでも、曖昧なことは競技委員をすぐに呼ぶか、自分に不利に判断していれば、後々こんなに騒がれなくてもすんだのに、と思う。
たった一打のスコアより、無くした信用、信頼の方が遥かに大きかったんじゃないか。

以前、海外で日本の大物選手がいろいろとルール違反で問題になったことがあった。
日本では大目に見られていても、海外でははっきりと「ルール違反だ」と言われることが多々あると聞く。
我々普通のゴルファーは、日本の選手がスコアよりもこんなことで有名になることが非常に肩身が狭く恥ずかしいんだけど。
まあ、6インチプレースなんてのが常識になっている日本のゴルフは、世界でやっているゴルフとは違うものなのかもしれないけれど。

...そういえば、かなり以前「ボールは半周分くらい動かなければ、動いたことにならないんだ」なんてことを、競技をやっている連中から聞いたことがあったんだけど、これ、ルール上正しいんだろうか?
「動いた」ってことの、本当の目安をご存知の方は教えてください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「こんにちは。
この動画見ました。
ディンプル2つ分(パターヘッドのトゥ側に)傾いているので、動いたのは事実なんでしょう。
でも、その事実を現場で誰も認識していないのですよね・・・
動画でも動いた瞬間に、そのボールに目線が行ってたかが写っていません。
パターをセットして、カップに目を向け(そのときに動いた)、目線をボールに戻したら、ボールの頂点に引かれているハズのターゲットラインがズレていた。
あれ?ちゃんと合わせたハズなのに~と思い、マークして置き直した。
(動いた瞬間を見ていなければ、ラインがズレた=ボールが動いた と言う認識にならないかも)
と、考えても不思議ではないと思うのですが、ましてやメジャートーナメントですから、精神状態も普通じゃなかったでしょうし・・・
自覚が無いにも関わらず、録画で証拠があるからペナルティを甘受しろ!と言うのも、どうかと思います。
真実は本人だけが知っているので、廻りで何を言っても「憶測」ですから、難しい問題ですね。。。
Posted by:koba at 2009年07月30日(木) 17:37

こんにちわ。
目安は、結局「自分の判断」ですよね。ゴルフの主審は自分だと思います。
ルール規定によれば、動く、または、動いた、というのは、モト在った場所から異なる場所へ移動する状態、であると定義されていますが、例えば揺れた状態であれば(動き出してモトの状態へ戻る)これは動いていないと判断できると思います。
今回の件は動画だと、コロン、と「動いた」と私は感じました。
プレーヤーご自身はどうだったのかな、と思いますが、再セットアップしている事が、自己認識(動いた)があったのではないか、と感じるのは自然です。
ご当人のブログも見たのですが、なぜに再セットしたのかには、残念な事に触れられていませんでした。
いちゴルフファンとしては、今回の件は残念でなりません。
Posted by:矢野南(AllDOBO改) at 2009年07月30日(木) 17:46

kobaさん、こんばんは。
難しい問題ですね。
ことは人間の性善説と性悪説にまで関わってくるような...
教訓は...疑わしきは罰1打に...ですか。
後々のこと考えたら、自分で自覚してなくても、「動いた気がするから一打足して元に戻します」と。
ある有名なプロゴルファーが、誰も見ていないところから打った後で「ボールが動いた」とペナルティーを申告した。
それをフェアプレーと賞賛する人々に、「君たちは私が泥棒しなかったからといって誉めるのかね」と言ったという逸話が残っています。
Posted by:大叩き男 at 2009年07月30日(木) 21:19

矢野南さん、こんばんは。
結局は本人の判断なんですよね。
そのことが本当に気がつかなかったのか...疑問は残りますね。
彼女達はボールの文字なりラインなりを、パッティングラインに合わせている訳ですから...動いたら一番気がつくはずです。
なんてことを想像させる事態になるから、こんなことは自己申告してペナルティーを受けた方がどれだけ良かったか。
せめて競技委員を呼んで、「動いたような気がするんですが..」と。
Posted by:大叩き男 at 2009年07月30日(木) 21:24 」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうすりゃあ、飛ぶんだ? (2009年6月10日)

Bu090610_2


あまり理屈で考えるのは得意じゃない
んだけど、たまにはどうすりゃもっと飛ぶのか...下手の考えなりにちょっと。

自分じゃもちろん出来ないんだけれど、長年プロの絵を描いてきた立場からの、超無責任な考え。

まず、飛ばすためにはどうすりゃあいいか?
真実の答えは一つ...(のはず)...クラブヘッドのスピードを上げること。
いくら手を早く振ったって、シャフトの先についているヘッドのスピードが上がらなければ、ボールは飛ばない。
じゃあ、どうすればヘッドのスピードが上がるのか。
最大限ヘッドを走らせる動きをした上で、より速く手を振り、より速く身体を回す。

フックボールとスライスボールは、どっちが飛ぶか...ちゃんと捕まえることが出来れば、(フェードやドローであれば)どっちでも変わらないだろう。
ただし、同じ距離を打つとしたら、フェードボールの方が身体への負担は大きい。

スイングとして見たら、フェードからストレートボールに近い球を打つ人は、左のイラストのように身体の近くを手が通る。
対してドロー、フックを打つ人は右のイラストのように手が身体から離れやすい。

安定感は明らかに身体の近くを手が通った方が上。
身体から離れて手が通る場合は、時折ダグフック、チーピンが出やすい...そうなると逆玉のプッシュスライスや右まっすぐなんてのも反動として出てくる。

身体の近くを通るスイングでパワーフェードを打つ人は、実にスイングがシャープで綺麗に見えて俺は大好きなんだけど、腰の切れ(回転の速さ)にかげりが出ると、左まっすぐやただのスライスが出やすくなる。
この「腰の切れ」ってやつ、年を取るとどうしても鈍くなってくるので、それでも打ち続けると腰や背中を痛めることになる。
だから、若いときはフェード、年を取ったらフック打ちが身体に合っている、なんて言われているんだけれど。

その年とってからのフック打ち。
本来の(正しい)フック(ドロー)は、いったんスタンスと平行な飛球線より右に出て、それから中央に帰ってくるボールなんだけど、はっきり言ってフェード打ちスライス打ちだった人にそんなボールを打つのは無理。
そんなボールを打とうとする人はスイングが二度と元に戻らないほど滅茶苦茶になる。

年を取ってからのフック打ちには、クローズに構えてフェースはシャットに飛球線に合わせ、まっすぐ行ってフックする、いわゆる引っかけフック打ちが一番。
身体にも優しく、クローズの度合いによって球筋をコントロールする。
カプルスだってノーマンだって、年を取ったらフック打つときはそうやって打って入るんだから、恥ずかしがる必要もない。
「綺麗な本物のドローボール」なんての打っている人は、本当は1000人に一人くらいしかいないんだから。

何で急にこんな事書き出したかというと、最近見事に腰の切れるフェードを打つ若者を見たから...自分でもやってみて、もう昔の腰のキレは俺には戻ってこないと実感したから。
だから、自分じゃただのスライスと引っかけフックで勝負するしかないな、と。

そうすりゃあ、まだ「もっと飛ぶ!」なんて、若者と勝負できるかも...
...あくまでも、俺の「私感」です、間違ってても知らないよ、と。
(ァ、道具を変える、っていうの今回は無しね...いずれ、また(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

膝の痛み (2009年5月29日)

Bu090529


もうかれこれ10年、ヒザの痛みと付き合っている。
いくつかの病院でレントゲンを撮って検査してもらったが、結果は同じ。

「若い頃の運動のやりすぎで、ヒザの軟骨がすり減って骨同士が当たって痛いのだ」と。
じゃあ、治療法は? と聞くと、いずれも「うーー...ん」。

何回も何回も通ってヒザに直接注射されたり、色々な薬品の注入を受けたりしたけど...変わらず。

どこに行っても、何回通っても経過は良くならないので今は通院治療は止めている。
かっては階段は簡単に2段3段飛びで駆け上がったし、降りるのだって2段3段抜かしで駆け下りていたのに...今は急ぐのさえちょっと怖い。

自分自身では、他に体重の増加とか、ヒザ周りの筋肉の弱体化なんてのも原因の一つだと思うんだけど、レントゲン写真で上の骨と下の骨のぶつかっている部分が、ギザギザに欠けている様を見てしまうとちょっと弱気になってくる。

それでもなにもしないより、と安物のマウンテンバイク(要するに重い!)を買って週に2-3回2時間以上川の土手や草地を走るようにしていたら、最近ヒザの痛みが減ってきた!
気がつくと落ちる一方だった筋肉が、太股の周りで増強している。
体重はむしろ増える位なのが困りものだが、例えばゴルフのスイングをしてみると、ここのところ図の左のように、ヒザの痛みで曲げたままで捻れずに(まるで樋口のように)スエーして体重移動しながら打つしかなかったんだけど、ごく最近は右膝を止めて曲げたまま捻ってもそれほど痛くない。
以前はこんな風に右膝を止めると、悲鳴が出るほど痛かった...

これは? と思って練習場に行き、あの白マナ73Xを降ってみる。
信じられないくらいにボールがつかまる。
スエーして体重移動で打っていたときには、捉まりきれないボールが多くて、良くてフェード、ちょっとミスると強いスライスになっていた。
それが、スエーさせないで打つと殆どがドローボールになる。
ただし、まだ右膝に体重が強くかかると痛む恐れがあるために、あまり右膝に負担をかけないためのややリバース気味にしてのターンではあるけれど...
フォローでの左膝も同じで、ややヒザを曲げたままで捻るのは激痛が走る恐れがあるので、どうしても早めにヒザを伸ばしてヒザを逃がす形になってしまう。
これも球がひん曲がる原因になるんだけれど..,.痛いものはしょうがない。
ただ、これも太股が太くなると共に、前より痛みが薄くなってきているのを感じる。

マウンテンバイクのおかげなんだから、もう少し頻繁に乗りたいんだけど、問題は天気。
でも、雨の合間にもっと足腰鍛えて安定したドライバーの球筋を、なんて考える気になってきている。

よし、これなら無風で300ヤード行ける!

...かも知れない、なんてね...(夢を見るのは自由だぜぃ)(笑)。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「マウンテンバイクは学生の頃、かなりはまってました。
足にはいいと思いますよ。でもまちがった漕ぎ方や鍛え方をすると、逆に膝を痛めますからご注意くださいね!
今度飲んだ時にでもレクチャーしますよ。
Posted by:ひろみろ at 2009年05月29日(金) 19:

ひろみろさん、こんばんは。
マウンテンバイクといっても、私のはまがい物でちゃんとした物ではありません。
ただ、重いので軽く走るにもトレーニングになるかと思い、乗ってるだけです。
少なくとも、スポーツジムの動かない自転車を漕ぎたいとは思わないので(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2009年05月29日(金) 23:01

こんばんは。
関節の故障は、やっかいですね
ヒアルロン酸が良いとか言われてますけど、似合わないか(笑)
300y復活、行けますよ!
Posted by:koba at 2009年05月29日(金) 23:18

kobaさん、こんばんは。
確かそんな注射もされました。
「これは絶対に効きます」なんてのも、お皿の下にぶっすりと注射されたけど、何も変わらんかった。
...300ヤードは冗談です。
Posted by:大叩き男 at 2009年05月30日(土) 00:14


| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉だあ~~~! (2009年1月17日)

Bu090217


先週、北海道から帰ってから急にくしゃみの連発と、鼻水が止まらない状態になった。
あれ? 風邪でも引いたかな...なんて思っていて、気がついた。
「花粉だ!」

もうこの季節は、10年近く花粉症に悩まされていた。
この花粉症という奴、終わってしまうと本当に綺麗さっぱりその症状がなくなるので、毎年くしゃみと鼻水に襲われるまで忘れていることが多い。
今年も、知り合ったブロガーの人達の熱気に押されて、「よーし、季節も春のようになってきたし、俺も気合い入れて始めるか!」なんて思った途端にこの始末。
「情けねえ~~!」としか言えない。

まず起きると目が痒い、外の空気をちょっとでも吸うと途端にくしゃみが止まらなくなる...そしてその後は脳みそが全て融けて流れ出しているんじゃなかろうか、というくらいに鼻水が出っぱなしになる。
一日ずっと鼻をかみ続けると、鼻の周りが擦り切れて真っ赤になり、ヒリヒリと痛くなる。
マスクをしたって、鼻水は流れ続けるから気持ち悪いったらない。

当然毎年色々な対策をしている。
数年前は「トマトの力」なんてのがいいとか言うんで毎日飲んでいたり、蜂が集めた花粉が効くなんて聞けば、旨くもない花粉をボリボリ囓ったり、鼻の通りが良くなると聞けばミントキャンデーをなめ続けたり...
しかし、どれも決定的な物はなく、5月の連休の頃までドタバタと花粉症に耐える日々が続く。
本当に何で毎年このことを忘れるんだろう?
おかげで去年使って効果のあった物を、慌てて薬局で探し回ることになる。

これでゴルフに行くと、下を向いてアドレスをとった途端に、水のような鼻水がボールの上にぽたぽた落ちたり、他人が打とうとしているときに出そうになるくしゃみを顔を真っ赤にして我慢したり、目が痒くて頭がボーッとしてきたり、ティッシュを使い切ってトイレのロールペーパーを拝借したり、挙げ句の果てにラウンドを続ける気力がなくなってしまったりする。

今年こそ「これだ!」っていう対策を見つけなくては...


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「初めまして!
花粉という言葉に反応してやってきました(笑)
私も花粉症ですが、マスクと眼鏡でしのいでます
去年のこの時期はゴルフの練習もラウンドもせず引きこもっていたので
復帰した時はそれはもう酷いゴルフでした・・・(--;
薬は眠くなるものが多いため飲んでいなかったのですが
今年は「タウロミン」という薬に頼ってみようかと思ってます
私より重症な人たちがこの薬のおかげでマスクなしでいるもので・・・
そんなに眠くなることも無いようですし
効果は個人差があると思いますが、試してみるのも良いのではないでしょうか?
Posted by:yama at 2009年02月17日(火) 13:11  

こんにちは。
市販薬は眠くなりますね。
考えるのが嫌になってショートゲームの出来が格段に悪くなりますね(苦笑)
私はゴルフ仲間のお医者さんから「アレグラ」という処方薬を貰って飲んでます。
これは眠くなりませんよ。人にもよると思いますが。
この件については以前ブログで書いたのでお暇なときにでも読んでいただければ幸いです。
http://blog.golfdigest.co.jp/user/niuragiken/archive/177
Posted by:新浦技研 at 2009年02月17日(火) 13:28

yamaさん、はじめまして。
せっかくの気持ちよい季節に、ゴルフが出来ずに家にこもっている悔しさ、よくわかります。
実は、新浦技研さんにも同じお答えを言わなければならないのですが、不整脈による脳梗塞や心筋梗塞予防のために飲み続けている薬が、抗アレルギーの薬とぶつかる可能性があるらしいのです。
私はその辺には詳しくないのですが、そのために注射や服用する薬はなるべく避けて、サプリや最低限の目や鼻の点眼薬、点鼻薬などで対応しようとしているわけです。
医者に行って、注射なりしてもらえば、一発で治るのは聞いているんですが...辛いところです。
Posted by:大叩き男 at 2009年02月17日(火) 18:12

新浦技研さん、こんにちは。
先にyamaさんにもお答えしましたが、そんなわけで簡単に医者に行って薬や注射をできない訳がありまして...
今毎日飲んでいる薬でも5種類ありまして、これ以上の「薬」を服用なり注射するのは避けたいのが正直なところです。
ですから、民間療法でもサプリでも「薬」以外で花粉症を抑えられれば、と。
Posted by:大叩き男 at 2009年02月17日(火) 18:16

意外に繊細なような・・・
口からガオ~ッと放射能でも吐いて花粉なんか吹き飛ばしてくださいマセ!
Posted by:ひろみろ at 2009年02月17日(火) 18:29

意外に」?....?
人のことを、怪獣みたいに言わないで欲しいなあ。
ああ、俺の繊細さは普通の人間には理解されないのか(涙)
ああ、くそ! 
花粉症め!
Posted by:大叩き男 at 2009年02月17日(火) 22:18

こんばんは。
花粉症のゴルファーの方は難儀な季節になりましたね。
自分は発症していないので、気持ちよくラウンドできるだけでも幸せなんですよね
スコアがどーのとか言ってたらバチが当たりますね(笑)
Posted by:koba at 2009年02月17日(火) 22:18

先日のラウンドで、同伴の方がマサに花粉症で苦労されてました。
他の人がティーショットを打とうとアドレスし始めたタイミングで、
こらえ切れなかったみたいで、
『ゴメン、打つのちょっと待って!』
って。で、その1~2秒後にクシャミをし、
『もう打っていいよ』
だって。どっちも(待たされた方とクシャミをした方)可哀相でした。
Posted by:MR-G at 2009年02月17日(火) 22:52

kobaさん,こんばんは。
私も自分で発症するまでは「あんなものになるなんて」って思っていたんですが(半分馬鹿にしてた)...
なってしまうと、ホントに酷い状態です。
なんたって、くしゃみと鼻水が止まらないのはただ「情けない」って姿です。
集中力もなくなるし...まだ花粉症になっていないって事がどのくらい素晴らしいことか、なってみて始めて判ります。
Posted by:大叩き男 at 2009年02月17日(火) 22:57

MR-Gさん、こんばんは。
まさにそこが一番苦しく情けないところです。
くしゃみを我慢するつらさ、あるいは鼻水が出るのに、丁度他の人がアドレスに入っていて、鼻をかめずにズルーっと垂らしてしまったり、どうにもならないときは「ごめん!」って言って待ってもらったりします。
今は、そんな時はタオルを持って行って鼻に当てっぱなしにしてます(なにしろ、粘りけのない水のような鼻水が、突発的に出ますもので)。
Posted by:大叩き男 at 2009年02月17日(火) 23:02

自慢にはなりませんが、私も花粉症暦20年でもはやベテランの域?
これまで注射や薬等色々試してきましたが、基本眠くなってしまうのでいけません。。。
ここ3~4年はゴーグル+マスクで凌いでいますが、つい最近、いいものを発見しました!
それは、、、ミンティアのドライハード。
これまでも仕事中の眠気覚ましに使ってましたが、マスクと併用すると目にもミントの冷気?が上がってくるようでいい感じ
鼻の通りも良くなった気がします!
是非試してみてください。
Posted by:まいごう at 2009年02月18日(水) 00:14

まいごうさん、こんばんは。
やってます!
ミント系のきついのは鼻水を止めるのにいいんですが、キレるとすぐに鼻水がドバッと流れ出して困ります。
ブラック&ブラックのハードなのもいいですよ。
ただ、私の場合はミントがまともに目に来ると涙が出てしょうがありません。
ミント系は同じ物を続けているとすぐに慣れてしまうので、色々な会社のを交互に使ってます。
結構効くのは、鼻の中に直接スプレーする点鼻薬です。
あまり何回も使うといけないらしいんですが、最後の手段で鼻の中にプシュッとやります。
が、まあ、お互い苦労してますねえ(笑)
Posted by:大叩き男 at 2009年02月18日(水) 00:39

私もかれこれ十数年付き合っていますが
これといって対策なく諦めてはいます。
以前はホルモン注射を使っていましたが副作用も心配でやめ
今は垂れっぱなし詰まりっぱなしです・・・
ま、これはこれで割り切るしかないのでは?
Posted by:みずお at 2009年02月18日(水) 18:33

みずおさん、こんにちは。
そうなんですよ、効き目の凄い薬には副作用の心配が...特にこういう「アレルギー」に対する抗アレルギー剤には、色々と副作用の心配が言われていますよね。
私もそんなことで、せいぜい目薬と鼻炎スプレーとミントキャンデーで乗り切ろうかと思っています。
そうそう、他に大量のティッシュペーパー用意して。
Posted by:大叩き男 at 2009年02月18日(水) 20:58 」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年の戦力自己分析 (2009年2月14日)

Bu090214


うーーむ、参った..どうすりゃあいいんだ?

今年のゴルフを本格的に始めるにあたり、極冷静に、慎重に、偽りごまかし、見栄と痩せ我慢なしに自分の競技ゴルフに対する、現有戦力ならびに欠点を自己分析してみた。

1,当然真っ先にチェックするのは、己の頭脳構造および思考回路の問題...現実の真の姿を「こんなはずはない」とか「昔は出来た」とか、「これは夢だ」とか言い訳ならびに現実逃避する傾向があり、現実認識能力が年と共に弱くなっていることが自覚される...かなり重症であり、問題あり。
2.頭脳の外側...最近とみに風ならびに雨の変化を感じやすくなり、太陽の影響も激しく受けるようになっている。平行して些細な気象変化に敏感になりすぎ、ゴルフにも影響を与えているようだ。...つばの広い帽子を被ることによって、多少はその影響を軽減できる。
3.目...問題は老眼だ。グリーンの傾斜が判りにくくなり、時々ラインを反対に打つことが多くなっている。おまけに近くが見えないために9番とピッチングを間違えたりと、クラブ選びにも影響が出ている...いちいち老眼鏡を出さないと、クラブをちゃんと選べない...グリーン上で老眼鏡を使うと目が回る。
4.歯...奥歯が揺れる...別に力が入り過ぎって訳ではないんだが。
5,腰...時々魔女にキスされると、もういけない。魔女の深情けはいらないっていうのに...
6.膝...ここ何年もいくつもの病院で見てもらったが結果は同じ、要するに若い頃のスポーツのやりすぎで、膝軟骨が摩耗して骨同士が当たっている状態...なんだと(すげー痛いんですけど)。
膝をゆるめた状態でスイングすると激痛が走るので、どうしても膝を伸ばしてスイングすることとなり、方向が安定しない...こうなりゃ、あの樋口久子の大スエースイングにでもするしかないか?
7.腹...要するに運動不足の太りすぎ。ズボンが入らなくなるのが問題だ...体重増加は膝にも悪影響があるというので、少しダイエットが必要かも?
8.心臓...ゴルフから長期離脱の原因となった不整脈だが、薬を飲み続けているせいか最近は特に問題がない。ただし、真夏の30度を超えた状態では頻脈と不整脈のセットで体調不良になる可能性が高く、夏はお休みにする。...血液どろどろにしなければ、問題なし。

あーあ、とてもじゃないけど、競技なんて出来る戦力じゃない...て結論になるよなあ、これ。
ついでに収入も少なくなったし、どーすりゃいいんだろ?...今年の俺。

でも、まあ、俺のいいところはライのいいところより、トラブルショットの方が自信があるってとこだから、このくらいのハンデがあった方が、「絶好調!」で行くより案外いいかも...


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「膝がそんなに痛いのは、少し困りますね
おまけに腰にも不安を抱えている状態なのに
身体で打つのではなく「クラブが勝手に球を運んでくれるスイング」が出来れば身体の負担は軽減されそうですが... ↑ボクの今の目標です
Posted by:Shu at 2009年02月14日(土) 19:40

こんばんは、はじめまして。
のり平と申します。
のんべんだらりと行くよりハンディあった方が気合も入ると実感してます。
いつも考えさせられるイラストと記事を楽しみにしています。
またお邪魔します。
Posted by:のり平 at 2009年02月14日(土) 20:40

Shuさん、こんにちは.
まあ、ある程度年をとると、どこか痛いのが普通ですからしょうがないです。
そう、ハードヒッターではなく、華麗なるスインガーになりたいのですが、なかなか....
ところで、Shuさんのブログに書き込みをしようとすると「禁止用語が使われているので書き込みできません」となってしまいます。
なにも規制はしてませんよね?
Posted by:大叩き男 at 2009年02月14日(土) 22:20

のり平さん、はじめまして。
まあ、ハンデを言い訳にしてやってきますんで...
でも、今のところは「今年こそしっかり行こう」なんて思っております。
続けばいいんですが。
またいらして下さい。
Posted by:大叩き男 at 2009年02月14日(土) 22:22

きっとそれくらいハンディあった方がいいような気がします・・・大叩き男さんには・・・
425・・・抑えたいい球が出ると思います、きっと!
Posted by:ひろみろ at 2009年02月14日(土) 22:24

ひろみろさん、こんばんは。
なんだか人を化け物のように言わないで下さいな(笑)
425、打てる自信はないけれど、楽しみにしてます。
一応、やる気出てきたし。
Posted by:大叩き男 at 2009年02月14日(土) 22:35

こんばんわ 
  この自己分析 良いですね
  この 内容 頂いて 自分のブログで
  使わせて頂いて良いでしょうか
 まあ・・私の今の状態は 競技レベルには
  有りませんが
  今年も 競技ゴルフの レポート楽しみにしてます。
  と 煽っておきます。
Posted by:選ばれし物 at 2009年02月14日(土) 23:31

選ばれし物さん、こんばんは。
どうぞ、楽しいブログにするためならお使い下さい。
でも、今年中に何かの競技ゴルフに挑戦されるという、条件で(笑)
オープンコンペでも構いませんよ(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2009年02月15日(日) 00:11

大叩き男さん、コンバンワ!MR-Gです。
この記事とは関係ないのですが、大叩き男さんが挿絵を
されている本に関する記事を書いちゃったんですが、
もしご迷惑でしたら削除しますので、仰ってください。
よろしくお願いします。
Posted by:MR-G at 2009年02月15日(日) 02:18

こんにちは 快く?(≡^∇^≡)使用の件
  了承いただきましてあれがとうございます。
  只今 メインで使っている ドライバー 高反発
 気になって 買ってしまった 1W高反発
 これでは 競技に出られません
 かくなるうえは パーシモンで参戦
 それでは 大叩き男さんの ネタになってしまいます(≡^∇^≡)
 GDO主催の競技でも検討してみようかな・・・。
 その前に 適合ドライバーどれが良いか
 と・・脳が妄想モードに でわ・でわ
 Posted by:選ばれし物 at 2009年02月15日(日) 10:49

MR-Gさん、こんにちは。
いえいえ、そういうことであの本に興味を持ってくれる人が増えることはありがたいことです。
別に印税ではありませんので、あの本が売れてもこちらに影響はありませんが、やった仕事の評判が良くなることは悪いわけありません。
紹介して頂いてありがとうございます。
Posted by:大叩き男 at 2009年02月15日(日) 11:14

選ばれし物さん、こんにちは。
パーシモンを使えれば格好いいですよね(笑)
私も考えたんですが、「糸巻きボール」がないために諦めました。
今のボールを使って2本ヘッドを割りましたんで。
ネタの提供、よろしくお願いします(笑)。
Posted by:大叩き男 at 2009年02月15日(日) 11:26

承認ありがとうございます。
この本、その内容が本当に示唆に富むことばかりで、
しばらく色々な記事の中で、自分の行動に対する反省の
意味を含めて使われると思います。
今後とも、よろしくお願いします。
Posted by:MR-G at 2009年02月17日(火) 01:05

MR-Gさん、こんばんは。
こちらこそよろしくお願いします。
自分のやった仕事を認めて貰えるのは嬉しいことです。
Posted by:大叩き男 at 2009年02月17日(火) 01:32 」

| | コメント (0) | トラックバック (0)