4コマ漫画

2016年11月12日 (土)

サンコー72でのヒッコリー+お楽しみラウンド

Bu1611121_2Bu1611122 


漫画家の神原則夫氏に誘われての、ラウンドだった。
場所はサンコー72...まだラウンドした事のないコースだったけど、「日本で一番来客数が多いとかなんとか」の噂を聞いた事があるので興味があった。
ついて驚いたのはバブリーな事...ハウス前のプールに大きな虎の石像がある、と言う事で想像がつくだろう。

コースは広かった。
よくもこんなに広く(木が少なく)コースが造成出来たものだと驚くくらい。

...天気が問題だった。
雨予報だとヒッコリーガ可哀想なのでキャンセルするつもりだったけど、天気予報はどこも「雨は9時には上がって晴れて来る」だったので、前夜藤岡の道の駅に。
お楽しみの前夜祭をやっている時にはかなり雨が降って来て、寝る体勢になった時には車の屋根に当たる雨音が凄くて眠れない程。
朝起きた駐車場には盛大な水たまりが出来ていたし。

それでも天気予報を信じてコースへ...先についていた神原氏に挨拶してスタートの用意...が、ずっと細かい霧雨が降り止まない。
ヒッコリーが心配だが、細かな霧雨なのでずぶ濡れになる訳ではなく、全体がしっとりと湿って来る程度の雨なので、そのうちに止むだろうとスタート。
今回のヒッコリーラウンドは、まず雨が止まないうちはティーショットや150y以上では現代ヒッコリーを使う事にした。
現代ヒッコリーでは距離を稼げるので、今回調子が良かったニブリックとマッシーニブリック(共に昔のもの)が決まって3オンで殆ど1ピン以内に寄せられた。
お約束のパットが決まらずに(それでもこの前のコンペよりはずっと決まった)、前半47は大満足。
後半、止むと思った雨がずっと霧雨状態のまま止まず、迷ったが当初の予定通り昔のヒッコリーでプレーする事にする。
もちろん酷いライの時には現代ヒッコリーも使う予定だったけど、その前に雨の中で状態を気にしながら使うアンティークヒッコリーはミスショットが多くなって(特にティーショットで左OBを連発した)、スコアは全くまとまらなかった。
きちんと打ち込めれば問題無く打てるのだが、そうする折れそうでボールだけを打とうとしたのだが...

が、お二人の気持ち良いゴルフのおかげで、ずっと笑い通しで楽しむラウンドが出来た。

その神原氏と原氏のお二人、共に久しぶりのゴルフと言う事でなかなか良い当たりが出ない。
見ているとスイング自体は悪くないので、後半「スイングは良いんだから、グリップを替えてみたら?」と提案。
うちの奥さんがテンフィンガーにして見違える程に当たりが良くなった事を話して、彼等もそれをやってみる事に。

これが予想以上に彼等に向いていたようだ。
はじめはミスもあったけど、やり続ける程にきっちりフェースに当たり出し、距離も球筋も良くなって行く。
打っている本人も「気持ちが良い」と言うのだから、このグリップが合っていると言う事。
グッドショットが増えてミスショットが減って行く中、神原氏が最終ホールで見せてくれた。
雨まじりの寒い天気の打ち上げ450yのパー5。
フェアウェイは昨夜からずっと続く雨で濡れていて全くランがないのに、ティーショット・セカンドショットでグリーンのほんの手前迄持って行った。
この2打とも、もし乾いていてランが出たら2オンどころかグリーンオーバーする様な素晴らしい打球だった。
そこから2パットでほぼ完璧なバーディー。
本人もガッツポーズが出たが、これは素晴らしい。

テンフィンガーグリップ、本当に「壁にぶち当たっているゴルファー」なら全員試してみる価値があるグリップだと思う。

オレが思うに、ずっとゴルフ界の常識となっているバードングリップは、あの子供時代から普通に肉を食って体力のある、イギリス人アメリカ人に向いているグリップで、彼等より体力の無い日本人ならテンフィンガーグリップの方がスタンダードでも良いんじゃないか?
ボールのつかまりが、バードングリップ(オーバーラッピンググリップ)よりずっと良くなる事は確かだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

久しぶりの神谷バー(ダッファさんと一杯)   (2016年1月22日)

Bu160122大門の好もしい居酒屋「つるべ」で一杯以来、ダッファさんが「是非行ってみたい」と言っていた神谷バーでの一杯を昨日楽しんで来た。
神谷バーは以前は週一は立ち寄っていたお気に入りの店だけど、最近は都内に出る事が少なくなったのと、スカイツリーが出来て以来(どっちかって言うと場違いな)観光客の集団でかなり混むようになっていたので、しばらく敬遠していた。

以前寄っていた頃は、粋な浅草ッ子のオールドボーイやオールドガールが洒落たハットや着物などで着飾って会話を楽しんでいて、その独特の雰囲気を楽しむ人達が魅力的でよくスケッチしていた。
昨日店に入ってみると、(その頃からはしばらくの時間が経ったので)ああした人達もかなり少なくなってしまって、雰囲気は少し変わっていた。

決して静かではなく、ワイワイガヤガヤとそれぞれの人が語る声が重なる雰囲気は、「これがバーかよ」と言う人が少なくないけど、正真正銘此処が日本で最初の「バー」なんだから、「バー」ってのは本来こうしたもんなんだと認めざるを得ないはず。

ダッファさんは、こんな雰囲気が珍しいらしく気に入った様子...そういえばダッファさんはあちこちの名のあるバーは大体行っているらしい...この辺は居酒屋好きの私とは、チョと違う。
いつもバリッと高そうな背広を着ていて、身だしなみのきちんとした姿は立派なエリートサラリーマンの雰囲気が漂い、逸れものの私とは正反対の雰囲気と言える。

昨日はそんなエリートサラリーマン然としたダッファさんがやらかしてくれたからこその、楽しい出会いがあった。
相席が当然の神谷バー、既に4人席も全て埋まっていてその中で二人で座っている席に「相席してよろしいですか」と聞いて着席する。
隣はご夫婦らしかったがそれぞれの会話に入り込むのはタブーとして、こちらはダッファさんとの会話に乾杯を重ね、始めて体験すると言う「デンキブラン」に興奮するダッファさんに、悪酔いするからそれは飲み過ぎないようにと忠告...そんな風に会話が弾んで来た所で、ちょっと酔ったようなダッファさんが箸を一本取り落とす。
よくある話で、歩き回っているバーテンにちょっと言えば新しい箸をくれるだけ...のはずなのに、なんとダッファさん、箸を拾って「3秒ルール」とかいいながらナプキンでゴシゴシ拭き出した(笑)。
「おいおい..」と声を掛けようとしたら、なんと隣のご夫婦の奥さんがバーテンを呼んで「あの方に箸を..」と。
隣のお二人の会話の邪魔をしないようにしていた我々は「え?」と驚き、慌てて「どうもありがとうございます!」
以降、隣のお二人との話が弾み、面白い話が一杯聞けて生ビールがなお一層旨くなり...
御主人は80前だがしっかりとした姿の良い、浅草生まれの浅草育ち、生粋の江戸っ子と言うまだ現役で仕事をしている粋な人。
そして奥様は歳の判らない極めつけのキリッとした飾らない美人...本当に会話をする時に隣で顔を見て感心してしまった。
色々な有名な落語家や俳優・歌手達と接点があり、若い頃はそうした人達に色々と可愛がられたり迫られたりしたとか...奥さんは旦那一途で、そうした男達であまり気に入った人は居なかったとか...
名前などの詳しい個人的な話はせず、当たり障りの無い範囲ではあったけど、お二人の昔話には非常に魅力があった。
先に帰られる姿も、心臓がちょっと悪いと言うご主人に美人の奥様がぴったり寄り添い、半世紀以上と言う結婚生活を感じさせない仲の良さだった。

...二人残って、またビールを飲む時にダッファさんが「私が箸を落としたの見てたんですね、普通そんなの気がつかないでしょうに」って。
あのね...いかにもエリートサラリーマン的な雰囲気がバリバリに出ている人が、落とした箸を拾って拭いて使おうなんてするから、あの奥様もえらく驚いたんですよ。
だから普通は見て見ぬ振りをする所を、「あんまりだ」と感じてバーテンに言って箸を持って来させたんです。

普通、しないって(笑)。
ダッファさん、本当は「天然」なのかも。

大体、摘みは「魚卵系がダメ」だの「牡蠣がダメ」だの、「ポテトサラダが一番」だので、酒も甘口が良いだのフルーティーなのが一番だの...およそ私の好みとは正反対なのが笑ってしまう。
それでもつるんで飲むのはこうしたダッファさんの行動が面白いからだろうなあ。

次ぎに行った酒屋がやっている飲み屋では、見事に全てダッファさんは甘口、私は辛口の酒をチョイス。
まあ、変な飲み仲間だよなあ(笑)。



ゴルフでは、ずっとパーシモンにクラシックアイアンや、ヒッコリーアイアンをかき集めて、近代兵器を使わない変態ゴルファーを通している所が共感出来るんだけどねえ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

明日、手術

Bu150119

多分するんだろうと思う。

ワーファリンの件は、循環器の担当の医者から外科医の返事を送ってくれると言っていたが、その後何も無いところを見ると明日の午後に手術の予定は変わらないようだ。

こういう手術は初めてだけど、部分麻酔で手首を動かして様子を見ながら手術するそうなので、元の様に動かせる結果になれば良いんだけれど...
約1ヶ月ギブスが取れない状態になるらしいので、それが不便だと思う。

しかし、あの痛みの記憶があるから、たとえ元の様になってもフックを打つのは怖いだろうなあ。
それに同じ動きをするとまた同じ様に切れやすくなっているというので、完治後もフックは打たない様にしなければならない。
それと、私のスイング自体がインパクトゾーンで激しく手首を動かすのが特徴なので、そこを大人しくするようなスイングにすると多分飛距離は大幅に落ちるだろうと思う。
そんな飛ばせない・曲げられないゴルフはつまらない、とつい思ってしまうけど...考えてみれば、この年でまだゴルフを楽しめるってことが、素晴らしくラッキーな事なんだと思える。
脳梗塞で身体が満足に動かせなくなった親友や、もっともっとゴルフを楽しみたかったのに若くしてなくなったゴルファー達に比べれば、我慢すればまだ楽しむ事が出来る自分は何と恵まれている事か...

年のせいで完治するのには時間がかかるかもしれないけれど、これをチャンスとして自分にとっての新しいゴルフの楽しみを見つけて行きたい、と今は考えられる様になった。

2月一杯は完全に無理なので、3月の声を聞く頃にはせめて散歩代わりのラウンドの予定を入れられる様に治して行きたい。
300ヤード飛ばそうというハードなドライバーはもう振れないかもしれないが、完璧にMOIマッチングで合わせたアイアンがある事だし、今までと違うスタイルのゴルフを探してみる事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

春や、春

Bu1402252月も終わり。

春は、来たのか来ないのか。
雪はまだまだ溶けてない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ、冬だよねえ...

Bu140206雪は降る...

寒さも厳しい...

春よ 来い
春よ 来い

...花粉なんかを連れて来ないで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

凍っているグリーン

Bu131217_2.....で、ゴルフなんてやっちゃいけません(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メモリー

Bu131211_2

何となく、新しいジャンルを始めてみようか、と。
これから先どうなるか、なんにも判りませんけれど...

| | コメント (0) | トラックバック (0)