馬鹿は馬鹿なりに

2017年1月24日 (火)

世間の事

Bu170124_2


北の国じゃあ大雪になって、関東地方も朝は氷点下。
この辺じゃあ温かい房総半島も、今日の気温はー1度から7度。
まあ、まだまだゴルフの季節じゃないね。

世間じゃアメリカのトランプさん、本当に大統領になっちまったねえ。
大統領の就任演説読んだけど、言ってる事は意外とまとも。
世界の事より、まず自国の国民を豊かにしたいは当然の事と言えるし、その為に「グローバル化」とやらを一旦やめるというのもありだろう。

トランプと言う男、メディアで一斉に叩かれている程おかしな事は言ってない...というより、メディアが一斉に同じ方向の意見を書いて来る時には、「一歩下がって「本当にそうなのか?」と頭を冷やして他の意見を探してみる」事が出来るのが今のネット環境の良い所。
馬鹿な俺でも、大手メディアの「多数意見」(と言うより何かの意思のある偏向意見?)に流されないで、馬鹿は馬鹿なりにの考える材料を集める事が出来る。

TPPは廃止と言う事になりそうで、今一斉にトランプが拒否した事がニュースになっているけど、テレビや新聞じゃそれが「残念」と言う雰囲気ばかり。
でも、ちょっと前にはTPPは農業や医療の世界を崩壊させ、それぞれの国の伝統を破壊し、貧富の差を拡大させると言う意見も強かったんじゃないの?
まあ、馬鹿なりに考えれば儲かるのは輸出関連産業ぐらいで、人件費や材料費の安い国との価格競争に晒される分野はほぼ壊滅するだろうし、少数の勝ち組しか残らない弱肉強食の世界が訪れるだろうってのが想像出来る。
だいたい「グローバル化」って言葉が良い事ばかりの様に報道されて来たけど、つまりは世界が分業制になるだけで良い目を見るのはごく一部だけ、と馬鹿は感じているんだが。
価格は安くなるかもしれないけど、結局それはすぐに自分達の仕事の首を締める結果になって...
...TPPって、廃止になって良かったんじゃないの?
EUだって理想はわかるけど、難民問題や経済の問題で各国の伝統や文化や生活が危機に瀕する事が現実となって、共同体ではなくて「誇らしい我が祖国」の時代への回帰を目指す勢力が力をつけて多数派となりつつあるみたいだし。

そんな風に思うんだけど、所詮馬鹿にはよくわからん。

それしても、トランプと言う男...本物の大物なのか時勢の生んだ紛い物なのか。
今朝のニュースじゃ、日本の車がアメリカで売れてアメリカの車が日本で売れないのは公平じゃない、なんて言ってたけれど。
(正直日本車より安くたって、まずアメ車は買わないよなあ...でかいし、燃費悪いし、故障が多いし修理費高いし...)
見た感じは、なんか肉食って育った大きな身体で、太い腕を力任せに風車のようにブンブン振り回す、アメコミのヘビー級ボクサーみたい。

演技なのか、あれが地なのか...もう少し時間をかけて正体を見極めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世間の事

Bu170124


北の国じゃあ大雪になって、関東地方も朝は氷点下。
この辺じゃあ温かい房総半島も、今日の気温はー1度から7度。
まあ、まだまだゴルフの季節じゃないね。

世間じゃアメリカのトランプさん、本当に大統領になっちまったねえ。
大統領の就任演説読んだけど、言ってる事は意外とまとも。
世界の事より、まず自国の国民を豊かにしたいは当然の事と言えるし、その為に「グローバル化」とやらを一旦やめるというのもありだろう。

トランプと言う男、メディアで一斉に叩かれている程おかしな事は言ってない...というより、メディアが一斉に同じ方向の意見を書いて来る時には、「一歩下がって「本当にそうなのか?」と頭を冷やして他の意見を探してみる」事が出来るのが今のネット環境の良い所。
馬鹿な俺でも、大手メディアの「多数意見」(と言うより何かの意思のある偏向意見?)に流されないで、馬鹿は馬鹿なりにの考える材料を集める事が出来る。

TPPは廃止と言う事になりそうで、今一斉にトランプが拒否した事がニュースになっているけど、テレビや新聞じゃそれが「残念」と言う雰囲気ばかり。
でも、ちょっと前にはTPPは農業や医療の世界を崩壊させ、それぞれの国の伝統を破壊し、貧富の差を拡大させると言う意見も強かったんじゃないの?
まあ、馬鹿なりに考えれば儲かるのは輸出関連産業ぐらいで、人件費や材料費の安い国との価格競争に晒される分野はほぼ壊滅するだろうし、少数の勝ち組しか残らない弱肉強食の世界が訪れるだろうってのが想像出来る。
だいたい「グローバル化」って言葉が良い事ばかりの様に報道されて来たけど、つまりは世界が分業制になるだけで良い目を見るのはごく一部だけ、と馬鹿は感じているんだが。
価格は安くなるかもしれないけど、結局それはすぐに自分達の仕事の首を締める結果になって...
...TPPって、廃止になって良かったんじゃないの?
EUだって理想はわかるけど、難民問題や経済の問題で各国の伝統や文化や生活が危機に瀕する事が現実となって、共同体ではなくて「誇らしい我が祖国」の時代への回帰を目指す勢力が力をつけて多数派となりつつあるみたいだし。

そんな風に思うんだけど、所詮馬鹿にはよくわからん。

それしても、トランプと言う男...本物の大物なのか時勢の生んだ紛い物なのか。
今朝のニュースじゃ、日本の車がアメリカで売れてアメリカの車が日本で売れないのは公平じゃない、なんて言ってたけれど。
(正直日本車より安くたって、まずアメ車は買わないよなあ...でかいし、燃費悪いし、故障が多いし修理費高いし...)
見た感じは、なんか肉食って育った大きな身体で、太い腕を力任せに風車のようにブンブン振り回す、アメコミのヘビー級ボクサーみたい。

演技なのか、あれが地なのか...もう少し時間をかけて正体を見極めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

まったく、もう・・・・

Bu161127



なんなんだ、この天気?

10日前からの天気予報で、今日は「雨」となっていたけど...普通なら大概1〜2日は前後にずれて天気予報は変わるもんだけど、結局ずっとこの予報は変わりやしねえ!
こんな時ばかり天気予報を当てるんじゃネエよ!...普段当たんないくせに。

おまけに、雪迄降りやがって!

昨日コースに電話すると、土曜日現在で27ホールのうち、Aクラスが月例後半で使用するコースはクローズしていると...
「月例には使えるようにします」とは言っているけど、あの辺は気温が上がらないから、かっての経験上フェアウェイはなんとか雪が融けても、ラフや斜面には相当雪が残っているはず。
おまけに今日の天気が良くないから、フェアウェイだって水を含んでカジュアルだらけだろう。

今日が誕生日で、ショットが良くなって来て、一番困っていたパットもヒッコリーのおかげで光明が見えて来て、真面目に競技ゴルフとしてプレーすればスコアが作れる感触があったのに...
雨も小雨と言うから、雨嫌いの自分でも今回の月例は出るつもりでいたんだけど、流石に雪が残ったコースでグチャグチャのフェアウェイで楽しむ気にはなれなかった。
昨日、キャンセル料を払うのは了解してキャンセル。

すっかり気が抜けて、昨夜は酒をちょっと飲み過ぎた。
せっかく今年一番盛り上がっていたやる気とテンションが、すっかりどこかに消え去っちまった。

年末の忘年コンペは宴会が楽しみで出るけど、12月は温かい地域に出かけて何回かヒッコリーゴルフを楽しむだけにするか。

しかし、こうしていてもやっぱり腹が立つやら情け無いやら...天気の所為だからしょうがないけど、「ゴルフの神さんが、今日の俺にゴルフをさせたくなかったんだろう」とでも思うしかないか...

...しばらくはクラブになんか触らないでグレてしまいそう。




kuso!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

昨日、明日の月例の為に練習場でチェックした

Bu1610929


明日は今年初の月例参加。
キャンピングカー仲間のK氏は、非常に燃えていてドライバーを新調したそうな。

まあ、とっくに競技ゴルフなんてモノから足を洗った俺だって、一応真剣にスコアを作る事はしてみようと思っている。
ただ、その前に現在の状態を見てみようと参加した先日のオープンコンペでは、あんな短いコースでも既に俺はスコアをまとめられない実力だと言う事が証明されてしまった。
スコアを崩した原因は、まずティーショットのミス、同じくらいの比重でアプローチショット(100y以内)の狙い打ちの距離のミス。
そしてパットの下手さ加減だ。

ティーショットは3w・4wと1wの使うシチュエーションを間違えなければ大丈夫と思う。
明日のラウンドでは、1wを使う回数は凄く少ないはず。

自分にとって一番の問題の「絶好のライからのグリーンオーバー多発」は、58度ウェッジが「軽過ぎ」と感じていたので、NS950の軽量スチールシャフトから同じ58度でキャロウェイのウェッジシャフトがついたクラブに交換する。
ハーフショット・クォーターショット等で距離を打ち分けようと言う時に、軽いクラブだと手首が返って振り過ぎてしまうように感じたのが理由。
52度ウェッジもNS950なので、DGS200のウェッジに替えるか今思案中。
これは練習場で打ってみて、俺にはウェッジに関しては重いシャフトにした方が良いとと確信を持った。

パターはロングパターのアンカリング無しで行く。
これは「マシ」と言う程度で期待は出来ない。

そして練習場で色々やってみて、出て来た問題はイラストの通り。
いや〜、何から何まで問題で...ダメだな、これは(笑)。
200球程、あれやったりこれやったりして打ってみて、これは「明日は、運任せだな」が結論。

いやでも気合いは入るだろうけど、90打ってへこたれてる姿が目に浮かぶ。
「いいんだ、俺はヒッコリーで遊ぶんだから」なんて、今からその時の捨て台詞まで浮かんで来てしまう(笑)。

でもまあ、真面目にラウンドしてみよう。
明日のスコアが今の本気の実力だ、ゴルフの女神さんよろしくね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

飲んでると...   (2016年4月30日)

Bu160430

諦めてるのか。
面倒くさいのか。
怠け心が言わせるのか。
それとも
すっかりいじけてしまったか。

「今さらね」
「そうだよ、なにを今さら...」
「i ma sa ra」

なんて言葉が口からでたり
頭にグルグル渦巻いたり
さてさて...
...さてさて?



今さらムキニナルのもおかしいし?
今さら始めたって時間がない?
だから今さら?
...どうしたもんだか、俗物のオレは。

う〜ん

なんか、情け無い
言ってもしょうもない言葉だな


そうだ
二度と使うのは無しにする。
口に出すのはやめにする。



そんな言葉でカッコつけるより
ジタバタしてこそ、オレらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆるりと...

Bu1604281変態ゴルフ並びに、ブログトモダチのダッファさんと浅草飲み。

ダッファさんは、摘みはポテトサラダ、魚卵類と軟体動物は一切ダメと言う「酒飲みの風上にも置けない男(笑)」で、酒の好みも私とは全く違う。
かたくなにパーシモンとヒッコリーと糸巻きボールにこだわり、百を叩こうと二百に近付こうと近代兵器には一切手を付けないと言う骨もある....なのに、日本酒は甘口フルーティーしか飲めないし、ワインにカクテル・ウィスキー、雰囲気のいいバーやスナックも常連って...ひたすら庶民の私とは大分違う。

そんな育ちの良い変態ゴルファーさんとの、ゴルフの話は面白い。
少し前には、同じく変態ゴルフ仲間の関西の友人を尋ねて、ともに変態ゴルフを楽しんで来たそうだ。

世の中に、数字の多少ばかりで一喜一憂するつまんないゴルファーばかりじゃなくて、彼等の様に自分の楽しみをひたすら楽しむゴルファーが居るって事が素晴らしい。
彼等は当然、「絶対にティーグランドからグリーン迄はボールに触らない(ルール上必要なドロップの際は別)」。
ゴルフコース都合の「お助けルール」は使わない。
プレーは速く、マナーは最高。

まず、神谷バーで生ビールとデンキブラン。
摘みは串カツとポテトサラダと焼き鳥と。
しばらく話が盛り上がったあとで、二軒目は日本中の日本酒が飲める酒屋のカウンターで、酒三昧。
私は辛口純米酒、彼は甘口純米酒。
若い時代からの「いろいろあった」、苦労じゃない苦労話。
「ロマンスがらみのおのろけ話」に、娘にまつわる「あんな時代」の思い出話。
病気自慢も衰え話も、そんなものは軽く乗り越えて。
いつの間にかの年齢話も、しょうがないやと諦めて。
時代が変わったのに自分が変わったか変わらないか。

今こうして美味い酒が飲めるんだもの、名も金も無くてもなんの不満があるものか。
此処迄生きて来れたんだもの、人生悪かろうはずがない。
...灰干しのサバってのが旨かった。
辛口の純米酒に良く合った。
話尽きずに杯重ねて、気がつけば11時過ぎ。
「ではまた近いうち」と、手を挙げて店を出る。

今日は少し酒が残っている...が問題なく気分がいい。
ありがとさん、ゆるりと酒飲む時間があった事、真面目に素直に感謝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百円の幸せ   (2016年2月25日)

Bu160225c少し前迄は、晩酌の酒には凝っていた。

フリーと言う仕事では、〆切迄に仕上げなければ仕事にならないのが大原則。
そのため若い頃から忙しくなると深夜遅く迄(酷い時には朝迄)...つまり、その仕事が一段落するか目処がつく迄は寝る事は出来なかった。
しかし、やっと目処がついて寝ようと思っても、それ迄テンパってイラストを描いていた神経はすぐに眠る事など許してくれない。
身体は疲れて眠いのは確かなのに、頭は緊張したまんまでちっともリラックスしてくれない...こんなままで布団に入ってもただ寝返りを繰り返して時間が過ぎて行き、起きる時間が来ても頭はスッキリしないでただ疲れが溜まって行く。
それを避けるには、仕事後に一杯飲んでリラックスする時間,,,つまり「晩酌」の時間が絶対に必要だった。

若い頃からその「晩酌」の時間は、実はとても幸せに感じる時間だったので、その晩酌の酒には良いものを飲もうとずっと思っていた。
ウィスキー、ワイン、焼酎と一応は飲んでみたが、結局有名なものではなくても自分にとっては「純米酒の辛口」がベストとなって長い時間を過ごして来た。
,,,それが最近はすっかり変わってしまった。

一番の原因は、旨い純米酒の晩酌は旨いが故に飲み過ぎてしまうのだ。
一升瓶で買ってある純米酒を、一晩に「今日はコップ1杯」とか「コップ2杯」、あるいは徳利一本とか二本と決めて飲み始めても、...結局それじゃ済まないのだ。
旨いが故に、オレ自身が意地汚い故に、意志が弱い故に...「あともう少し」・「もう一杯だけ」・「あと半分」...酒飲みはそんな簡単には終わらないのだ。
で結局、体重増加と中性脂肪増加と尿酸値増加...これじゃいかんでしょう(笑)。


で、色々な遍歴のあとで見つけたのが「宝の缶チューハイ」...「TAKARA焼酎ハイボール」の「ドライ」....これなのだ。
以前ゴルフ前の車中泊前夜祭の「マイブーム」でも書いた事だけど、これが旨いのだ。
ここに行き着く迄に、色々な缶チューハイを飲み比べてみた。
殆どが甘すぎてジュースの様だったり、旨いとは感じられないものだった...(宝の缶チューハイもレモンはまだ許せるが、ドライ以外は他のとおんなじ)。
この缶チューハイの売りが「プリン体0」「糖質0」「甘味料0」...まずは此処に魅かれたんだけど。
そして値段が350ml、一本100円前後!
安売りの時には100円を切る。
普通の缶ビール一本で、これが3本買える。

そしてなによりなにより、これなら一人の晩酌だと350mlの缶チューハイ2本が丁度いい。
飲んでも、もう一本...止まらなくなる純米酒一升瓶の晩酌よりも、「今日はこれだけ」と決め易い。


一本百円の缶チューハイ。
寳の焼酎ハイボール、「ドライ」。
オレのちっぽけな人生になんて似合いの酒だろう。

一本百円の缶チューハイに、
百円分の喜びと、
百円分の悲しみと、
百円分の幸せと、
百円分の怒りまで、
みんな混ぜて飲み込んで。

オレの夜更けの一人の宴、誰に乾杯するで無し。
一本飲んだら百円分、二本飲んだら、二百円分。
三本飲んでも三百円分の、オレの心の何かが融けて行く。
それだけで、寝る為には十分に十分に...のホロホロ酔い。

さてさて、今夜も同じ晩酌二本。
肴は、思い出と小アジの干物と柿の種。

時の彼方の懐かしい人よ、
あなたは今夜、幸せかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草寺のおみくじ   (2016年1月23日)

Bu160123

浅草浅草寺は、「凶」のおみくじが出る事が多いので有名なんだそうな...

今年はいきなり東伏見稲荷で「凶のち吉」とか言うのを引いた。
内容は悪い事ばっかりで完全に凶そのものなんだけど...つまり、病は治らんし、事業は失敗、勝負事は負け、待ち人は来ずに家庭も不幸に...良いことまるで無し...ただ、「信心すれば吉となる」とあるので「のち吉」なんだそうだ。
いやあ、気分が悪い。
毎年、大吉だってなんだって別に面白がって引いているだけで、すぐに忘れて気にも留めずに暮らしていたんだが、「凶」ってのは頂けない。
すぐにそのおみくじは稲荷に結んで置いて来たが、気にいらない。
で、近所の第六天神社と言う所で次の日に引いてみると...「小吉」なんだけど、内容は「凶」と変わりない...待ち人なんてのは「来ても喜ばず」とかなんとか...なんだそれ?
ますます気に入らないので、近所では一番古くて大きな「久伊豆神社」で引き直し。
これは単純に「吉」で内容も全て良い方だったので、まあ納得で一安心。

そして、問題の浅草寺。
一杯飲む約束の時間の前に、スケッチを兼ねて「凶」が多いと評判のこの浅草寺でもう一回運試し...と思っていたら、やっぱり「凶」を引いちまった。
それも酷い酷い...全て悪くてまるでこの世の終わりの様な俺の運。
本来「運」なんてのは良かったと思った時に感謝するだけで、悪運なんてのはみんな自分の所為だと思うようにしてるんだけど、気分は最悪。

この浅草寺は「凶」が多いので知られているだけあって、おみくじの横にはそれを結ぶ場所が設けてあって、そこには「此処には「凶」のおみくじだけを結んで、それ以外のおみくじは持ち帰って下さい」と。
なるほど...「凶」の運は浅草寺に捨てて行け。
「凶」運はこの寺が始末して納めてやりましょう,,,と言うことなのか。
それなら、「凶」が出ることが多いのは納得出来る。
むしろ自分の運の悪い所をこの寺に置いて行けるなら、「凶」が出ることはラッキーなんじゃないだろうか?
てなこと考えても、なんかむかつく...で、場所を変えてまた引いた...出たのは「吉」「吉」の二連発。
よし、これで許してやろう。


無人のおみくじ売り場では時折悲鳴が上がる。
若い女の子がおみくじを見て途方に暮れる。
すぐ横に「凶」のおみくじを結びつける姿は、お参りをした時よりもずっと真剣で、ずっと緊張しているように見える。
「此処には「凶」のおみくじだけを結んで下さい」の看板...それなのにかなりの数のおみくじが此処に結ばれている。
いかに浅草寺のおみくじに「凶」が多いかと言うことなんだろう。
願いは観音様にお願いし、悪いことは此処に捨てて行こう。
そうすれば、今年一年なんとかなるさ。

ちょっと肩を落とした若い娘に、そんな言葉をかけたくなる...自分も同類なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行く道だ   (2016年1月17日)

Bu160117e宗教的な言葉なんだろうが、耳に残る言葉がある。


子供叱るな来た道だ
年寄り笑うな行く道だ
これから通る今日の道
通り直しの出来ぬ道



どこかの寺院の門前に書かれていたものだと思う。
なるほどなあ,,,なんて思って記憶に残った。

自分じゃ全くそう思えなくても、膝が痛いとか腰が痛いとか、街角のショーウィンドウに映る自分の姿が全く普通の年寄りの姿だったり....年を数えてみれば、若い頃の自分の感覚じゃもうヨレヨレのジジーのはずの数字だったり。
自分の感覚と周りの世界との時間感覚のズレが酷くなって来たな、としみじみ思う。

今、一日に最低5千歩は歩くつもりで居る。
運動不足での身体の不調から逃れる為に、体重増加を防ぐ為に、来るべきゴルフシーズンに備える為に、そして晩酌を美味しく頂く為に。

歩くコースが問題だ。
ゾロゾロと老人達が健康の為に歩く川沿いのコースがある...ゆったりとゾロゾロと老人が列をなして歩いている、そんな老人散歩コースなんぞは絶対に歩きたくない。
胸を張り歩幅を大きく、早足で汗をかく迄休み無く歩く。
そんな自分は、そういうコースのゆったり散歩行列とはリズムが合わずに歩き辛いので、なるべく人の歩かない場所を選んで歩く。

あまり人の居ない、寂しい川の側の道を早足で歩いていて、一人の老婦人とすれ違う。
折れた枝を杖代わりにして、遅いスピードながらしっかりと一歩ずつ歩いて来る。
休まず、リズムを変えず、少し左足を引きずりながら、同じリズムで歩き続ける。
すれ違う時に少し会釈をした。
少し歩いて振り返ると、彼女は相変わらず同じペースで歩き続けている。
...そっちの方角には、しばらくの距離下りる場所も休む所も住宅も無い。
夕陽は、あと1時間くらいで落ちてしまうだろう。


自分も、同じ様な老人に見えるのかなあ...そんな思いがちょっと頭を過った。
まあ、しょうがない。
この道も通り直せない道なんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

頭が悪いんで、ワカラネエ...んだけど   (2016年1月14日)

Bu160114

この先の日本がおかしな事になるって、言われてる。

みんなが結婚しないから...
子供の数が少ないから...
これからもどんどん少なくなるから....
日本の人口は8千万人になっちまうから....
労働人口が少なくなるから...

だから移民を増やせとか、1千万人入れろとか...

俺は頭が悪いんでさっぱり、意味が分からない。
そんな時代になりつつあるってのに、ニュースじゃよくわからん芸能人が不倫したとか解散するとか、ドーデモいいことがトップニュースで流れているし。
平和すぎるのか、わざとメディアが大事な事を報道しないのか判らないけど、「ホント、クッダラネエ」としか思えない。

子供の数が少ない?
結婚出来ない?
理由なんて判ってるじゃない...生活出来ないからだよ。
正社員が少なくなって、パートじゃ一人でかつかつなのに結婚して子供を育てるなんて事は、普通に考えて無理な時代になっちまったんだよ。
昔のように「定年迄真面目に働く」って言うのが死語に近くなった。
今は普通の人間が遠い将来の生活設計だとか、サザエさんの世界のように旦那が働いて女房が子育てする....なんて夢を見る事が出来ない時代になっちまったんだ...そんな風にしちまったのが俺と同じ世代の「頭がいい奴ら」だったと言うのが、腹が立つんだが。

子供を増やすには?
簡単だよ、子供を作ったら子供の学費も養育費も全部国が面倒見りゃいいんだ。
財源がどうだなんて余計な言い訳はいらない...それが国の将来に一番大事な問題なんだったら、最優先で一番予算を使うのが当たり前だろう。
例えば、子供が生まれたら毎月10万を出す、それでもいい。
2人なら20万円、3人なら30万円を20歳迄、あるいは学校を卒業する迄国から支給する....勿論保育所も幼稚園も中学高校大学も全部無料。
当然その間の医療費も無料。
それなら誰でも子供を持てる...母子家庭でも父子家庭でも十分に仕事を続けながらやって行けるようになるし、子供の虐待だって少なくなる。

人口が8千万人になると、「日本中で消滅する自治体が出て来る」というけど、それもしょうがないじゃない。
拙速に移民を1千万人入れるなんて言うけど、その移民達が入ると地方の自治体が生き残れるとでも?
「日本」の「日本」たる所は、「日本人が生きて作り上げて来た地方の価値観であり、風景であり、風習である」から、のはず。
違う文化の違う価値観の人間がそれを捨てずに多数住み着いてしまえば、その日本の文化などはすぐに消え去って彼等の風習と文化に変わってしまうだろう...それだって結局同じ「日本の地方の消滅」なんじゃないの。

大晦日に寺に行って鐘を突き、正月には神社で初詣。
3月3日に5月5日に、お盆にハロウィン・クリスマスなんていう、宗教におおらかな国民性が、イスラム教やキリスト教の原理主義に太刀打ち出来る訳も無く、ヤオヨロズの神々が住む山も海も川も、大木も古い岩や古い遺跡も、みんな無意味なものとして打ち壊されて消えてしまうだろう。
日本人の生き方に大きく根を下ろす「お天道様が見ている」と言う行動原理も、氏神様や道祖神や地蔵さん達身近な優しい神々も、彼等の価値観で理解してもらえると思っているんだろうか?

本来移民と言うのは「その国の国民になる」と言う事で、その国の伝統や価値観やその国の人の生き方に共感し馴染む努力をして、その国を一緒に築いて行こうと言う意志を持った人々であるはずだろう。
その国に入っても自分達の元の国の生き方を貫き通し、価値観を変えないと言うのなら、そういう人達を絶対に移民として受け入れてはならないと思う。
甘いヒューマニズムの為に、長い歴史があった国が破壊され分裂し、国民の間に憎しみの渦が大きく広がっていくなんて、そんな事を決めた政治家は国を破壊した真の裏切り者と断言出来る。
今ヨーロッパでその実験が失敗しつつあるのを、冷静にじっと観察して行く必要があるだろう。

人口が少なくなったら少なくなったで、しょうが無いじゃないか。
今急いで移民を要求しているのは、直近の労働力が足りなくなると言う企業の論理...そこに自分の企業の利益の追求はあっても日本の未来への責任感は無い。

子供を増やす為の条件をしっかり作りつつ静かにゆっくり、また日本人が国を再生して行けばいいじゃないか。
俄成金のように金を持てなくても、贅沢な暮らしが出来なくても、無いものはお互いに融通し、鍵をかけなくても生きて行けて、落とし物は必ず出て来て無人販売所の金は絶対に盗まれない...そんな国であり続ける事が大事じゃないのか。
お互いに一歩引いて謝れて、自分の生きる道に誇りを持ち、「お天道様に恥ずかしくない」暮らしをする事が出来るなら、国の力が衰えて行ったとしても餓えさえしなければ何も不幸な事は無いんじゃないか?

オレには豪邸に住んで欲しいものは何でも手に入れ、億の金を動かして一端の人物を気取る人が偉いとは思えないんだ。
ちっぽけな小屋に住んでいても、安い辛口の純米酒に安い青魚の刺身を最高に旨いと感じられて、家の中からも外からも誰かの笑い声が聞こえて来て、それでその日が「幸せ」になる生活が、一番日本人らしい「暮らし」だって思えるんだ。
(ついでに、時々ゴルフ何ぞで遊べたりしてね)

...甘いよなあ(笑)。
俺は頭が悪いから、そんな甘い事しか考えられないんだ。
ホント、世の中ワカラネエなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)