猫との日々

2016年12月 8日 (木)

逃走犯

Bu161208


柚は生まれてすぐに親猫から育児放棄された、本当にひ弱な猫だった。
その為に性格は非常に大人しく、引っ掻いたり噛み付いたりする事の無い優しい猫に育った。
(子供の頃から猫を飼う環境で育って来て、引っ掻いたり噛み付いたりしない猫というのはこの猫が初めて)

多分外の世界に出たら、あっという間に自然淘汰されてしまう方の生物だと断言出来る程、か弱い。
動きは遅く、穏やかで、人に頼って生きているのが当たり前と自分でも判っているように見える。
可哀想だけど、その為に家の中で飼う事にして、外の世界に振れるのは窓や網戸越しか、二階のベランダからの空気だけだった。

その猫が、うちの奥さんの不注意から、脱走・逃走の味を覚えてしまった。
玄関を開けっ放しで用事をしていて、その隙間から逃げられたのだ。
その時にはすぐに捕まえられたが、二度三度と繰り返すうちに逃げるのが上手くなって来た。
家のすぐ裏には道路があり、この辺を縄張りとする雄の野良猫も二匹いる。
汚れて痩せてはいるけど、この世界を野良で生き延びて来た逞しい野良猫に会ったら、柚なんかでは瞬殺されるのは明らか。
噛まれて病気をうつされるのも怖いし、わりと頻繁に通る車にひき殺されるのも時間の問題...

前に飼っていた猫は野良で生きていた時代があったため、逞しく自立していたので外には自由に出ていた。
喧嘩をしても向こう傷ばかりの猫で、メスなのにオス猫よりも強かった。
そのかわり、余計な事をするとこちらも引っ掻かれたり噛み付かれたり...手には生傷が絶えなかった。

外に出られない猫は本当に可哀想だけど、これほど弱く大人しい猫が外の世界で無傷でいられるとはとても思えない。

脱走したら、すぐに捕まえなくてはならない。
二人掛かりでこうして捕まえた後...可哀想だけど強く叱って、土管の中で汚れた身体を洗って奇麗にする。
尻尾が腹迄丸まって、大人しくなり反省の色しきりだけど...

この猫、記憶力もあんまりないみたいで、また繰り返す予感がする...
外で痛い目に合わなくては判らないのかなあ...それが致命傷になりそうなので、絶対に避けたいと思っているんだけれど。

可哀想だけど、柚には判らないんだろうなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

戯れたりするのは珍しい

Bu161019

手の平に乗る程だった小さな猫も、3年経ってこのくらい。
普通の猫に比べても小さな身体だ。
毛は柔らかくて、触ると気持ちが良い。
抱いてもかまっても相変わらず大人しく、じっとされるがまま。
猫特有の「じゃれる」と言う事をあまりしない...目で追いかけはしても、追いかけたり飛びかかったりする事はない。
だから、ゴキブリを見つけても、ただ後をついて行くだけ…恐る恐る手を出してもすぐに引っ込めて、捕まえようと言う気はさらさらないうようだ。
唯一追いかけて飛びつくのは、5ミリもないようなほんの小さな蛾だけ。
ひっくり返してお腹を触っても、肉球をもてあそんでもじっとされるがままで、決して爪を出したり噛み付いたりしない。
だから、子供の頃から猫は身近にいたけれど、腕に引っ掻き傷やかみ傷が全く出来ない猫はのはこのユズが初めてだ。
そんなユズが唯一じゃれて抱きつくのが、日向で奥さんが遊んでくれるとき。
不思議な事に奥さんにだけは、抱きついてズボンを甘噛みしたりする。
それでも決して爪は出さないけれど。
唯一の例外が、うちの奥さんが鼻歌を歌う時。
CDなんかに合わせて歌を歌いだすと、必ずユズが抱きついて来て噛み付いたり爪を出したりするんだと...
ユズがそんな事をするのは、それ以外には全くない。
...うちの奥さんの歌(のつもり)が、彼女には悲鳴か威嚇の声に聞こえるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

痩せた野良猫    (2016年6月17日)

Bu160617b全米オープンを見ていたら、雷中断のあと順延だってさ...

そんな朝、最近よく庭を横切って行くボロボロの野良猫が網戸の外に来た。
白い毛は汚れて灰色に近く、あちこちに喧嘩傷があり、痩せていつも悲しそうな目をしたオス猫だ。
何も悪さをしないで、ユズに見ている網戸をチラと眺めて通り過ぎて行く猫。
そんな猫が何故網戸の外にじっとしているのか...うちの奥さんに聞くと、この猫もあまりに腹が減っていた為かユズのトイレの砂を齧っていたのを見て、そのボロボロに痩せて傷だらけの姿に涙が出て来たんだと言う。
それで、哀れに思って思ってユズの餌を少し分けてあげたら、食べたくてしょうがないだろうに人が居ると遠くから見ているだけで、手を出さない...家に入って見ていると、やっと恐る恐る近付いて来て静かに食べたんだとか。
無責任に餌付けする訳にもいかないから、時々少しずつ餌を上げていたら一日に一回くらい静かに網戸の前で待っているようになったらしい。
全く鳴かないで静かに座っているので、ユズは興味津々で鼻を近づけて行く。
その猫は争うつもりは全く無く、背中を見せてじっとしているのだけど...網戸のこちらでユズが盛んに鼻をヒク突かせて音を立てているとたまに「フー!」と一声上げてユズを追っ払う。
途端にユズは驚いて飛び下がり、机の隅に頭をぶつけながら吹っ飛んで逃げて行く...が、少し経つとまた近付いて行ってびくびくしながら、鼻をヒクつかせてなにやらと...

そんな風にたまにユズに対して「フー!」なんてやっても、すぐにまた静かに座って「私は敵意はありません」って顔でうちの奥さんを見上げる。
この猫は野良猫生活が長く人に虐められて来たようで、人を凄く恐れていて決して1メートル以内には近付かない。
座っていると判らないが、経つと背中やあばらの骨が浮き出るくらいに痩せている。

ユズじゃあ三日も生きてはいけない様な野良猫生活を続けているこの白猫、これからも生きて行くのは大変だとしみじみ思う...
もちろんうちで飼うわけにはいかないんだけど。


この猫は今でも、餌をやる時にも決して近付いてはこないそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

新年の光の中で   (2015年1月5日)

Bu160105

本当に大人しい猫だ。
子供時代から今迄の長い猫との付き合いの中で、噛まれず引っ掻かれない猫なんて柚が始めて。
前に飼っていたパトラに引っ掻かれた傷が今でも手に残る妻と娘も、それ以降に新しい傷はついていない。

いつも大人しく、抱かれ触れられるままで我慢しているこの猫は、あまり走り回る事もじゃれる事も無く、いつも静かに日向ボッコをしている。
ホワホワの体毛は夏より密集して、少し長くなり、手触りはとても気持ちが良い。
と言っても本人に取ってはあまり断熱効果はないらしく、少し冷えるとがたがたと震えている。
ただ、この正月は気温も高く天気も良いので、気持ち良さそうに目を閉じている姿を見る事が多い。

もう3年あまり経つのに身体は大きくはならず、年末から来ていた腹違いの一つ上の猫に比べて、一回り以上小さい。
長女の連れて来たこの猫に、何故か興味を持って無防備に近付いて行っては「シャーッ!」と唸られて驚いて逃げる事を繰り返す。
敵意をぶつけられるというのは全く予想していないらしく、そんな柚の姿に「これじゃあ、外の世界ではとても生きて行けない」と言うのが全員の感想。

触り放題、抱き放題...決して噛まず、爪を立てない柚。
居る事、触れられる事が、確かに本人の気持ちに関係なく我々に「癒し」を生んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来訪者   (2015年9月8日)

Bu150908

長女がドイツに9日間程出張するので、飼っているネコを預かって欲しいと言って来た。
今は仕事の為に別の場所に住んでいる長女は1匹の猫を飼っていて、夏休みやゴールデンウィーク、年末年始の休みなどで我が家に2日以上滞在する時は、必ずこのネコを連れてくる。

実はこのネコはうちの柚の1年半程「姉」に当たるネコで、母ネコは同じだが相手が三毛猫系の短毛種だったようでうちの柚より一回り以上大きく、毛の質が全く違う。
しかしそもそもこの猫を飼うようになった切っ掛けが、「母ネコに捨てられた弱い子ネコ」という点で共通している。

ある日、娘の部屋(アパートの1階)の床の下から、小さな赤ちゃんネコの鳴き声が聞こえて泣き止まないと言うことがあった。
気になった娘が大家さんに相談して、一緒に床下に潜ったそうだ....すると大家さんが床下の小さな隙間に挟まって動けなくなっているまだ乳離れもしてない子猫を見つけた。
大家さんの手では入らないので、娘が思い切り手を突っ込んでやっと助け出したのが手のひらに乗るような大きさのこのネコ。
「さあ、このネコをどうしよう」と言うことになって、大家さんの家では飼えないけど娘が買うなら一緒に助け出した縁もあって黙認する、と言うことになったらしい。
もちろん動物好きの娘が、このネコを捨てられるはずもない...大家さん公認で猫を飼うことになってしまった...名前をくーと名付けてスポイトでミルクを飲ませることから始まって大変だったらしい。
普通にえさを食べられるようになって、大家さんも一緒に可愛がったとか。

しかし、このネコは弱かった為に親に見捨てられたせいか、非常に臆病で娘と大家さん以外には慣れないネコになってしまった...我が家に来ても皆の顔を見て「来るな!」という意味で「シャー!」と威嚇して「ウウウ〜!」と唸り続ける。
私にも全然慣れないしもちろん触らせない...下手に手を出すと柚と違って引っ掻かれたり噛み付かれる。

しかし、このくーから1年半後に生まれた柚は、柔らかいグレーの毛質で身体は小さく姉妹なのにまるで似ていない。
おまけにくーよりさらにひ弱で親に捨てられたネコ...何時も一番始めに餌の茶碗の前でずっと待っているのに、餌が来ると他の兄弟ネコに弾き飛ばされてえさを食べられない....親の後を追って行くのに小さすぎて段差も越えられず、いつも置いてきぼりで弱っていたので長女の所に遊びにいていた次女が「これじゃ死んじゃう」と拾って来たネコだ。

二匹が会うと、くーはすぐに「シャー!」と鳴いて威嚇し、ずっと「ウウウ〜」と唸り続ける。
それに対して柚は不思議そうな顔をして近付いて行く。
...そしていきなり鼻面にパンチを浴びて、驚いて逃げて行く。
くーもそれ以上は攻撃しないので、そんな関係が家にいる間続く。
敢えて二匹に喧嘩はさせたくないので、1階と2階にテリトリーを分けて生活するようにしていたけど、一寸した隙間を見つけてはお互いに相手の所に進入してしまう。
柚が2階のくーのテリトリーに進入した時には脅されて逃げ帰って来るが、くーが1階に来た時には柚が恐る恐るくーの後をついて行くのが笑える。
別に威嚇も何もしないで距離を開けてくーの後ろをついて行く...くーが気がついて柚を威嚇すると、柚は自分の「絶対安全」と信じている次女のパソコンの台の下に逃げ込む。
この場所、あまりに柚が臆病で可哀想なので、何かやってここに逃げ込んだらもう見えなくなったことにしようと「柚の逃げ場」にした所。
何か悪いことやって怒られても、ここに逃げ込むともう追わないようにした...もとはカーテンがかかっていたが今は無くて丸見えの場所なのだが、柚にとっては「なにやってもここなら誰からも見えない」場所。
近くに顔を持って行っても、絶対に柚は視線を合わせない...ただひたすらじっとして嵐の過ぎるのを待っている様子がとても可笑しい。

さすがにくーにはそれが通じないのだが、安全と信じてる場所にくーが行くのは可哀想なので、速やかにクーを2階に追い払う。

昨日、出張から帰って来た娘をくーと一緒にアパートまで送って行った。

今、柚にとって久しぶりの安心の日々...きっと「あれは何だったんだろう」なんて思ってるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

急にネコに触りたくなる時...

Bu150327今日は天気が良くて暖かい...当然、朝から鼻水が出っ放しで、油断すると鼻水・・・鼻をかむ・・・鼻がスッキリ通る・・・たちまち鼻の中がムズ痒くなる・・・くしゃみが出る・・・鼻水がどっと出る...鼻をかむ...以下、繰り返しの無限ループとなる。
目は眼科医に貰った目薬でなんとか押さえ込んでいるが、鼻水は防げない。
家の中でまでマスクするのも面倒だし気分が悪いので、まだまだ外でゴルフをする時期じゃないんだよなあ。
手首は相変わらず少し腫れてはいるし、動かすと多少の痛みは有るが...あれから一ヶ月、そろそろゴルフをしたいんだけど...

この花粉症と手首の怪我の為に、ここの所仕事が忙しいのが続いているのに、そのストレス解消は重装備をした上での散歩と夜の晩酌だけ。
しかし、座りっ放しの仕事のストレスは結構有るので、一寸した気分転換はしたい...で、そんな時には...柚がいる(笑)。

大体すぐに捕まる大人しいネコだけど、最近はストレス解消にいじくり回して肉球や毛並みを触って楽しむ俺を警戒していて、目が合うとそっと逃げようとする(笑)。

今日は、いつもの日向で寝ていると思って2階に上がると...いない。
あれ?ッと思って他の部屋を探してもいない。
もう一度最初の部屋に入って、よくよく見渡す...
「ん?」
ちょっとビニール袋が動いた...で、覗き込むと...写真のように柚なりの精一杯の「隠れモード」。
そーっと下を覗き込むと...こちらを伺っている目と合った(笑)。
見つかっても、「私は何も見なかった」とでも言うように視線をそらし、そっぽを向いてじっとしている。
もっと近付いて、顔のそばに顔を寄せると...ついに諦めてビニール袋から出てくる。
とりあえず、抱いて身体を触り、肉球の感触を楽しんですぐに解放する。

最近、柚はため息をつくようになっていて、一声ため息と共に呟いてから窓際の日当りのいいところに行ってこちらを振り返る。

まあ確かに、また仕事やる気になるために触りに来るのは迷惑なんだろうけれど...でも、ため息つかれる程しつこくしてはいないんだけどなあ。
...最近ちょっと避けられている気がする。

なんだか、「前はあんなに仲が良かったのに、最近はだんだん冷たくなって行くのを感じる女性」...つまり、もうすぐ別れを言うだろう予感がする女性と逢った後みたい...な気がするって、どんだけ俺はモテなかったのかしら(笑)。

柚もそのうち、俺の顔を見ると逃げ出すようになるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

カワイイ...

Bu141220

今まで飼って来た猫に、こんなに大人しく抱かれている猫はいなかったなあ...

ジッと抱いているのは、足が痺れるし結構疲れるもんだけど...寒く冷たい雨が降り続き、北風が吹き抜けている外に比べて、膝の上でこの毛触りを楽しみながら猫を抱いているってのは...本当に慰められる。

いつもは家の中で、日差しが入り込むところを探して日向ボッコをしている柚だけど、こんな日はコタツに入り込むか誰かの膝の上で落ち着いてしまう。

猫らしい「ゴロゴロ」という喉を鳴らす音が、柚の場合は小さくて喉に触らないと判らない。
喉に触ろうとすると、手に顔を押し付けてくる。
まるで鳥みたいな話だけど、この猫は顔を手で覆ってやると目をつぶって静かになってしまう。


寒い冬がいよいよ本格的になってくる、今日は12月20日。
長女の誕生日。
私と同じ射手座だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

訪問者

Bu140723家ネコの柚は基本的に外出禁止。

やっぱり、自由に憧れるネコの性として外の空気の吸える場所が好き。
2階が暑くなると、1階の木陰になって涼しい網戸の前で寝るようになる。

その網戸には色々な訪問者が訪ねてくる。
小鳥の類いは動きが速すぎて柚の感覚ではついて行けず、アゲハチョウくらいのスピードが柚にはちょうどいい。
そんな網戸に今日は一匹のカナブン。
動きが遅い...と言うか、網戸にとまるとほとんど動かなくなる。

それでも足が動いているので、柚は興味津々でカナブンの前に座り込む。
じ〜〜と見ている...柚は近眼なんじゃないかと思うくらい顔を近づけて見る...殆ど目をくっつけるくらい。
そして匂いを嗅ぐ。
カナブンは少し足をもじもじさせているが、基本的に動かない。
しかし、時折何センチか網戸を上ったりする...と、柚は興奮してつい手をチョンチョンと...爪は出していない。
顔を近づけ、匂いを嗅ぎ、下手したら舐めたりしそう(笑)。

いつまでも飽きもせずに見ていて、思い出したように手を出してみるが...網戸の向こう側にとまっているカナブンには届かない。
そこにいるのに手で触れない柚は、身をくねらせてもどかしがる。

網戸の向こうの遊び相手は、まるで叶わぬ恋の様にどんなに近くに見えていても決して届かない、柚にはそれがもどかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かくなったと思っていたのに...

Bu140705少し前から、柚が冬の間寝ていた段ボールの箱に再び潜り込むようになった。

もうしばらく前から箱の中は暑すぎるらしくて、出窓のそばの風の通る所に毛布を敷いて、そこで寝ていたのに...
寒い季節にずっと寝ていた段ボールの箱は、流石にかなりくたびれて来てサイズも少し柚には小さくなり、もう捨てようとしていたもの。
ある日、いつもの寝場所に柚が見当たらないので家族で柚を捜索してみたら、なんとまだ捨てずに片隅に置いていた段ボールに潜り込んで丸くなって寝ていた!

なんにも敷いていない段ボールの箱に慌てて毛布を敷いてやると、それ以来ずっとまた段ボールの箱の中で寝るようになった。
多分梅雨明けして暑くなるまでは、この古いくたびれた段ボールが柚の寝場所になるんだろう

ここの所の梅雨空はベランダに出る事も出来ず、窓を開けた網戸のこちら側から外を覗けるだけで、遊び相手のカラスアゲハや木の実を食べにくる小鳥達の姿も見られずにつまらなそうにしている。
最近の柚はなんだか独り言が多くなり、歩きながら小さな声で呟いている。
ボケて来たんじゃないだろうけど、ちょっと心配。

相変わらず魚は食べずに肉が好き。
トイレの砂で自分のした物を隠すのが下手....懸命にてでかき寄せて隠そうとするのは判るんだが、懸命にやり過ぎて結局砂山の上に見えちゃっているのは、どうしたものか...
そして相変わらず、戯れるのが下手で、飽きっぽい。
追いかけて追いつくのは、小さなガとかカゲロウくらい。
ゴキブリは小さなものなら追いかけるが...大きなものなら多分逃げる...うちの奥さんと一緒に。

梅雨が一段落したら、暑い世界から逃げて高原の涼しい世界に旅に行きたい...当然「旅猫」の柚も一緒に。
でも、柚はすっかり以前の旅の事なんか忘れていて、「旅猫」にするにはまたちょっと大変だろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

柚の目の色

Bu140421人間だったら「赤目」現象と言われるものなんだけど、柚の目は実に美しい。

金色の目に緑の瞳、と言うんだからこれはもうイラストや絵本の世界の猫だろう。
こんな目を見ていると、古来猫と言うものが「この世とあの世」を生きるもの、とか「妖しい生き物」とか、「魔力を持っている」と言われて来たのもよくわかる。

とは言っても、この柚は「何ともねえ...」とため息をつく事が多い存在であるんだが...

この姿は寝箱に入って、周りを見ている時に無精して箱の縁にアゴを乗せてリラックスしている姿。
このまま寝てしまう事もある。

顔立ちは大分美人になったと思うけど、あまり大きくはならず華奢な猫だ。
あまり戯れず、諦めも早く、大食いでもなく、甘噛みでさえ殆どしない。

今日は肌寒いが、もうすぐ陽射しの下で長く伸びながら昼寝が出来る季節になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧